中日 松坂大輔の好影響でアーモンドを食べる選手が増えた

中日 松坂大輔の好影響でアーモンドを食べる選手が増えた

背中で引っ張る先輩に(時事通信フォト)

 3年12億円の厚遇ながら、ソフトバンク時代の登板はわずか1試合。6月8日、その古巣相手に中日の松坂大輔(37)は粘りの投球で3勝目を挙げた(成績は6月13日現在、以下同)。

 記録上は5回1失点にすぎないが、気迫が違った。球界最強打者の四番・柳田悠岐から奪った2三振に球場はどよめいた。

「140キロに届くかどうかだが、打者の手元で変化するカットボールとツーシームが絶妙。注目は1割1分6厘という『得点圏被打率』(※打者を得点圏(二塁・三塁)に置いた状況での被打率)の低さです」(セ球団スコアラー)

 松坂の存在は、チームの発憤材料にもなっている。

「ある若手は“松坂さんが投げていると緊張感が違う”と話していた。子供の頃の憧れですからね。この頃、練習や試合の間にアーモンドを食べる選手が多いのは松坂の影響。カリウムが豊富で足がつりにくくなるそうです。“やんちゃなガキ大将”が、いつの間にか“背中で引っ張る選手”になった」(中日番の記者)

※週刊ポスト2018年6月29日号

関連記事(外部サイト)