ゴルフのプロアマ戦 CM契約獲得や結婚に結びつくことも

ゴルフのプロアマ戦 CM契約獲得や結婚に結びつくことも

片山にはどんな処分が下されるか(時事通信フォト)

 男子プロゴルフツアーの今季メジャー第2戦「日本ツアー選手権森ビル杯」(5月31日~6月3日=茨城県・宍戸ヒルズCC)の開幕前日に行なわれたプロアマ戦で、片山晋呉(45)が同伴競技者の招待客に「不適切行為」を働いた“事件”。本来プロ選手は招待客にゴルフの指導をしたり、交流するなどの役割があるが、片山の態度にシビレを切らせた招待客が激怒したのだ。

 そもそも、プロゴルフのトーナメント開催には賞金総額の3~4倍の経費がかかる。プロアマ戦とはつまりスポンサー企業への接待のようなものだという。だからこそ今回招待客は怒りを覚え、そして日本ゴルフツアー機構の青木功会長と石川遼選手会長は同日中に招待客に謝罪し、後日片山も直接謝罪し、受け入れられた。

 では「接待」を命じられるプロの側は、プロアマをどう見ているのか。最大40組という枠が設けられている以上、声がかかるプロは限られてくる。ある男子プロのひとりは、「正直な話、プロアマには出たい」と打ち明けた。

「ランキング上位や歴代優勝者、人気プロなどにしか出場依頼はこないので、プロアマに出られるのは一人前になった証明。それに、本番直前のコースをじっくりチェックできる貴重な機会。進行に支障がない限り、グリーン周りでの練習やパッティングラインの確認をするのは暗黙のルールとして許されているので、非常に有利な条件です」

 片山も内心では、そうした慣例に従い“いつもと同じ対応をしたつもりなのに……”と思っているのかもしれない。

 ただ、プロアマ出場はプロに8万~10万円ほどの報酬が発生する“仕事”だ。スポンサーに対するサービスを果たした上で、本戦に向けた練習をできるのであれば、プロにとってのメリットも大きいといえる。

 また、プロがこんな“役得”に恵まれることもある。

「サービス精神旺盛な古閑美保は、かつて同組で回った競技者に気に入られて、スポンサー契約を手に入れた。また、結婚に発展するケースもある。東尾理子と石田純一の出会いもプロアマだった。スポンサーの御曹司と結婚した美人プロもいた。プロアマが縁で、所属契約やCMにありつくケースもある」(ゴルフ誌記者)

 一方で、あるベテランプロはスケジュール面での改善点を指摘した。

「プロアマは、大会が終わった月曜日に、最終日のピン位置でやるほうがいい。高額賞金がかかった試合のために、関係者が丹精込めてコース状態を仕上げているのに、前日のプロアマ戦でアマチュアがザクッと芝をえぐる。グリーンにスパイク跡やボールマークをつける。そうなると、トーナメントのスコアにも影響が出てきかねない」

 別のシニアプロは、「昔の話ですが、普段から高額な賭けゴルフをやっている人なのか、プロアマ中に賭けを持ち掛けられたこともありました。ガラの悪い感じの人も少なからずいて、どんな職業の人なのか心配になったこともあった」と悩みを吐露した。

 1982年には年間46試合もあった男子プロだが、現在は年間25試合にまで減少。その一方で、ゲストを丁重にもてなす女子プロの人気は高まり、年間38試合行なわれている。そうした事態を改善するために、青木会長や石川選手会長がプロアマの“サービス改善”に力を入れている最中に起きたのが、今回の“片山騒動”だった。

 石川は、「予選落ちした選手がホストを務めるプロアマを、土曜日に開催する」というプランまで提言し、5月末に開かれた第1回土曜プロアマの際は、自身が予選落ちしてしまいホストを務めることになった。

 こうした動きには、“そこまでするか”という思いも禁じ得ない。接待ではなく、プロの技で客を呼び、スポンサーにも貢献するプロゴルフ界であってほしい。

※週刊ポスト2018年6月29日号

関連記事(外部サイト)