コロンビア戦を決めた「社会的比較」を心理士が分析

コロンビア戦を決めた「社会的比較」を心理士が分析

次は24日のセネガル戦(代表撮影:JMPA)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人やトピックスをピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、サッカーW杯の日本対コロンビア戦に注目。

 * * *
 平均視聴率48.7%、歴史的勝利の瞬間は、最高視聴率が55.4%という驚異の数字を叩きだしたサッカーワールドカップロシア大会、日本対コロンビア戦。試合が始まったその時間、近所にあるスポーツジムではトレーナー以外、誰もいなかったという。

 蓋を開けてみれば、大方の予想を裏切り2─1で歴史的勝利を飾った日本代表チーム。ゴールした大迫勇也選手の代名詞「半端ないって」は、瞬く間に世界中に拡散。強豪コロンビア相手では、そしてできたてホヤホヤの西野ジャパンでは勝てないと予想していた多くのサッカー解説者やコメンテーターたちは、翌日から続々とにこやかな顔で嬉しそうに謝罪し、「半端ない」を口にした。その勝利を「サランスクの奇跡」と呼んだメディアもあるが、奇跡はそう願う強い気持ちと準備がなければ起こらない。

 スタジアムの中はコロンビアサポーターの黄色で埋め尽くされ、日本は完全アウェー状態。日本でも多くの人がコロンビアが勝利すると思っていただけに、日本の選手たちは、コロンビアの選手たちと自分たちを比較して、向けられた期待の低さを感じ取っていたことだろう。逆にコロンビアの選手たちは、期待や熱意を感じ、自分たちの完全優位を実感していたはずだ。このように、自分の立ち位置や状況を見るために、相手や周囲と比較することを心理学的には「社会的比較」という。

「社会的比較」はこんな所にも見えていた。入場してきた選手がスタジアムに並ぶと、コロンビアサポーターから歓声が上がった。コロンビア国歌が斉唱されると、彼らの歌声が大きなうねりとなっていく。ゴールキーパーのダビド・オスピナ選手は、歌いながら目をつぶり、少し苦い表情を見せていた。だがキャプテンのラダメル・ファルカオ選手は柔らかい余裕の表情だ。スタメン入りしなかったハメス・ロドリゲス選手は、ベンチですでに勝利したような微笑みを浮かべ歌っていた。闘う前から勝ったも同然、そんなおごりさえ感じさせる微笑みだった。

 その様子が、日本の選手たちに見えていたとは思わない。だが、雰囲気は感じていただろう。「自分たちが負けると思われている」、そう感じれば、人は競争心をさらに強くして、いつも以上に力を出そうとするものだ。「社会的比較」は、人の意識や行動に強い影響を与えるという。

 コロンビアの国歌で盛り上がった会場では、コロンビアサポーターの熱気が一気に増していく。日本の選手にとって、その熱気も「社会的比較」であったはずだ。「社会的比較」を使って競争心ややる気を高めるには、自分より強い立場の相手に目を向けることがポイントだ。

 日本の国歌が流れ始めると、会場のテンションが切り替わっていく。日本代表選手らは気持ちを1つに結束を固めるべく肩を組み、厳粛な表情だ。日本の国歌はこういう場合、それまでの雰囲気やテンポを変えて、心を落ち着かせるには効果的だ。日本選手にとっては、雰囲気に飲み込まれることなく、闘志を燃やせるタイミングになったのではないだろうか。

 国歌斉唱が終わり、コロンビアの選手らと握手を交わす選手たち。その握手は長友佑都選手に見られたように、力強く上からパシッと手のひらをかぶせるようなアグレッシブな握手が多かった。試合への意気込みはそんな所からも見えてきた。

 ピッチに入った時から、日本代表チームは積極的に映った。というのもキックオフ直前、珍しいことが起きたのだ。さあ試合開始というその時、コロンビアのファルカオ選手が両方の人差し指を立てて動かし、長谷部選手にも何かをアピールした。主審に近寄り、両方のゴールを指差してまたもアピールしている。すると主審が人差し指を立てたまま、大きく腕を交差させ、なんと互いの陣地が交代となったのだ。

 その状況にいち早く対応したのは、主審の指示から一番遠い所にいたゴールキーパーの川島選手だ。即座に動き、守るべきゴールへと走っていく。それに比べてコロンビアのゴールキーパー、オスピナ選手の反応は遅かった。コロンビアの選手たちも全員が急ぎかけ足で移動、というわけではなかった。その足取りを見ていると、心のどこかに、これまでの経験から負けるはずがない、絶対に勝てるというおごりや自信があったのではと思ってしまう。だが日本の選手たちは誰もが、いち早く自らのポジションへと急ぎ走っていく。勝つのが当然というコロンビアと、なんとしてでも勝ちにいこうという日本、そんな印象だ。「社会的比較」の影響なのか、勝利に対する意欲や執念が大きく異なっていたのだと思う。

 試合後の会見で西野監督は「スタートからアグレッシブに」「勝ち切る積極性」と語っていた。監督こそ、「社会的比較」の影響を誰よりも感じていたのだろう。この勝利を「1つ勝っただけ」と、表情を変えることなく語った西野監督。さらなる奇跡を起こすことを日本中が期待している。

関連記事(外部サイト)