2022年カタールW杯の日本代表もこんなに期待できる!

2022年カタールW杯の日本代表もこんなに期待できる!

期待の久保裕也(JFA/AFLO)

 W杯ロシア大会が開幕し、西野ジャパンは大金星をあげて日本中が興奮の渦に包まれた。気は早いが、視点を“4年後”にずらしてみよう。すると、次なる光明も見えてくる──。

 大会期間中、西野ジャパンが拠点を置くロシア・カザンには“もうひとつの日本代表”がいる。A代表の練習パートナーなどを務めるU-19日本代表の23人だ。

「JFAの田嶋幸三会長が提案した異例の計画です。代表選手の練習のサポートだけでなく、地元クラブとの親善試合まで計画されている。10代の若手がW杯開催地の雰囲気を肌で感じ、4年後のカタールW杯で主軸となってほしいという期待の表われではないか」(スポーツ紙サッカー担当)

 今回の西野ジャパンは30歳以上の選手が8人選ばれ、平均年齢28.17歳と過去5回のW杯代表でも最高齢の“おっさんジャパン”だ。

 U-19世代がそこに取って代われば2022年カタールW杯では大幅に若返ることになる。元協会副会長の釜本邦茂氏は若い世代が海外で経験を重ねることに期待を寄せる。

「1968年のメキシコ五輪で銅メダルを獲得できたのは、それに先立つ欧州遠征があったから。1966年イングランドW杯を現地で観戦し、あんな選手になるには何をすべきかを考えながら欧州遠征に臨みました。当時は食べ物も満足になく、移動にも時間がかかって条件は厳しかったですがメンタルは強くなり、苦しい試合でも力を出せるようになった」

 今回のロシアも、U-19世代にとって飛躍のきっかけになり得る。

◆イニエスタからも学べ

 なにせこの世代は“粒ぞろい”だ。サッカージャーナリストの財徳健治氏がまず名を挙げるのはFWの久保建英(17・FC東京)だ。

「10歳でバルセロナの下部組織に所属しただけあってパスのセンスやスペースを察知する能力は抜群。この世代の“旗手”になり得る」

 世界的にも貴重な左利きのストライカーであることも期待が膨らむ。MFの郷家友太(19・神戸)も注目株だ。

「高校時代に全国制覇を果たし、非凡な攻撃センスがある。所属チームにスペイン代表のイニエスタが年俸30億円で電撃加入した。世界屈指のボールコントロールを間近で見て自らの技を洗練させることで、将来の代表の攻撃の起点となってほしい」(スポーツ紙デスク)

 他にも、今季、高校生でプロ契約を締結し、開幕戦からスタメン出場したDF菅原由勢(17・名古屋)や本田圭佑が経営に携わるクラブから初のプロ入りを果たしたMF安部裕葵(19・鹿島)、長身でスピードに乗ったドリブルが持ち味の左ストライカーFW田川亨介(19・鳥栖)も頭角を表わしている。

 ロシアに帯同したメンバー以外にも、才能に溢れる若い世代が台頭している。MF堂安律(20・フローニンゲン)は、昨年韓国で行なわれたU-20W杯で4試合3得点を記録。“日本のメッシ”と欧州のクラブからも注目された。

「今季、オランダ1部リーグ挑戦1年目ながら9ゴールを記録している。関西出身の明るいキャラクターでチームのまとめ役になれる資質の持ち主です」(同前)

◆外国人監督なんていらない

 久保建英と合わせて“W久保”と呼ばれるFW・久保裕也(24・ヘント)はハリルホジッチ前監督時代、A代表の招集経験を持つ。

「ベルギー1部の所属チームでは不慣れなポジションでの起用ながら、2シーズン連続で2桁得点を達成している。W久保のどちらが“A代表のエース”となるか、今から楽しみにしている関係者は少なくない」(同前)

 久保裕也と同様、ハリル解任の結果、ロシアW杯のメンバーを外れたMF井手口陽介(21・レオネサ)やFW中島翔哉(23・ポルティモネンセ)も4年後は脂がのり切った時期を迎える。

「今回、代表に選ばれたMF大島僚太(25・川崎F)や昌子源(25・鹿島)、植田直通(23・鹿島)らがロシアでの経験を新生代表に持ち込めるか。本来は大島にキャプテンになって東京五輪世代を引っ張ってほしいところだが、大人しくてやや不向き。主将の人選は考えどころでしょう」(財徳氏)

 監督は誰になるのか。釜本氏は「日本人監督で行くべきだ」と語る。

「何億円も積んで外国人監督を連れてくるよりも、コミュニケーションがしっかり取れる日本人監督を起用し、浮いたお金で若い選手に経験を積ませればいい。適任は東京五輪も率いる森保一U-23日本代表監督だ。広島の監督として3度のリーグ優勝の実績もあるし、ドーハ組でW杯予選の怖さもよく分かっている」

 4年後のチーム、なんだかうまくいきそうな気がしてきたぞ!

※週刊ポスト2018年6月29日号

関連記事(外部サイト)