セネガル戦で半端ないヘディングした日本人サポーターの正体

セネガル戦で半端ないヘディングした日本人サポーターの正体

この姿で見事なヘディングを見せた(写真提供:カカロニ 菅谷直弘)

 ロシアW杯で、開催前の期待度や予想をいい意味で裏切り快進撃を続ける西野ジャパン。2試合目のセネガル戦では、スコアを記録した乾貴士と本田圭佑同様、いや、ある意味ではそれ以上に注目された人物がいた。あの“半端ないヘディング”を決めた日本人、実は──サッカー取材を続けているフリーライターの竹田聡一郎氏がリポートする。

 * * *
 セネガル戦、1対1の同点で迎えた後半6分だった。右サイドから流れてきたボールを、ペナルティーアーク付近でセネガルの17番、パパ・アリウヌ・エンディアイエが振り抜いた。右足インフロントにかけて曲がり落ちる軌道をイメージしたキックだったが、少しふかし気味にボールは打ち上がってしまい、日本サポーターが陣取るゴール裏に飛び込んだ。

 その瞬間である。観客席で上半身裸のサポーターらしき人物がこのボールに頭で合わせた。

 さすがW杯、日本では深夜だったにもかかわらず視聴率30%台を記録したコンテンツだけあって、このヘディングはSNSなどでは瞬く間に「個人的ベストシーンはサポーターのヘディング」「いまヘディングした日本のサポーター、只者ではない」「ゴール裏サポーター半端ないって。あの人半端ないって。セネガルのシュートをヘディングで返すもん。そんなんできひんやん普通」などと、賛辞と驚きを集めた。

 そして、このサポーターの正体だが、なんと若手芸人なのだ。実は、偶然にも筆者の知り合いだったのである。草サッカーで同じチームを組んだこともある。

 サンドウィッチマンやカミナリ、ピン芸人の永野などがいる事務所・グレープカンパニーに所属するお笑いコンビ「カカロニ」のツッコミ担当・菅谷直弘27歳。仕事は前説中心だという。

 ボールが飛んで来た瞬間について、本人は「あまり覚えていませんが」と振り返りながらも、「西野ジャパンと共に選手と戦っている気持ちだったからか、やはり手を出してはいけないとリトル菅谷が囁いたのでしょう。反射的に頭が出ました」とのことだ。

 気になるサッカー歴は20年。人生で一度もレギュラーをとったこともないし、ヘディングでゴールしたことも皆無。それでも「できなかったからこそ今もサッカー大好きなんですよ」と語る。現在も芸人とアルバイトと日本代表応援をこなしつつ、草サッカーに汗を流す。コンビ名の「カカロニ」も菅谷の好きなロナウジーニョ、同じくサッカー経験のある相方・栗谷悟史の好きなカカからとったらしい。

 今回のロシア旅は日本戦3試合を含む7戦を観戦予定。ドイツ代表候補の若きゲームメーカー、レロイ・サネ(マンチェスターシティ)のモノマネを仕込んで現地入りするも、まさかのサネ落選という憂き目に遭う“持ってなさ”っぷりだが、FIFAの出す無料列車泊や激安ドミトリー泊、空港泊を繰り返し、彼の貧乏旅行は続く。

「日本のみなさんポーランド戦、応援よろしくお願いします。僕のことは気にしなくていいのですが、ゴール裏にボールが飛んだら、ほんのちょっとだけ期待してください。できればレバンドフスキのキックに合わせたいですね」(菅谷)

取材・文●竹田聡一郎(たけだ・そういちろう)/1979年神奈川県出身。2004年にフリーランスのライターとなりサッカー、カーリングを中心にスポーツ全般の取材と執筆を重ねている。著書に『BBB ビーサン!! 15万円ぽっちワールドフットボール観戦旅』『日々是蹴球』がある。

関連記事(外部サイト)