楽天・平石監督代行はフロントと歩調を揃えられるイエスマン

楽天・平石監督代行はフロントと歩調を揃えられるイエスマン

辞任した梨田監督の次を担うのは(時事通信フォト)

“異変”は辞任の1か月前から表面化していた。6月16日にプロ野球・楽天の監督を辞任した梨田昌孝氏である。今季、楽天はリーグ・交流戦ともに最下位に沈み、借金は20を超えていた。そんな成績不振の最中、不可解な一件があった。

 5月17日の試合前、二軍に控えるドラフト2位ルーキー・岩見雅紀について番記者に聞かれ、梨田氏は「まだ時間がかかる」とコメントしていた。しかし翌日、その岩見が一軍に昇格したのだ。楽天番記者が語る。

「ケガ人が出たわけでもないのに、監督が1日で考えを変えるとも思えない。“フロントの意向”がはたらいたのではないかと見られています。

 他にも、6月11日にペゲーロや内田靖人ら主力選手を含む5人が登録抹消された際は、通常なら前日に伝えられるところを、当日に伝えられた選手もいたと報じられている。そうした判断のひとつひとつが、監督によるのかフロントによるものなのか、全くわからない状態になっていた」

 楽天は、12球団で初めてデータ分析技術の「トラックマン(高性能弾道測定器)」を導入し、今年からは「チーム戦略室」を立ち上げるなど先進的な試みで知られる。そうした取り組みの一方で、球団創設の2004年からオーナーを務める三木谷浩史氏が、2015年の大久保博元監督時代に打順や継投策に口を出すなどの“現場介入問題”が報じられていた。

「現場にとっては、今年1月に星野仙一・前球団副会長が亡くなったのが大きかったのでしょう。星野氏は2015年9月の副会長就任以降、三木谷氏からチーム編成を一任され、フロントと現場の“調整役”を果たした。梨田氏を“NHK解説者人脈”で監督に引っ張ったのも星野氏でした」(同前)

 代わって監督代行に抜擢されたのは、38歳と若く、指導者経験も浅い平石洋介・ヘッドコーチだ。球団関係者が明かす。

「本来なら昨年まで一軍チーフコーチを務めた池山隆寛・二軍監督を据えるのが筋ですが、2004年の入団以来、楽天一筋の“イエスマン”である平石氏を監督代行に据えたとされます。来季もフロントと歩調を揃えられる平石氏が正式に監督に昇格する可能性もあると言われている」

 ファンが望んでいるのは、今季の屈辱を巻き返す大胆な組閣では?

※週刊ポスト2018年7月6日号

関連記事(外部サイト)