夏競馬では3歳馬と4歳以上の力関係、階級馬の扱いが鍵

夏競馬では3歳馬と4歳以上の力関係、階級馬の扱いが鍵

夏競馬のポイントは?

 すでに函館競馬は始まっているが、今週から東は福島、西は中京での開催となり、本格的な夏競馬となる。馬券検討としては、3歳馬と4歳以上の力関係、そして降級馬の扱いが鍵になる。調教師・角居勝彦氏の週刊ポストの人気連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、階級馬の扱いについてお届けする。

 * * *
 ダービーが終わって3歳馬と4歳以上の馬が同じレースで走るようになると同時に、4歳馬は収得賞金の取り扱いが2分の1となります。たとえば2勝して収得賞金が900万円だった馬は、これまで「1000万円以下」のレースで走っていましたが、これからは450万円として扱われることになり、「500万円以下」のレースに出て3歳1勝クラスの馬と走るようになる。

 同様に3勝して収得賞金1500万円の馬はこれまで「1600万円以下(準オープン)」のレースに出走していたが、750万円となって「1000万円以下」のレースに出られるようになります。

 つまり、上級クラスの馬数の調整です。中央競馬の場合、馬が一つ勝てばクラスが上がります。つまりレースの数だけクラスアップする馬が出てくる。時期が進むほど、上のクラスが混み合うわけです。

 しかしレースの編成は下級条件ほど多いので、夏競馬に切り替わるときに4歳馬の本賞金を半額扱いにして、クラスを下げる。だから一般に「降級馬は強い」という評価になるわけです。

 GI一直線といった王道を走る馬は別として、一つ、二つと勝ち上がり、今年4歳になったばかりの馬にとっては、「1000万円以下」のレースはまだまだ家賃が高いケースが多い。そういう馬にとって相手関係がラクになる降級制度はありがたい。1度勝った条件でもう一度走れるわけですから。

 角居厩舎のグローブシアターは、3歳春1勝馬で弥生賞に挑戦しコンマ4秒差(8着)の競馬をするほどの素質がありましたが、2勝目を挙げたのは8月。1000万下のレースでは4、4、3着ともどかしいレースが続いていました。立て直して臨んだ5月の白川特別(2400m)では2着に3馬身差をつけて圧勝。ここで準オープンに昇級ですが、降級の恩恵にあずかり、6月9日にはやはり1000万下の同距離三田特別に同じ鞍上で出走して勝つことができました。

 同様にブラックスビーチは、昨年4月に未勝利を脱出したばかりで向かったオークストライアルのスイートピーSを勝っていたので、降級前の収得賞金は1400万円。クラスは1600万円以下です。古馬と2度走って手応えを掴み、6月2日、収得賞金が700万円となったところで1000万円下の三木特別に出走させました。このレースではダービーを獲ったばかりの福永騎手が巧く乗ってくれて勝つことができました。

 この時期は「待ってました」とばかりに、こういう使い方をする馬が多い。再昇級してから放牧に出せば、さらに力を伸ばしていくことができ、この制度があることで、じっくりと力を溜める意味合いも強い。換言すれば、4歳で思ったような結果が出せない馬にとっての救済制度でした。

 そんな降級制度も来年からの廃止が決まりました。これによって競馬界は、どう変わっていくのでしょうか。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後17年で中央GI勝利数24は歴代3位、現役では2位(2018年6月17日終了時点)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。本シリーズをまとめた『競馬感性の法則』(小学館新書)が発売中。2021年2月で引退することを発表している。

※週刊ポスト2018年7月6日号

関連記事(外部サイト)