プロ野球の夏 カギを握る二軍から来た陽川尚将や和田恋ら

プロ野球の夏 カギを握る二軍から来た陽川尚将や和田恋ら

救世主は2軍にいた(時事通信フォト)

 いよいよプロ野球ペナントの行方を決める“熱い夏”がやってくる。カギを握るのは、ファンが思わず「ん? あの選手、誰!?」と呟いてしまうような“二軍から来た選手”だ。

 阪神では、不振の4番・ロサリオ(29)に代わって一軍に上がった陽川尚将(26)がクリーンアップに定着。6月26日には、3ランを含む4打点でチームの連敗を5で止めるなど、打率.393、2本塁打、16打点の大爆発だ(数字は27日終了時点、以下同)。

「昨年から主砲の不在に悩まされた金本知憲監督にとってはこれ以上ない明るい材料。ファームでは2年連続で本塁打と打点の二冠王を達成し、大器の片鱗を見せていた。背番号『55』と、二軍球場の地名にちなみ“鳴尾浜のゴジラ”と呼ばれていた」(スポーツ紙デスク)

 巨人でも、最速157km右腕・アダメス(23)や、高卒5年目スラッガー・和田恋(22)が一軍に昇格。

「和田は高校通算55本塁打を放った和製大砲で、4番・岡本和真(22)に続く将来の主軸候補。アダメスはイースタンで11セーブを挙げ、防御率2.18。育成から支配下契約を勝ち取った。育成時代から欠かさず一軍の試合を研究する努力が実を結んだ」(同前)

◆“松坂2世”に“ポスト宮本”

 夏場に差しかかると、プロ野球では一軍レギュラー陣に疲れが見え始め、二軍で力を蓄えてきた“イキのいい戦力”がより重要になる。2位以下の順位が日替わり状態のセ・リーグでは、“救世主”が出てくれば一気に上位が狙える。

 元巨人投手コーチの関本四十四氏は、二軍で7勝2敗、防御率1.43など、投手部門“四冠”の巨人・ヤングマン(28)に注目する。

「身長198cmの長身から投げ下ろす150km超えのストレートに、縦に割れる独特のカーブを投げ、長いイニングを任せても最少失点に抑えられる。すぐにでも一軍に呼べる実力です」

 巨人では高卒2年目・高田萌生(19)も期待大。

「ゆっくりと大きく振りかぶって左足を高く上げて投げるフォームがそっくりなので、“松坂2世”と呼ばれている。本人も松坂が憧れの存在で、野球の師と仰ぎ見ているそうです」(スポーツ紙デスク)

 前出・関本氏は、初の“交流戦王者”となったヤクルトにも有望株がいるとする。

「高卒6年目で“ポスト宮本慎也”と期待される谷内亮太(27)が、イースタン1位の打率.351と好調です。今年から目標とする宮本が一軍ヘッドになり、やる気は十分。ドラ1ルーキーの村上宗隆(18)も、二軍で10本塁打を放ち4番に座っている」

 一軍の青木(宣親、36)や畠山(和洋、35)らベテラン陣に取って代われるかが注目だ。

※週刊ポスト2018年7月13日号

関連記事(外部サイト)