最強軍団・大阪桐蔭 唯一黒星をつけた創成館監督の攻略法

最強軍団・大阪桐蔭 唯一黒星をつけた創成館監督の攻略法

最強軍団・大阪桐蔭を封じる手はあるのか

 今年も高校野球の季節がやって来た。最注目は、今春のセンバツで2連覇を達成した大阪桐蔭だが、同校のライバル校は何を考えるか。ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、長崎の強豪校監督と、大阪桐蔭の現役選手をかつて指導した有名監督に話を聞いた。

 * * *
 九州・長崎には最強世代の大阪桐蔭に公式戦で唯一、黒星をつけた学校がある。昨秋の神宮大会準決勝で3投手を継投して勝利した創成館だ。監督の稙田(わさだ)龍生は、勝因をこう振り返る。

「大阪桐蔭に勝つなら、複数の投手の継投で、打者の目先を変えながら抑えていくしかなかった。うちの投手陣の状態が良かったことに尽きます」

 大阪桐蔭打線を4点に抑え、創成館は柿木、横川、根尾の3投手から計7点を奪う──。攻撃のカギは、足を上げずに打つノーステップ打法にあった。

「うちの打者は普段、追い込まれるまでは足を上げて打っているんですが、振り遅れて差し込まれる可能性の高い大阪桐蔭の投手を相手にする場合は、最初からノーステップで打たせました。力と力の勝負をしてくるから、意外と狙い球は絞りやすいんです。直球を引っ張る意識を持たせ、ティーバッティングのように軽くミートすることを心がけさせた。力のあるボールは、軽く当てただけでも飛ぶ」

 昨夏まで熊本・秀岳館を率いた鍛治舎巧(現・県立岐阜商業監督)は、大阪のオール枚方ボーイズの監督時代、大阪桐蔭主将の中川卓也や、俊足・強打・強肩の藤原恭太を指導した。

「中川も藤原も、共に投手兼任で、135kmを超えるボールを中1の頃から投げていた。身体能力が高く、藤原はとにかく足が速い。センバツは足の故障もあって、打順が4番でしたが、1番の方が脅威です。昨年のセンバツで秀岳館が大阪桐蔭と対戦した際は、彼を5打数無安打に抑えた。他の打者に打たれて1対2で負けましたが、藤原を抑えれば大阪桐蔭の得点率がガタッと落ちるのは間違いない」

 打倒・大阪桐蔭に心を燃やす強豪校の指揮官は、ほんのわずかな死角を突かんとする弱者の兵法を懐にしのばせていた。
(文中敬称略)

取材・文■柳川悠二 撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2018年7月13日号

関連記事(外部サイト)