吉田沙保里 「母校レスリング部監督就任」は現実的なのか

吉田沙保里 「母校レスリング部監督就任」は現実的なのか

去就が注目される吉田沙保里(時事通信フォト)

 女子レスリングで何人もの五輪金メダリストを育ててきた栄和人氏が、所属の至学館大学レスリング部監督を解任されてから、もうすぐ1ヶ月が経つ。監督解任の発表会見で、谷岡郁子・至学館大学学長が「吉田沙保里の可能性もある」と話したように、五輪3連覇で国民栄誉賞も受賞した吉田沙保里が新監督となるプランも囁かれるが、いまも方向性は見えてこない。もし監督就任となった場合、吉田はいくつかの大きな決断を迫られることになる。

「2020年東京五輪は目指しません、と宣言することになる」とみるのは、スポーツ紙記者。選手兼監督として五輪を目指すのは現実的ではないため、選手は引退だと明言しないとならないだろう。

「もし東京五輪を目指すなら、レスリングの東京五輪予選は今年12月の全日本選手権から始まります。その全日本選手権には、国内の大会で上位に入賞した選手だけに出場資格があります。伊調馨選手へのパワハラ問題が浮上したことで、代表選考をこれまで以上に公明正大に行わなくてはならなくなっているレスリング協会としては、2016年リオデジャネイロ五輪決勝戦を最後に試合に出ていない吉田さんを、特別推薦で出場可能にすることはなさそうです。だから10月の女子オープン選手権に出るのかを誰もが気にしています。それは、伊調さんも同じなんですが」

 女子オープン選手権は、その名前のとおりオープン参加ができるため、選手であれば誰でも参加できる大会だ。パワハラ騒動の鎮静化とともに日本体育大学で練習を再開している伊調には、10月に静岡で行われる女子オープン選手権への出場が検討されていると報じられた。これは、東京五輪を目指すのであれば、そこで試合に復帰してから全日本選手権に挑戦するのが道筋だと考えられているからだ。試合から遠ざかっているという意味では吉田も同じ条件にある。

 ただ、女子レスリングの選手はなぜか「引退宣言」を避ける。

「かつて吉田と代表争いを繰り返し、今はダルビッシュ有と結婚した山本聖子も、その姉の山本美憂も、浜口京子も、誰も『引退』と言わないんですよ。ものすごく抵抗感があるんでしょうね。もし新監督就任して試合にでないことになっても、引退宣言はしないかもしれない」(前出のスポーツ紙記者)

 吉田は現在も、選手兼任コーチという立場で全日本合宿にも参加している。至学館大学での練習にも参加はしているが、タレント活動がかなり多くなっているため、明らかにその時間は減っている。監督就任となればタレント業は減らさざるを得なくなるだろう。キャリアデザインの大きな変更を迫られる。

 監督を引き受けるとなったら、生活や仕事に関するいくつもの決断を迫られることになるが、最もつらいのは、厳しい態度で選手に接しなければならなくなることではないかという声も少なくない。現在は子どもにレスリングを教えている元女子レスリングの選手は「優しすぎて、監督に向いていない」と吉田の心理面を心配している。

「世界一を目指そうという選手の指導は、限界を超える厳しさを本人が持てるように追い込まないとなりません。吉田さんの場合、自分を厳しく追い込むことはできるけれど、自分以外に厳しくすることができない。厳しくしようとしても、かわいそうになって最後でゆるめてしまう。子どもにレスリングを楽しく教えるのはすごく上手なんですが、トップ選手に厳しく指導するのは向いていないと思います。そして、そのことを自分でもよくわかっている。もし、断り切れなくなって監督をしなくてはならなくなったらと思うと、つらいですよね」

 リオデジャネイロ五輪金メダリストの登坂絵莉(東新住建)、川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、土性沙羅(東新住建)らが現在も練習拠点としている至学館大学レスリング部には、次世代をになう有望選手たちも数多くいる。その新監督は7月中にも決まる見込みだ。「みんなの意識が高いから、強くなれる」と母校レスリング部への愛着をたびたび語っている吉田は果たして、どんな決断をすることになるだろうか。

関連記事(外部サイト)