サッカー日本代表、メキシコ五輪「引き分け狙い」の真相

サッカー日本代表、メキシコ五輪「引き分け狙い」の真相

メキシコ五輪で日本代表はどう戦った?(メキシコ戦。写真:時事通信フォト)

 サッカーW杯ロシア大会は、フランスの20年ぶりの優勝で幕を閉じた。開幕前、3戦全敗が予想されていた日本はグループリーグを勝ち上がり、決勝トーナメント1回戦でもベルギーを後半途中まで2対0とリード。初のベスト8進出を期待されたが、74分に同点に追い付かれると後半ロスタイムに勝ち越され、2対3で敗れた。

 グループリーグ第3戦のポーランド戦では0対1と負けていながらも、後半ボール回しで時間稼ぎをして決勝トーナメント進出を狙ったことで、海外メディアから批判の声も出ていた。日本では「ドーハの悲劇の教訓が生きた」という声もあれば、「メキシコ五輪でも同じような場面があった」というオールドファンの意見も上がってきた。

 日本が後半のラスト11分間に攻撃する意志を見せず、自陣でボール回しを行なったことでクローズアップされた“メキシコ五輪グループリーグ第3戦・スペイン戦の引き分け狙い”を詳細に振り返ってみよう。

 1968年のメキシコ五輪で、日本はブラジル、ナイジェリア、スペインと同じB組に入る。初戦のナイジェリア戦をエース・釜本邦茂のハットトリックで3対1と勝利すると、続くブラジル戦は1対1の引き分けに持ち込み、日本は勝ち点を4とした。

 運命のスペインとの第3戦、他会場のブラジルがナイジェリアに3点差以上を付けて勝たない限り、日本は引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。

 蓋を開けてみなければ、ブラジル対ナイジェリア戦がどんな展開になるかわからない。当初、日本は勝利を目指していた。しかし、後半20分の時点でナイジェリアがブラジルを3対1でリードしているという会場のアナウンスを聞き、長沼健監督は引き分けでの2位通過を狙った。

 決勝トーナメント1回戦は1位通過ならメキシコ、2位通過ならフランスとの対戦になる。地の利を生かすチームを避けたいという意図に加えて、競技場の場所も関係していた。1位通過の場合、日本はこの日スペインと戦っているアステカスタジアムから数百キロも離れたグアダラハラに移動しなければならない。

 グループリーグから中1日が続く日程を考えれば、同じアステカスタジアムで戦える2位通過のほうが有利に戦いを進められると計算したのだ。

 だが、“引き分け狙い”を覆すかのような事実も残っている。この日のスペイン戦を振り返ると、後半に日本が攻めまくっているのだ。37分には左ウィングの杉山隆一からの絶妙なパスを釜本がシュートするもバーに当たる。終了間際には杉山のシュートがこれまたポストに跳ね返された。

 当時、スポーツニッポンの特派員としてメキシコを訪れていた石原裕次郎さんは、同紙上でこう語っている。

〈後半の残り時間が、わずか10分になってから「ひょっとしたら日本が勝つぞ」という期待で、ボクはわくわくした。スリル、スリルの連続だ〉(スポーツニッポン・1968年10月20日)

 後半20分の時点で“引き分け狙い”に作戦を決めたベンチも困惑していた様子だ。岡野俊一郎コーチ(当時)はこう振り返っている。

〈代りに入る湯口に「点を入れるな。しかし点をとられるな。引分けにしろ」と全員に伝えるようにいった。ところが湯口が入り、この指示が全員に伝わったはずなのに、このころから試合は日本の一方的な攻勢になった〉(『サッカーマガジン』1968年12月号)

 湯口栄蔵の指示は、左ウィングの杉山にきちんと伝わっていなかったため、彼を起点にチャンスが生まれていたのだ。一方で、惜しいシュートを放った釜本はベンチの意図を理解していた。岡野コーチはこう述懐している。

〈釜本がわれわれのほうに近づいたとき、両手で輪をつくって並べ、“引分けをねらえ”と合図。釜本はニッコリ笑ってうなづく。その後、釜本が独走し、GKのとび出したところをロブ性のシュートをする。これはバーにあたる。こちらを見て、“うまいでしょう”というように笑う釜本〉(同前)

 岡野コーチはそう解釈していたが、釜本自身は内心冷や冷やしていたようだった。

〈上にそれると思って蹴ったつもりだったんですが、ボールが思ったところより下にいってしまい、バーに当たったんです〉(『新潮45』2010年5月号)

 ベンチは引き分け狙いを指示したが、チャンスを何度も作ったことからして、ロシアW杯のポーランド戦と違い、後ろでボール回しをするような具体的な作戦を取らなかったことは確かなようだ。

 それでも、結果的に引き分けに終わったことは予定通りではあった。長沼監督は試合後、こうコメントした。

〈引分けになると準々決勝でフランスと当ることになり、かえってよい組合せなので楽な気持で戦った。準々決勝の相手フランスはスペインと同程度の相手なので勝つ可能性は十分ある〉(朝日新聞夕刊・1968年10月19日)

 エース・釜本も同じようなことを言っていた。

〈引き分けは日本の予定の行動です。もし勝ったら地元のメキシコと戦わなければならないところだった〉(スポーツニッポン・1968年10月20日)

 そして迎えた準々決勝。釜本の先制、勝ち越しの2ゴールなどで日本はフランスを3対1で下し、夢にまで見たベスト4進出を果たした。長沼監督はこう振り返った。

〈フランスのようにオフサイド・トラップを武器とするラインの浅いチームには、東南アジアで多くの経験をしているのでむずかしい相手ではなかった。ロングのクロスパスを通したのが成功した〉(スポーツニッポン・1968年10月22日)

 日本は準決勝のハンガリー戦では0対5で大敗を喫し、地元・メキシコとの3位決定戦に回る。メキシコは数か月前の親善試合で0対4と完膚なきまでに打ちのめされた相手。だが、国際サッカー連盟の役員として日本の戦いぶりを見守っていたデットマール・クラマー氏は勝機を見出していた。

〈メキシコはあすグアダラハラから飛行機でこなくてはならないから疲れている。三位のチャンスはまだある〉(毎日新聞夕刊・1968年10月23日)

 24日の3位決定戦では、釜本の2ゴールで2対0とメキシコ相手に勝利。試合後、長沼監督は銅メダル獲得の要因をこう語った。

〈グループ・リーグの3戦目、対スペイン戦からアステカスタジアムに居すわれたこと、などだ。スペイン戦を引分けに持込んだ作戦の成功も大きかった〉(朝日新聞夕刊・1968年10月25日)

 最後の最後まで、予選リーグのスペイン戦の引き分けが大きく影響していたのだ。

 メキシコ五輪の銅メダル獲得、ドーハの悲劇、ジョホールバルの歓喜、そして残り1分でベルギーに勝ち越しを許してしまったロストフの悲劇──。経験値を重ねることで、サッカー日本代表は強くなっていく。

関連記事(外部サイト)