高校球界から「PL」が完全に消える日──現校長が独白

高校球界から「PL」が完全に消える日──現校長が独白

決勝で敗れた軟式野球部

 夏の甲子園の100回記念大会は、いよいよ佳境を迎えている。大会前から“大本命”と目されたのが史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭だったが、100回の歴史のなかで“大阪の覇者”として君臨したのはPL学園だった。春と夏の甲子園にあわせて37回出場し、歴代3位となる通算96勝を記録。卒業後にプロに進んだOBも、桑田真澄、清原和博、立浪和義、宮本慎也、福留孝介、今江敏晃、前田健太ら総勢81人を数え、球史に名を残す大投手、大打者も多い。そのPL学園が活動休止に追い込まれてから、2年が経とうとしているが、復活を願う声は根強くある。そんななか、『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』著者の柳川悠二氏(ノンフィクションライター)が、最新動向をキャッチした。

 * * *
 8月13日の甲子園球場には、春夏通算7度の全国制覇を誇ったPL学園の応援ソング「ウィニング」が流れた。無論、演奏したのはPL学園ではない。長野・佐久長聖の藤原弘介監督が元PLの監督だった縁で、1980年代から1990年代にかけて甲子園を荘厳な雰囲気に包み込んだあの名曲を、佐久長聖のブラスバンドがチャンス時に流しているのだ。

 100回目の記念大会を迎えた夏の甲子園。その開幕前日にも、「ウィニング」を耳にする機会があった。場所は甲子園ではなく、人もまばらな住之江公園野球場(大阪市住之江区)。そこでは全国高等学校“軟式”野球選手権の大阪大会決勝が開催されていた。

 PL学園の硬式野球部は一昨年7月に活動を休止し、事実上の廃部となったが、同じユニフォームを着用する「PL学園軟式野球部」は今も活動を続けている。昨夏に11度目の大阪王者になり、さらに昨年の秋季大会、今年の春季大会と大阪で負けなし。この夏も大本命の優勝候補として臨み、投手陣がノーヒットノーランや完全試合を達成するなど、万全の状態で勝ち上がってきていた。

 しかし、決勝の河南高校戦では、守備の乱れによって失点を重ね、打線も相手エースから1点も奪えず、0対5で敗れてしまう。斉藤大仁監督が振り返る。

「相手に傾いた流れを打破できず、一方的な展開になってしまった……。ここまでミスなく勝ち上がってきたので、ショックです」

 軟式球で遠投110メートルという驚異の鉄砲肩を持つ主将で捕手の相曽轄也(あいそ・かつや)は、もともとPL学園中学時代は硬式野球部への入部を夢見ていた。しかし、2014年秋の新入部員募集停止によって、硬式野球で甲子園を目指すことを断念し、高校進学後も軟式野球部に所属してきた。

 攻守のキーマンである相曽は、3回に自身の2塁への送球エラーで2点を相手に与え、打撃では3打数無安打。ひとりで敗戦の責任を感じていた。

「あくまで全国制覇が目標で、全国大会には出場しないといけないと思っていた。正直、悔しいです。試合中にミスしてしまったんですが、自分が落ち込むことによってチームのムードが下がるので、気にしないようにしていたんです。でも、試合が終了して、今、後悔が……」

 PL学園の軟式野球部はベンチ入り可能な18人より少ない16人の選手しか登録されていなかった。しかも、そのうち8人が3年生だ。現状のままでは、試合が可能な9人に満たない部員数で新チームがスタートすることとなる。

 試合後、斉藤監督は選手と保護者を集めて、衝撃の事実を発表した。

「新チームは人数が8名しかおりません。結論としては、秋の大会は辞退します」

◆硬式野球部に続き軟式野球部までも…

 改めて、チームの置かれた状況を斉藤監督が明かしてくれた。

「たとえ公式戦に出られないとしても、部員を貸してもらって練習試合は組めるし、野球はできるわけやから、部は存続します。ただ(部員の少ない他校との)連合チームは考えておりません。今後、他の部活動と兼部する生徒がひとり、加わる予定もありますが、9人という試合出場にギリギリの状態では、何かあった時に他の学校さんにご迷惑をおかけしてしまう。それなら腹をくくって、秋は辞退しようと2人の2年生部員が判断しました」

 私は2014年夏から2年半に渡ってPL学園の硬式野球部を取材し、その栄光の歴史と廃部にいたった経緯を昨年3月、『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』(小学館刊)として発表した。

 かつて絶大な人気を誇った名門校がなぜ廃部に追い込まれたのか。その第一の理由は、度重なる暴力事件(不祥事)の発覚であり、いっこうに改善のみられない部の悪しき体質に対し、学園の母体であるパーフェクトリバティー(PL)教団がいよいよ愛想を尽かしたというのが背景にある。だが、それ以上に教団の信者が激減し、2世・3世が通うPL学園の学園生徒数が1学年50人から60人程度と、学園自体が存続の危機にあることが、硬式野球部を廃部へと向かわせた。

 廃部となった後もPL教団およびPL学園の取材を続けてきた私は、この夏、軟式野球部までもが廃部の危機に立たされている惨状を目の当たりにしたわけである。

 住之江公園野球場の応援席に、PL学園の関係者は保護者をのぞいてわずかだったが、その中に私がずっと会いたかった人物がいた。現校長の正井啓介氏である。

 PL学園の硬式野球部は2013年春に暴力事件が発覚し、6か月もの対外試合禁止となった。その処分が解けた際、硬式野球部の監督に就任したのは野球経験のない当時の校長である正井一真氏だった。彼の実兄が正井啓介氏である。

 学園一筋に奉職してきた弟とは異なり、啓介氏は長く、PL教団の東京の布教拠点である東京中央教会の教会長を務めた人物であり、学園の校長を務めながら、現在も教団幹部のひとりでもある。

 教団幹部と接触できるような好機は滅多にない。自己紹介を終えた私は、秋季大会の辞退を決定した軟式野球部についての質問からぶつけた。

「軟式野球部の今後に関してはこれから話し合う予定です。生徒数が減少して、経営が苦しいのは、どこの学校も同じではないでしょうか。うちは、受験戦争に勝っていない。ほとんどの学生が大学に進学しますが、より良い大学(難関大)への進学率の低さが、生徒数(の少なさ)に跳ね返ってきていますね」

 PL学園は宗教法人が母体となる学校だ。硬式野球部なき今、生徒のほぼ100%が信者の2世・3世となる。信者が激減しているのだから、その数は減少していく一方だろう。

「そうですね……。信者のお子さんでも、進学のことを考え、PL学園ではなくお住まいの地元の高校に行く方が多いです」

◆幹部から発せられた絶望的な言葉

 硬式野球部が活動を停止して2年が経過したが、いまだに「復活」を願っている高校野球ファンは少なくない。復活の可能性はあるのだろうか。

「私は硬式野球部が創部される以前から学園におります。硬式野球部のプロセスを見ていくと、いつしか学園生活の中で、野球だけ(の生活)になってしまった。つまり(『PLの野球は世界平和に通ず』という2代教祖の)教えから遠ざかってしまった。硬式野球部の復活はない。ないでしょう」

 復活はない──硬式野球部の廃部を一方的に決めたのは3代教主・御木貴日止やその妻たちである。彼らを支える教団幹部が、復活の可能性すら否定するようなことは、これまで一度もなかったことだ。

 しかし、硬式野球部のOB会は、元プロ野球選手を含め1000名に達した野球部OBから、存続に向けた嘆願書を集め、校長宛に提出してきた。この嘆願書は、決定権を持つ3代教主らに届いているのだろうか。

「いえ、お渡ししておりません。私だけの判断で物事は決められませんが、総合的に(渡す必要がないと)判断しております」

 復活を願う高校野球ファンや、復活に向けた活動を行ってきたOB会からしたら、絶望的な気分に陥る教団幹部の発言だろう。

 硬式野球部の復活の芽は完全に絶たれ、そして軟式野球部まで消滅の危機にある。いずれPL野球の名残は跡形もなく消え、そして人々の心から忘れ去られてしまうのだろうか。

 この夏の甲子園の大会9日目の第2試合に登場した佐久長聖は、高岡商(富山)に4対5と惜敗した。またしばらく、甲子園で「ウィニング」は聞けそうにない。

関連記事(外部サイト)