日本球界 ZOZO球団どころでなく外資オーナーがいてもいい

日本球界 ZOZO球団どころでなく外資オーナーがいてもいい

日本人初のメジャーリーガー・村上雅則氏(共同通信社)

 1960年代にサンフランシスコ・ジャイアンツでプレーした日本初のメジャーリーガー・村上雅則氏(74)は、日本球界の現状を憂い、MLBに倣うべき点を指摘した。

 * * *
 12球団を見渡すと、一軍登録できる4人以上の助っ人外国人を抱えるようになった。実力は十分なのに、枠からあぶれてファームにいる助っ人が多い。私なんかは「外国人枠を撤廃しろ!」と言いたくなりますが、日本人選手の出場機会を考えれば、現実的ではないのでしょう。

 外国人枠より大きな問題は、海を渡って肘を壊す日本人投手が多いこと。ダルビッシュ有(31)、田中将大(29)、大谷翔平(24)まで例に漏れなかった。

 この原因には、日米で使用するボールが違うことが挙げられる。メジャー球は、日本のボールに比べて5ミリほど大きく、7グラムほど重い。WBCや五輪など、国際試合も増えているし、これだけ日本人選手がメジャーに挑戦しているのだから、一刻も早くメジャー球に統一しなければ、今後も日本のトップクラスの選手がメジャーに挑戦しては肘を壊す、という状況が繰り返されるだけです。

 ルールはすぐにメジャーに追随するのに、なぜボールは日本製にこだわるのか分かりません。

 球界への新規参入も、日本球界は門戸を閉じすぎている。最近もZOZOTOWNの前澤友作氏が球界参入をブチ上げたが、反応は冷めたものだった。メジャーでは、スポーツビジネスのツールとして大統領の親族までオーナーになっているのだから大違いです。

 2004年に楽天とライブドアが参入を表明した際は、基本的に「門前払い」だったが、その後はDeNAも加わり、球団経営のあり方、野球のイメージも変わってきている。いきなりだと問題は多いかもしれないが、ゆくゆくは外資企業の参入まで見据え、柔軟に考えるべきじゃないか。

 米国はコミッショナー(最高運営責任者)を頂点に球団オーナー、フロント、選手、ファンと裾野が大きく広がっていますが、日本ではコミッショナーに力がなく、オーナー偏重の形になっている。思いきって外資を入れることで、先のボール問題を含めて旧態依然とした日本の野球界から脱却していくきっかけになるのではないか。

 本当に日本球界がよくなるのはどちらかを考えるべきだと思います。

※週刊ポスト2018年8月17・24日号

関連記事(外部サイト)