八百長告発の元小結・板井圭介氏から来た「最後の電話」

八百長告発の元小結・板井圭介氏から来た「最後の電話」

告発者は今の角界をどう見る?

 昨年初場所の千秋楽で、当時大関だった稀勢の里が、横綱・白鵬を破って第72代横綱昇進を決めた一番の直後、本誌・週刊ポスト記者にこんな電話がかかってきた。

「まさか、俺が生きているうちに、こんなガチンコ時代が来るとは思わなかったよ。引退後はあまり相撲中継を見ていなかったけど、去年(2016年)あたりからしっかり見るようになった。ガチンコ力士が増えて、何が起きるかわからないから面白いよ。やっている力士は大変だろうが、見ているほうは最高だ」

 電話の主は、板井圭介氏(元小結・板井)だった。14日、板井氏は自宅で倒れている状態で発見され、搬送された病院で亡くなった(享年62)。板井氏は現役時代、八百長相撲の仲介役である「中盆」として知られていた。

 1980年に始まった本誌の「角界浄化キャンペーン」は、八百長工作の仕掛け人だった元十両・四季の花の告発を皮切りに、数多くの実名証言と物証から八百長の実態を明らかにした。

 そのなかでも、とりわけ注目を浴びた証言者が、横綱・千代の富士の53連勝(1988年)の裏側を暴露した板井氏だった。板井氏の保管していた“記録”は克明で、15日間の勝敗が書き込めるスポーツ紙の番付表には、「ガ(=ガチンコ)」「八(=八百長)」の文字がびっしり書きこまれていた。

 そうした板井氏の告発を相撲協会は黙殺していたが、2010年に起きた大相撲野球賭博事件の捜査で、押収された携帯電話の記録から八百長が発覚。23人の力士が引退勧告や出場停止処分を受けた。そうした「角界浄化」に果たした板井氏の功績は極めて大きかった。

 板井氏はかつて、本場所中に“怪しい一番”があると、記者に電話を掛けてきては「なんで得意の右四つを組み替えるかなぁ。俺が監察委員ならアウトだよ」などと笑っていた。ただ、稀勢の里が横綱に昇進して以降は「今日のあの一番は最高だったね」とガチンコ相撲の面白さを解説するようになっていた。

 若い頃から糖尿病を患い、心臓にはペースメーカーも入っていた。体調が優れなかったはずの最近も、板井氏は角界の未来を憂う言葉を口にしていた。

「今の力士はサラリーマンみたいに見える。もっと豪快な奴が出てきてもいいんだけどね。これも時代かね」

 現役力士や親方、協会幹部は、板井氏の訃報をどう聞いたのか。

※週刊ポスト2018年8月31日号

関連記事(外部サイト)