水飲めない時代経て… 最高齢82歳監督が語る高校野球の変化

水飲めない時代経て… 最高齢82歳監督が語る高校野球の変化

”高校野球の生き字引”、豊田義夫氏

 100回を迎えた夏の甲子園を、特別な感慨をもって迎えた「老将」がいる。豊田義夫、82歳。今大会に参加した全国3939校で最高齢の監督だ。かつて激戦区・大阪で名門・近大附属を率いてPL学園や浪商(現・大体大浪商)と甲子園を争った“高校野球の生き字引”が、60年以上に及ぶ指導者人生にピリオドを打った今夏、時代とともに変わりゆく高校野球界への思いをジャーナリスト・鵜飼克郎氏が取材した(文中敬称略)。

 * * *
 56校が入場行進した8月5日の開会式。大会の全試合を放送する朝日放送(ABCラジオ)のブースに、ゲストとして招かれた豊田の姿があった。

「聖地に来られなかった球児の分も行進してほしい」

 グラウンドをじっと見つめ、声を詰まらせながら語る豊田。口にはしなかったが、“僕の分も……”と言いたかったのかもしれない。

 豊田が高校野球の指導者となったのは1956年。会社員を経て母校・近大附属のコーチとなり、1965年に監督就任。3度センバツ出場に導き、激戦区の大阪で近大附属を「私学7強」の一角に押し上げた。

 1984年の退任後も系列校で監督を歴任した豊田が「最後のユニフォーム」を纏ったのは、大阪から遠く離れた群馬・利根商業。就任3年目となる今夏、県予選2回戦で敗退し、同校の監督を勇退した。60年以上の監督人生で、夏の甲子園出場を果たすことは、ついに叶わなかった。

「甲子園での勝利数の日本一もいますが、僕は“ノックなら日本一の監督”と思ってやってきた。でも、昨年あたりから足腰がふらついてノックバットが振れなくなった。外野まで飛ばせなくなったら選手に申し訳ないのでユニフォームを脱ぐ決断をしました。

 僕がノックを大切にしてきたのは、ノックは選手と監督の一番大事なコミュニケーションだと思うからです。守っている選手のグラブが届くか届かないか、ギリギリのスピードとコースに打つ。グラブをかすめながら、ボールが後ろに転がっていく。そうすることで守備範囲が少しずつ広がり、“飛び込んででも捕る”という精神が鍛えられると思うんです」

 豊田に「高校野球の時代の変化」を尋ねると、静かに語り始めた。

◆エースでもベンチから外した

 近大附属時代の豊田は、試合中に気を抜いた選手をベンチ前に正座させ、練習では5時間ぶっ続けのボール回しをさせるなど“超スパルタ指導”で知られ、「キンコーの鬼」と呼ばれた。

「昔は練習中に1滴の水も飲ませなかった。よくもあんな無茶をしたと、背筋が寒くなります。近大附属のコーチ時代、大阪の頂点にいた浪商さんは猛練習で知られ、水なんて飲ませない。でも、塩は舐めさせていた。浪商さんに勝つにはもっとキツい練習をしなければならないと思って、ウチは塩もダメにした。選手には迷惑な話です。

 そんな間違った指導が当たり前だった時代を考えれば、大きく環境は変わった。利根商の練習を手伝いに来てくれた近大附属の卒業生からは、『僕らにも水を飲ませてくれていたら、大阪で毎回優勝できた』と文句を言われましたよ(苦笑)。

 昔ながらの指導法には間違いもたくさんありましたが、変わらないでほしいのは『高校野球は教育の一環である』ということです。

 格好つけているように聞こえるかもしれませんが、子供たちには常々『社会人として信頼され、尊敬されることが大事。野球バカになってはいけない』と言ってきました。近大附属の監督時代には、補欠の選手を見下すような態度をとった1年生エースをベンチから外したこともあります。その夏の予選は、決勝で負けました。彼を使えば甲子園に行けたかもしれないけれど、チームが成長するためには外すしかなかった。

 彼は腐らず3年間野球を続けました。卒業してから何年か経って子供が生まれたと、彼が僕を訪ねてきてくれた時は本当に嬉しかったですね」

◆「選手を集めるだけ」の監督

 全国から有望な中学生を集めた強豪私学の隆盛も、近年の高校野球界の変化だ。その潮流にも、豊田は警鐘を鳴らす。

「残念ながら、いまの高校野球は『野球が上手ならそれでいい』という雰囲気が強くなっているようにも感じます。指導者、学校、選手、親御さんにもです。

 そりゃ、いい選手を集めれば監督は左団扇ですよ。僕も昔は有望な中学生がいると聞けば、出掛けていった。桑田(真澄)君の家にも日参しましたが、門前払いでしたね。

 いまは昔と違い、監督の熱意だけで来てくれるケースは少ない。昔は“面白そうだから行こう”とか、“監督が恐そうだからやめよう”と、単純な考え方で高校を決める子が多かったが、最近はレギュラーになれるか、OBの進学先など、親子でよ~く調べている。学校側が“アメ”を用意しないと入部してくれません。でも、やっぱり『集める』だけではなく、『育てる』ことを忘れてはいけない。

 いま圧倒的な強さを誇っている大阪桐蔭は、西谷(浩一)監督が熱心に選手集めをしています。でも、彼が偉いのは、早朝練習でも直接指導をしていること。最近は“選手にやらせるだけ”の監督が増えましたが、彼は違うようです。だからあれだけ強いチームを作れるんでしょうね。

 仕方ないことかもしれませんが、才能ある中学生を集めるチーム作りだと、選手のやりたいようにやらせる野球になりやすい。とにかく“フルスイングして打ち勝つ”というチームが増えた。バントや盗塁、エンドランとか、局面ごとに選手たちが考えながらやるのが教育の一環であり、負けたら終わりの高校野球の在り方だと思うんですけどね」

 人生の4分の3を高校野球に捧げた豊田は現在、自宅のある奈良県で孫たちと過ごす。

「監督時代は四六時中野球のことばかり考えていました。監督として夏の甲子園には出られなかったけど、82歳まで好きなことをやれて、本当に幸せ者でした」

 傘寿を超えても愛車のハンドルを握る。後部座席には、使い古されたノックバットが置かれていた。

「これが近くにないと、どうも落ち着かなくてね」

 ノックを通じた教育に心血を注いできた“根っからの高校野球人”は、来年から「元監督」として、球児と指導者たちにエールを送り続ける。

●取材・文/鵜飼克郎(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2018年8月31日号

関連記事(外部サイト)