【夏の甲子園】大阪桐蔭や横浜など活躍で名将から若手監督への「世代交代」の時期とも

記事まとめ

  • 馬淵史郎監督(62)の明徳義塾が県大会敗退、高嶋仁監督(72)の智弁和歌山も初戦敗退
  • 一方で大阪桐蔭の西谷浩一監督は48歳という若さで歴代単独3位となる52勝目を挙げた
  • 横浜の平田徹監督(35)は不調の選手を"干す"荒療治を行い3年連続で夏の甲子園に出場

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております