容体芳しくない長嶋茂雄氏、懸命の看病を続ける三奈と運転手

容体芳しくない長嶋茂雄氏、懸命の看病を続ける三奈と運転手

病院通いは欠かさず献身看病

 8月中旬、猛暑がやわらぎ、涼しさが秋の到来を感じさせる週末の夕方。東京都心にある大学病院の廊下を小走りで急ぐ女性がいた。服装はグレーのジャージーと迷彩色のロングスカート。目元まで隠れるような大きなマスクをしている。

 女性は病院内の売店でお茶とサンドイッチを購入すると、エレベーターホールの椅子にちょこんと座り、簡単な食事をとった。マスクを外した顔には緊張と疲労が入り交じる。

 わずか5分ほどで食事を終えると、女性は最愛の父親が横たわる病室へと、またも小走りで駆け戻って行った。

 フリーキャスターの長島三奈(50才)。彼女がつきっきりで看病するのは、父の長嶋茂雄さん(82才)だ。

「どうも入院中の長嶋さんの容体が芳しくないようです。悪化と小康の繰り返しで病状が安定せず、いつなんどき、何が起こってもおかしくない状態だそうです。看病する三奈さんも家に帰らず、時には泊まることもあるようで、気が休まらない日が続いていて、少しやつれた感じがします」(長嶋家の知人)

 本誌・女性セブンは前号(8月23・30日号)で、ベールに包まれた長嶋さんの病状を詳報した。

「7月上旬、高熱と激しい腹痛を訴えた長嶋さんが極秘入院しました。肌や目が黄色くなる『黄疸』の症状が出ていて、検査で肝臓のすぐ近くにある『胆のう』の調子が悪いことがわかったそうです。その後、検査数値もなかなか回復しないので、命にかかわる肝不全や胆管炎になる恐れもありました。8月上旬の段階で病状は一進一退の繰り返しで、面会謝絶の状態が続きました」(前出・長嶋家の知人)

 国民的英雄の病状については箝口令が敷かれ、ごく一部の関係者にしか情報は伝えられなかった。だから、本誌の「ミスター緊急入院」の一報は世間に大きな衝撃を与えた。長嶋さんが終身名誉監督を務める読売巨人軍は「長嶋氏のコメント」を発表した。

《大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。昼は高校野球、夜は巨人戦を観戦しています。山口俊投手のノーヒット・ノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による対DeNA戦3連勝には元気をもらいました》

 この唐突とも思えるコメント発表に疑問の声も上がった。

「わざわざ選手の具体名に言及し、ちゃんと野球が見られる状態にあるとアピールしているようにも見えた。逆に“何かあるのではないか”と勘ぐってしまいました」(スポーツ紙記者)

 コメント後、“回復”したはずの長嶋さんの退院どころか、容体さえ具体的に報じたメディアはなく、病床のミスターは隠されたままだ。とくに長嶋さんにとって身内であるはずの読売新聞から何の報道もないことに違和感もある。

◆何とかして日程調整をする

 不安ばかりが増す状態のなか、懸命の看病を続けているのが三奈だ。

「例年、この時期の三奈さんは甲子園で高校野球を取材していますが、今年は大会序盤の取材をキャンセルして、緊急入院した長嶋さんに付き添っていたそうです。長嶋さんの病状が報じられてから彼女は甲子園にも姿を見せ、“心配はいりません”と気丈に笑顔を見せたそうですが、今も病院通いは欠かしていません。地方出張の際には何とかして日帰りできるよう日程調整して、病院に足を運んでいます。院内では病室と売店の往復の繰り返しのようです」(前出・長嶋家の知人)

 三奈のほかにももう1人、全身全霊でミスターを看病する人がいる。それは、長嶋さんの現役時代から運転手を務める、80才になる男性のAさんだ。

「長嶋さんが現役時代、帰宅後の深夜に素振りをする姿や、監督時代に負けた悔しさで運転席を蹴っ飛ばされるなど、間近で長嶋さんの素顔を見てきました。国民的英雄のプライベートな部分を最も知る人物です」(前出・スポーツ紙記者)

 2004年に長嶋さんが脳梗塞になって田園調布の自宅で倒れた時、第一発見者となったのがAさんだった。

「Aさんはその時のことを、“すぐに救急車を呼ばず、自分の対応が遅れたから長嶋さんにマヒが残ってしまった”と今でも悔やんでいて、それ以降はより長嶋さんのリハビリや日常生活の世話を精力的に行っています。それこそ24時間つきっきりで、長嶋さんからの信頼も厚い。今回の入院でも、三奈さんが病院にいる時でも一緒に病室に泊まり込むなど、自宅と病院を往復して24時間体制で看病を続けています」(前出・長嶋家の知人)

 決して表舞台に立つことのないAさんと長嶋さんの関係について、Aさんの息子が言葉少なに語る。

「父はもう50年以上も献身的に長嶋さんのそばにいて、今は病院に泊まったり自宅に戻ったりの毎日です。最も心が知れているのが父かもしれませんから、献身的にするのが父の務め。(長嶋さんの容体について)強いかたですから、大丈夫だと思います…」

 本誌はAさんに長嶋さんの病状を聞いたが、「ぼくの口からは言えません」と返された。

※女性セブン2018年9月6日号

関連記事(外部サイト)