バスケ日本代表の買春現場を報じた朝日記者はそこで何を?

【アジア大会】バスケ日本代表がインドネシアで買春 現場を目撃した記者にも疑惑浮上

記事まとめ

  • バスケットボール日本代表の4人が、ジャカルタの歓楽街で買春したとして謝罪した
  • 不祥事をスクープした朝日新聞だが、その“状況解説”によって、記者にも疑惑が浮上
  • 実際に目撃したのはカメラマンで、「メシを食いに行っていただけ」と話しているという

バスケ日本代表の買春現場を報じた朝日記者はそこで何を?

バスケ日本代表の買春現場を報じた朝日記者はそこで何を?

大会から”退場処分”に(時事通信フォト)

「JAPAN」のロゴに日の丸が入ったTシャツを着て、ジャカルタ(インドネシア)の歓楽街で交渉して女性とホテルに行き、1人あたり約9000円を払って買春行為に及んだ──。

 そんな不適切行動があったとして、バスケットボール日本代表の4人が20日の会見で謝罪した。ジャカルタで開催中のアジア競技大会から“自腹帰国”となったうえ、代表認定も取り消し。日本バスケットボール協会の処分が出るまで謹慎となった。

 メダルラッシュに沸く日本選手団の“汚点”が繰り返し報じられる一方で、記者の間にも動揺が広がっていたという。全国紙のスポーツ担当記者が言う。

「“公式ウェアで”という点では言語道断ですが、取材している記者にも4人が行った歓楽街を体験取材した者もいる。ある社はアジア大会の記者団に、“我々取材団も心するように”と注意メールを騒動後すぐに送っていました」

 今回の不祥事をスクープした朝日新聞は、朝刊より先に電子版で19日深夜に「バスケ代表をJOC処分へ アジア大会中、深夜歓楽街へ」と報じた。記事では〈17日午前1時ごろ(中略)歓楽街「ブロックM」にあるカラオケ店の前で店側と交渉しているところを朝日新聞の記者が目撃〉とあった。

 ところが、その“状況解説”によって、午前1時に「女性を連れ出すことができるカラオケ店」のある歓楽街にいた記者は何をしていたのか──という疑惑も持ち上がってしまったのだ。朝日新聞関係者はこう話す。

「記事では『記者』とありますが、実際に目撃したのはアジア大会の取材に派遣したカメラマン。なぜその場にいたのかということは社内でも聞き取りされており、本人は“(報道関係者と)メシを食いに行っていただけ”と話しています。そこで日本代表選手を見つけたため写真も撮って交渉のやり取りも聞いていたということです。カメラマンの“身の潔白”が証明できたからこそ、記事になっているのだと思いますが……」

 朝日新聞に「目撃記者」が何をしていたのか問い合わせると「取材に関することは、お答えしかねる」(広報部)という。

 深夜の歓楽街での熱心な取材がスクープに結びついたのは間違いないようだ。

※週刊ポスト2018年9月7日号

関連記事(外部サイト)