V3目前のカープが恐れる「丸→菊池→田中」FAの連鎖

V3目前のカープが恐れる「丸→菊池→田中」FAの連鎖

首位独走の立役者だが…(時事通信フォト)

 厳しい残暑が続く中、球界では早くも「ストーブリーグ」の話題が持ち上がっている。注目はセ・リーグを独走する広島の動向だ。

 出塁率.485(リーグ1位)、打率.321(同6位)、27本塁打(同3位)とチームを引っ張る丸佳浩(29)が、8月17日に国内FA権を獲得(成績は8月22日終了時点)。

「松田元オーナーは“慰留する”と宣言しましたが、流出もやむなしと考えていることでしょう。丸は昨季、リーグMVPに輝いて年俸2億1000万円(推定、7000万円増)と“大台”に乗ったが、あくまで流出も視野に入れての大幅アップではないか。FAなら、獲得したチームから前年の年俸に応じた金銭補償がありますから」(担当記者)

 広島はこれまでも、川口和久(1994年、巨人へ)、江藤智(1999年、巨人へ)、金本知憲(2002年、阪神へ)、新井貴浩(2007年、阪神へ)、大竹寛(2013年、巨人へ)ら、エースや4番を金満球団へ差し出してきた。今オフも巨人と阪神による“丸争奪戦”になるとみられている。

「巨人の外野のレギュラーは陽岱鋼(31)くらいで、ベテラン勢に代わる人材が欲しい。広島ですでにFA権を取得している松山竜平(32)とダブルで獲りにいくこともあり得る。一方の阪神はもちろん、金本監督に“古巣”との太いパイプがある。3年契約の3年目だが、球団側は長期契約を考えているという。若手育成だけでは限界も見えてきたので、FA補強に動くのでは」(在京球団スカウト)

 気になるのは、広島で主力選手が続々とFA権獲得の時期を迎えることだ。来年は菊池涼介(28)や野村祐輔(29)が、2年後には田中広輔(29)がFA権を取得する見込みで、さらに次の年には大瀬良大地(27)、中崎翔太(26)らが控える。

「このまま次々と放出すれば、さすがにチームは崩壊する。無理して高額年俸を捻出するか、これまで通り放出していくかの分岐点にある。現実的には、内野の要の菊池と田中だけ引き留めて、“そこそこ勝てるチーム”にした上で、緒方孝市監督には後進に道を譲ってもらうかたちになるのではないか。佐々岡真司、前田智徳、東出輝裕ら、“次の監督候補たち”が控えていますから」(広島担当記者)

 充実しすぎる戦力ゆえの悩みは、他球団からすると羨ましい限りだが。

※週刊ポスト2018年9月7日号

関連記事(外部サイト)