巨人・高橋由伸監督の更迭ムード決定づけたオーナーの一言

巨人・高橋由伸監督の更迭が決定的か 山口寿一オーナーが試合後に突き放すような発言

記事まとめ

  • 巨人・高橋由伸監督は8月26日の阪神戦で澤村拓一を送ったが、大炎上して逆転負けした
  • 山口オーナーは試合後に突き放すような発言をしており、高橋監督の更迭は決定的らしい
  • また、斎藤雅樹氏、桑田真澄氏、槙原寛己氏を育てた中村稔氏は高橋監督を批判している

巨人・高橋由伸監督の更迭ムード決定づけたオーナーの一言

巨人・高橋由伸監督の更迭ムード決定づけたオーナーの一言

今年で3年契約も終わり

 順位こそCS進出が可能な位置にいるが、巨人ファンからさえも「下克上で日本一」という意気軒昂な声は聞こえてこない。むしろ「抜本的な改革を進めるならCSを辞退したほうがいい」という意見まで出ている。「抜本的な改革」──それは“首脳陣の総入れ替え”と訳してもいい。

 そう思わせてしまう試合が本拠地・東京ドームで続いた。8月26日は貧打に苦しむ阪神を相手に、8回に5点差を引っ繰り返される大逆転負け。高橋由伸・監督(43)は大量リードの余裕をもたせて澤村拓一(30)をマウンドに送り出したものの大炎上し、ドームは落胆の溜め息に包まれた。

 休養日を挟んで首位・広島を迎え撃った28日は、元エース・内海哲也(36)が3回までに8失点。早々に球場を立ち去るファンが後を絶たない。一塁側スタンドから「長嶋さんが悲しんでるぞ」とヤジが飛んだのもこの試合だ。

 泣きっ面に蜂。翌29日は粘って延長に突入するも、今季、何度も繰り返された救援陣の自滅。アダメス(23)が4四球(申告敬遠1つを含む)による押し出しで決勝点を献上するという後味の悪さが、敗戦の重苦しさを倍増させた。

 怒りと批判の矛先は誰よりも指揮官に向けられている。V9戦士の一員で、現役引退後は投手コーチとして斎藤雅樹、桑田真澄、槙原寛己らを育てた中村稔氏(野球評論家)は、「高橋監督は野球を理解していない」と一刀両断した。

「まだ打席が回る可能性があるのに、外国人選手が出塁すると目先の1点欲しさに後先考えず代走を送る。投手起用にしても、先発を信用しきれずに早めに交代させる。そうした大局観がなく先の読めない采配が、試合終盤での勝負弱さを招いている」

 高橋監督は今季が3年契約の最終年。4位以下に終われば同一監督の下では球団史上初の連続Bクラスとなり、更迭は避けられない情勢だ。

 そのムードを決定づけたのが28日の試合後、山口寿一・オーナーが発した「毎回似たような負け方」という突き放した言い方だった。それを聞いていた番記者たちは、監督交代を“決定事項”と受け止めた。次期監督の情報収集に一斉に動き出したのだ。

※週刊ポスト2018年9月14日号

関連記事(外部サイト)