オープン戦首位の阪神 過去5回の例から見る開幕ダッシュ成功の可能性

オープン戦首位の阪神 過去5回の例から見る開幕ダッシュ成功の可能性

新人・佐藤輝明がオープン戦の活躍そのままに開幕ダッシュを牽引できるか(時事通信フォト)

 今年の阪神は一味も二味も違うのか。新人の佐藤輝明が6本塁打と大暴れし、切り込み隊長の近本光司、外国人のサンズが打率3割2分を超え、12球団1位の17本塁打、打率2割6分7厘で、勝率1位でオープン戦を終えた。ドラフト制度の施行以降では1966年、1995年、2002年、2011年、2016年に続いて6度目のVを飾った。しかし、この中でAクラスに入ったのは3位の1966年だけ。21世紀の3回はいずれも4位、創立60周年で優勝の期待された1995年は最下位に終わっている。

 いずれもチーム状態が違うので、単純な比較はできないが、縁起のいいデータではない。オープン戦の勢いは開幕ダッシュに繋がるのか。過去5度の3、4月の月間成績はこのようになる。

【開幕日:3、4月成績】
1966年4月9日:7勝10敗
1995年4月7日:6勝13敗
2002年3月30日:17勝8敗1分
2011年4月12日:7勝7敗1分
2016年3月25日:14勝14敗2分

 星野仙一監督が就任した2002年は開幕7連勝、10勝一番乗りで大きく勝ち越した。エースの井川慶が4勝、新外国人のムーアが3勝を挙げ、リリーフ陣も好調。1対0の完封勝ちが3度もあった。オリックスから移籍のアリアスは3、4月の打率2割7厘と安定感はなかったが、巨人との開幕戦で2ランを放ち、広島戦では1試合3発を放つなど10本塁打と長打力を発揮。マイク・タイソンに似ていると話題だったホワイトも、勝負強い打撃とハッスルプレーでチームを盛り上げた。しかし、6月になると投壊が起こり、8連敗を喫して失速。最終的には4位に終わっている。

 オープン戦首位の調子そのままに、開幕ダッシュに成功したのは同年だけ。オープン戦で巨人と1位タイでシーズンを迎えた1966年は村山実やバッキーなどリーグ一の投手陣を抱えながら、貧打に泣いた。4月の17試合で、3点以下が13試合、そのうち1点のみが7試合。完封負けこそなかったが、これでは優勝は程遠くなる。シーズンで5試合連続1点以下が2度もあり、3試合連続完封負けもあった。この年、外国人は投手のバッキーのみで、打者の補強はなかった。成績不振で、杉下茂監督が8月に休養を発表している。

 2011年は東日本大震災のため、オープン戦も途中で打ち切りになり、開幕日も延びたため、あまり参考にならないかもしれない。5年後の2016年は、期待の持てる年だった。就任1年目の金本知憲監督はオープン戦で結果を残した新人の高山俊、3年目の横田慎太郎というフレッシュな1、2番で開幕戦に臨み、オープン戦で打率1割台のヘイグを3番で起用すると開幕カードで3試合連続タイムリーとまさかの大当たりを見せた。しかし、徐々に不振となり、3、4月は打率2割3分1厘、2本塁打、11打点。その後も復調することなく、6月3日を最後に1軍出場はなくなった。結局、3人の中で1年を通じて活躍したのは高山だけで、ゴメスや鳥谷敬の不振もあり、チームは4位に沈んだ。

 1995年は、オープン戦と公式戦の成績が最も比例しない年だった。3年前に亀山努、新庄剛志の『亀新フィーバー』や仲田幸司の開花などで2位に躍進した阪神はその後、2年連続4位。6年目を迎えた中村勝広監督は開幕ダッシュで勢いに乗り、10年ぶりの優勝を目論んでいた。オープン戦では新外国人のクールボーが6本塁打、17打点で二冠王に輝き、グレンも5本塁打と活躍。阪神が大の苦手にしていた巨人の斎藤雅樹から2人ともホームランを放つなど、希望の星となった。

 しかし、オープン戦で対策を練られたのか、開幕すると当たりが止まり、打線は開幕2カードの5試合、全て2点以下で5連敗。この間、グレンは2割5分、1本塁打、クールボーは1割9分、ノーアーチと精彩を欠いた。2人は徐々に調子を取り戻し、最終的にはグレンが2割5分6厘、23本、77打点、クールボーが2割7分8厘、22本、77打点と及第点の成績を残した。

 ただ、4年連続3割を打っていたオマリーを解雇してまで獲得した選手だったため、ファンは物足りなさを感じた。ヤクルトに移籍したオマリーは3割2厘、31本塁打、87打点でチームを優勝に導き、MVPに輝いた。夢を抱かせたオープン戦の絶好調とオマリーの活躍があったため、グレンとクールボーの成績は数字以上に低く見えてしまった。中村監督は不振の責任を取って、7月下旬に休養。オープン戦Vの時点では想像もできなかった結末を迎えた。

 これらの年に限ったことではないが、外国人打者の成績はチームの前途を左右する。今年は来日2年目のサンズ、3年目のマルテが開幕オーダーに名を連ねるだろう。新外国人ではないため、過度な期待を掛けられない分、昨年よりも気楽に臨めるはずだ。新人の佐藤へのマークを散らすためにも、中軸を担う2人の打棒が開幕ダッシュのキーポイントになりそうだ。

関連記事(外部サイト)

×