聖カタリナ学園 「松坂世代」の越智監督は和田・鳥谷らプロも一目置く闘将

聖カタリナ学園 「松坂世代」の越智監督は和田・鳥谷らプロも一目置く闘将

聖カタリナ学園の越智良平監督

 2年ぶりに熱戦が繰り広げられている第93回選抜高校野球。春夏通じて初めて甲子園の土を踏むのは、離島からの出場で注目を集めた大崎(長崎)を筆頭に、21世紀枠の4校を含めた計8校。その中の一校、聖カタリナ学園(愛媛)を率いる“松坂世代”の監督は、知る人ぞ知る闘将だった。『松坂世代、それから』などの著書があるスポーツライターの矢崎良一氏がレポートする。

 * * *
 センバツ甲子園大会5日目──。優勝候補にも挙げられている東海大管生(東京)と対戦するのが、初出場の聖カタリナ学園だ。1925年開校の名門女子校だったが、2016年に男女共学化。これに伴い創部された新興野球部が、わずか5年にして甲子園出場を果たした。

 この聖カタリナを率いるのが越智良平監督。1980年生まれ。野球界で言うところの“松坂世代”になる。この世代も40歳となり、高校野球の監督としては若手から中堅どころに差し掛かったあたりか。今大会にも出場している敦賀気比(福井)の東哲平監督が、2015年センバツを制覇し、この世代初の甲子園優勝監督となっている。

 とはいえ、今大会出場校の中でも、明徳義塾(高知)を率いる甲子園通算51勝の馬淵史郎監督や、春夏7度の優勝を誇る大阪桐蔭・西谷浩一監督、プロ野球経験者の常総学院(茨城)・島田直也監督のように、高校野球ファンなら誰もが顔と名前が一致するような知名度はまだない。

「自分の名前云々ではなくチームとして、いつかはそういうところまで行きたいという気持ちはあります。でも今はまだ、(明徳の)馬淵監督なんかに向かっていってはガツンと跳ね返されて、それでもなんとか食い下がって…とやっているうちに少しでも力を付けて、というような段階ですね」

 越智はそんな素直な思いを口にする。それでも、そんな無名の監督の戦いぶりを注目し応援する人が全国に数多くいる。昨秋、四国大会で準優勝しセンバツ出場を確実にした時には「あの越智が甲子園に出るのか」と多くの野球関係者が喜んだという。それは、越智がこれまでの野球人生の中で築いてきた人脈の広さに他ならない。

 聖カタリナの部員名簿を見ると、地元愛媛の出身者だけでなく、関西や、遠く神奈川からの越境入学者もいる。まだ甲子園未出場の新興チームとしては珍しいだろう。これは、越智の高校時代のチームメイトが神奈川の硬式チームの監督をしていることから、「越智に預ければ間違いない」と送り出してくれているのだという。

 それほどの人望を集める越智良平とは、どんな人物なのだろう?

“松坂フィーバー”を目の当たりにした宇和島東時代

 宇和島東の遊撃手として2年生の春夏、3年夏と3度の甲子園に出場した越智。上甲正典監督(故人)に率いられた宇和島東は「牛鬼打線」と呼ばれる強力打線が売り物で、越智たちの代も2年秋の四国大会で対戦した高知商のエース藤川球児(元・阪神)を打ち崩し10―2で圧勝している。

 のちに藤川は、「投球の癖で球種がバレていた」と述懐しているが、それでも高校生離れした球威を持つ藤川のボールをしっかり打ち返せるのは、宇和島東の打力の高さに他ならない。165cmそこそこと上背のない越智も、「ホームランを打て。(打球が)飛ばないヤツは使わん」という上甲監督の教えを受け、力強いスイングを身につけていった。

“松坂大輔フィーバー”に湧いた3年夏の甲子園では、3回戦で常総学院に敗退。松坂との接点はなかったが、横浜高校の初戦を球場に行きバックネット裏から観戦した。

 初回、松坂が投じた先頭打者への初球。打者が見送ったストレートは低く構えたミットに吸い込まれた。主審がストライクとコール。宇和島東の選手たちは「あのコースは打てない」と言い合った。しかし、ホテルに帰ってビデオで見ると、低めギリギリと思っていたその球は、なんとド真ん中のストレートだった。見る角度の問題はあるが、想像を超えるボールのキレとノビ。

「松坂の球速は、スピードガンで150km前後。今なら高校生でもそれくらい出せる子はいるし、プロならもっと上の数字を出している投手が何人もいる。でも、あの時の松坂のボールには数字だけじゃない凄さがありました。何だったのかな? 一度、試合で打席に立って体感してみたかったなぁ」

 越智はしみじみとそう言う。

「控えの主将」に恐怖を感じた早大時代

 甲子園3度出場の実績を糧に早大に進学したが、大学では挫折を経験する。

 1年生の頃からベンチ入りし、代打や途中出場で試合出場もしていた越智はレギュラーの有力候補だった。しかし越智が入学した翌年から早大はアスリート推薦の制度が整備され、全国的に名前の売れた有力選手が続々と入学してくるようになった。

 越智と同じショートには、鳥谷敬(現ロッテ)、センバツ優勝の沖縄尚学の主将だった比嘉寿光(現・広島球団職員)が入り、彼らは入学早々に三遊間でレギュラーとして起用された。その翌年には田中浩康(現DeNA二軍守備コーチ)が入学し、セカンドのポジションも埋まった。越智はレギュラーからはじき出される。

 シートノックではレギュラーの彼らの後ろに付き、2番手3番手で打球を受ける。しかし、控えという引け目はなく、鳥谷や比嘉に「しっかりやれ」と檄を飛ばした。「常に(ポジションを)獲ってやろうと思っていましたから」と越智は言う。

 そんな姿を見ていた野村徹監督(当時)の強い推薦で、4年生になると主将に任命される。他校が松坂世代のスター選手を主将に据える中、「控えの主将」だった。監督の指名に「はじめは恐怖しかなかった」と越智は言う。

「試合に出てプレーで引っ張ることはできない。もし勝てなかったら、間違いなく『キャプテンが控えだから』と言われる。そんな仕事、俺にやれるか? と葛藤がありました」

 主将に就任した越智は、100人を超える部員を見事にまとめ上げる。早大はエース和田毅(現ソフトバンク)が、江川卓(元・巨人)の持つ六大学通算奪三振記録を塗り替える大活躍。春秋のリーグで連覇を果たす。

 ドラフトの目玉として試合のたびにメディアの取材が殺到する和田がチーム内で浮くことはなかったし、鳥谷、青木宣親(現ヤクルト)田中、武内晋一(元ヤクルト)と力のある下級生たちがレギュラーの多くを占めても不満を持つ4年生はいなかったという。

 秋のリーグ戦。シーズン最後の早慶戦は、1回戦で早大の優勝が決まった。消化試合となった2回戦の前夜、野村監督から「これまで出場機会がなかった4年生を試合に出したい」という提案を受ける。しかし越智を中心とした4年生のスタッフは「それなら経験のために下級生を起用してほしい。そのほうがチームのためになる」と逆に進言し、翌日の試合はそうなった。

「指導者への道」を決断させた鳥谷の存在

 卒業後の進路は、社会人野球でプレーを続けたいという願望があった。その思いを断ち切らせたのは、一緒に野球をした“凄い”選手たちだった。中でも鳥谷は、野手としては別格だった。

 各シーズンの公式戦が終わると、大学JAPANのメンバーだった鳥谷は合宿や海外遠征などでチームを離れることが多かった。その時には越智が代わりにショートに入り、1番青木、2番越智という打順が組まれた。

 意地もあったのか、そこで越智はよく打った。「ポジションを獲ってやる」と手応えも感じていた。鳥谷がチームに戻ると、「越智さん、よく打ってるらしいですね」と声を掛けてきた。その表情から「絶対に負けない」という思いが伝わってきた。そして試合に出場しはじめた鳥谷は、越智を上回る勢いで打ちまくり、シーズンが始まると当たり前のようにショートを守っていた。越智は言う。

「あのレベルになると、こっちがちょっとくらい頑張ったって勝てない。嫉妬とかはなかったです」

 それが決断する決め手になった。

「一緒に練習してきて、鳥谷がどんなレベルかはわかっています。自分とのレベルの差もわかる。鳥谷は間違いなくプロに行く選手。その鳥谷と勝負出来るレベルの選手が社会人に行く。そこに自分が行っても、果たして勝負になるのか……」

 越智は、もう一つの夢であった指導者の道を目指すことを決める。体育科の教員免許を取得するために2年間、科目等履修生として大学に残ることになった。

 生活費を稼ぐためにアルバイトも始めたが、それでも野球の練習がなくなった分、時間の余裕ができた。その時間を使って、自分の引き出しを増やすために、いろんな場所に足を運び、いろんな人と会って話を聞いた。

 たとえば当時、毎年のように強力打線で甲子園を席巻していた智辯和歌山。甲子園通算最多勝利の記録を持つ高嶋仁監督(現・名誉監督)の指導を実際に見てみたかった。宿泊費を節約するために自動車で和歌山に向かい、1か月間、車中に何日も寝泊まりした。 日本の高校野球界で最初にメンタルトレーニングを取り入れたとされる浪速高校の小林敬一良監督(当時)の元に足を運んだこともある。

 練習を見て、監督の話を聞くだけでなく、帰宅途中に学校近くの食堂に寄る生徒たちと同じ席に座り、本音で会話をしたこともある。そうした時間を過ごしているうちに、自身の経験の中で身体に染みついた「野球とはこういうものだ」という固定観念が次第になくなっていった。

「これまで自分が所属したチーム、宇和島東にしても早大にしても、力のある選手が集まってきて、厳しい規律のあるチームでした。でも、真逆のスタイルのチームもある。いわゆる“管理野球”に対して“自主性野球”みたいな表現がよく使われるのだけど、どちらが正しいということではなく、どちらも勝つための方法論なのだと思いましたね」

初監督業は石川県屈指の公立進学校だった

 2年後の2005年、知人に紹介された石川県の金沢市立工業高校で外部コーチとして採用される。

 野球部の後援者が経営する会社に午前中勤務し、午後から学校で練習を手伝う毎日。石川はそれまで縁のない土地だったが、高校野球の指導者になれるなら日本中どこに行ってもいいと思っていた。これを機に石川に根を下ろす。

 その年、石川県の教員採用試験に合格。小松商業で教壇に立ち、野球部長となる。そして2年後、人事異動で小松高校に赴任。ここで初めて監督の職に就く。

 小松高校は県内屈指の進学校で、なおかつ公立校。強くするために有望な中学生をスカウトしたくても、ままならない。「勉強が出来る子がいたら、ぜひ」と中学を回っても、指導者に相手にしてもらえなかった。

 また、勉強優先のため練習時間の制約という、選手としても指導者としても初めての経験もした。「年中無休で練習するのが当たり前の環境で育ってきた人間なので、週に一度練習休みを入れることも最初は不安でした。でも、そうすることで逆にパフォーマンスが上がることに気付かされました」と振り返る。

 強豪校や、これまで交際がなかったチームでも、連絡すれば、相手校の監督が「越智君の頼みなら」と快く受けてくれた。だから、練習試合の相手には困ることはなかった。胸を貸してくれた監督たちには今も感謝の気持ちがある。星稜、遊学館といった全国レベルの強豪校の壁に跳ね返される中で力をつけ、ようやく甲子園が狙えるようなチームができつつあった就任8年目の年、思わぬ誘いを受ける。

聖カタリナ初代監督就任も「行き過ぎた指導」で謹慎

 地元・愛媛県の女子校である聖カタリナ高校が男女共学となることが決まり、硬式野球部を創部することになった。初代監督への就任依頼だった。

 さすがに即答はできなかった。すでに妻子がいる。現在教えている生徒たちのこともある。それでも「いつか公立高校の監督として結果を残し、私学の強豪からオファーが来るような監督になりたい」という目標があった。

 それは2014年に他界していた恩師・上甲監督の歩んだ道でもあった。宇和島東で実績を残した上甲は、私学の済美高校の監督として招かれ、ここでも日本一を勝ち取っている。済美も女子校を男女共学化した際の初代監督だった。

 悩み抜いた末に、越智は愛媛に行くことを決心する。

 1年目、「せめて野球ができる人数が集まってくれたらいいのだが」と危惧していた部員は、なんと36名が入部。この一期生たちで臨んだ最初の夏の愛媛県大会で、いきなりベスト8に進出する。オール1年生での快挙。「“まさかまさか”と言いながらも、“行けるんだったら行っちゃえ”と思ってました。さすがに甘くはなかったですね」と笑う。

 彼らが3年生になった2018年の夏には本気で甲子園を狙ったが、3回戦で敗退。その秋、二期生の代のチームが四国大会に出場を果たすが、初戦で明徳義塾に惜敗。創部3年で驚異的な成長スピードだが、県内では「まだ甲子園に行けないのか」と言われることもよくあったという。

 愛媛は野球どころゆえにファンの目線が高い。そして恩師の上甲が済美で成し遂げた、創部2年足らずで甲子園に初出場、初優勝を果たした記録がある。「普通ならありえない記録なんですが、愛媛県ではそれが標準になってしまいました」と越智は苦笑する。

 だがイケイケだったチームに、思わぬ形でストップが掛かる。2019年1月、越智ら指導陣の「行き過ぎた指導」を理由に、チームは活動を自粛。越智は謹慎となった。

 越智の高校時代、宇和島東は上甲監督が選手を猛練習で追い込むことで強いチームを作ってきた。練習試合で負けたら日付が変わるまでグラウンドを走らされたこともある。ノックの時には監督と選手が怒鳴り合い、ケンカ腰でやりあった。それでも、夜中まで練習した後、監督に連れられて行った屋台のラーメンの味は今も忘れられない。

 だが、今の時代、それはもう通用しない。もちろん越智が上甲のやり方をそのまま模倣したわけではないが、根底には昔ながらの「厳しさ」があった。そうした指導法を、もう一度考え直すための時間でもあった。

 その後、2019年9月に監督復帰。そして5期生となる今年のチームで、秋の愛媛県大会、四国大会を勝ち抜き、ついに初の甲子園を掴んだ。

鮮やかな「赤」のユニフォームに込めた想い

 聖カタリナのユニフォームは、高校野球では珍しい鮮やかな赤を基調にしている。これは越智自身が選んだものだ。

 チームカラーにはこだわりがあった。交流のあった春江工業(福井)の川村忠義監督から、「色は大事やぞ」とアドバイスされたのがきっかけだった。2013年にセンバツに初出場した春江工は、ウインドブレーカーの眩いオレンジ色が強烈な印象を与えていた。越智は言う。

「せっかくチームの立ち上げからやれるのだし、伝統がない分、ありきたりな雰囲気でやったらダメ。これからずっと続いていく、チームのイメージを表す色にしたかったんで」

 当初は早稲田の臙脂(えんじ)を用いたかったが、地元の名門・松山商業とかぶってしまう。ならば、「相手を飲み込んでしまうような強い色」と赤を選んだ。そしてチームスタイルは、宇和島東と同じ打って勝つ攻撃野球。緻密な野球を展開するチームが多い四国で、経験がない分、1点取られたら3点取り返せばいいんだ、と。そうやって、相手を力でねじ伏せる野球で甲子園にやって来た。

 初戦の相手は優勝候補にも挙げられている東海大菅生(東京)。それでも、聖カタリナには何かしでかしそうな雰囲気が漂う。

 聖カタリナが四国大会を勝ち上がりセンバツ出場を決めた時、石川県の新聞がそれを伝えたという。石川には今も越智を応援する人は多い。宇和島東、早大時代のチームメイトたち。第二の故郷・石川の人々。みな、越智の監督としての甲子園初陣に注目している。

 試合は3月24日。プロ野球は開幕直前だが、和田や鳥谷も、この日ばかりはこちらが気になって仕方がないはずだ。

関連記事(外部サイト)

×