廣岡大志はどうなる? 20代の巨人移籍選手が主軸を打つ可能性は

廣岡大志はどうなる? 20代の巨人移籍選手が主軸を打つ可能性は

「近々未来の大砲」と期待される廣岡大志(時事通信フォト)

 貧打の巨人を“近々未来の大砲”が救う──。3月にヤクルトから移籍してきた廣岡大志(24)が4月13日の中日戦で、昨年の沢村賞投手である大野雄大から値千金の勝ち越しソロを放ち、巨人は2対1で接戦を制した。試合後、原辰徳監督は「非常に近々未来、必ず主力選手になってくれると思っている」と称賛した。プロ野球担当記者が語る。

「原監督はよく“近未来”という言葉を使います。それよりも、さらに近い未来という意味で“近々未来”を使ったのでしょう。少しややこしいですが、それほど廣岡を買っている証拠です」(以下同)

 巨人は過去に2度の2桁勝利を記録し、昨年も先発や中継ぎで奮闘した田口麗斗(25)を放出してまで廣岡を獲得。セ・リーグ在京球団である巨人とヤクルトの交換トレードは、倉田誠と浅野啓司以来44年ぶりだった。

「巨人の補強といえば、FAで他球団のレギュラー、FA導入以前ならトレードで主力を引っ張ってきました。すぐにスタメンで使える選手やベテランの獲得が思い浮かびますが、若手をトレードで獲得することもあります。近年だと石川慎吾や立岡宗一郎、古くは鴻野淳基が貴重な戦力となっています。ただ、トレード移籍の若手がクリーンナップを打つケースはほとんど見受けられません。そのくらいの逸材は通常、他球団が手放さないですからね」

 廣岡は2019年に10本塁打を放っており、智辯学園高校の1年先輩である岡本和真と肩を並べるような成長が期待されている。ヤクルト時代は三塁や遊撃を守っていたが、巨人では二塁や一塁でもスタメン出場している。選手層の厚い球団で、レギュラーを獲れるのか。

「20代前半で巨人に移籍し、その後クリーンナップを打った選手といえば、毒蝮三太夫に似ていることから“マムシ”と呼ばれた柳田真宏(俊郎)が思い出されます。高卒3年目にベテランの田中久寿男との交換トレードで西鉄から加入。移籍1、2年目はほとんど2軍暮らしでした。

 当時の巨人はV9の真っ最中で、柳田がやってきた1969年はV5を達成し、戦力が特に充実していた。柳田の守る外野は柴田勲、高田繁、国松彰、末次利光と競争が激しく、入り込む余地がなかった。当時はレギュラーが1試合出ずっぱりの“9人野球”が主流でしたし、今のように主力をたまに休養させる発想もなかった。若手がチャンスを掴むには、相当厳しい環境でした」

 柳田は移籍3、4年目に主に代打で67試合ずつ出場。5年目の1973年には、10月11日の阪神との天王山で、9対10と1点リードされた8回裏に同点ソロを放って引き分けに持ち込む活躍を見せた。同年、巨人は2位・阪神をわずか0.5ゲーム差で振り切っており、柳田の一発がなければ、V9は達成されなかったかもしれない。1974年には規定打席には到達しなかったが、102試合に出場して打率3割3分5厘を記録。徐々に出場機会を増やしていった。

「長嶋茂雄監督1年目の1975年、巨人は球団史上初の最下位に転落した。翌年、長嶋監督は塀際の魔術師と言われた高田繁をレフトからサードへコンバート。日本ハムから張本勲をトレードで獲得し、レフトで起用した。柳田はレギュラーを奪えず、このまま終わるかと思われました。しかし、1977年に大ブレイク。主に王貞治の後ろを打つ5番打者として打率3割4分、21本塁打、67打点を挙げて、2連覇に貢献。月間MVPを取った5月には、4割6分6厘と打ちまくりました。長嶋監督は“史上最強の5番打者”と名付けるほど、信頼を寄せました」

 巨人移籍9年目、29歳の柳田は初めて規定打席に到達し、レギュラーを奪ったのだ。それを踏まえると、廣岡の将来性にも期待は高まる。

「まだ24歳の廣岡は内野ならどこでも守れるし、外野もこなせる。不動の遊撃手である32歳の坂本勇人の後釜としても期待できるし、毎年のようにレギュラーが定まらない二塁を奪うかもしれない。柳田のように近未来、いや近々未来にクリーンナップを打っている可能性もある。長い目で見たい選手です」

 廣岡が、柳田の“史上最強の5番打者”のような称号を得る日は来るか。

関連記事(外部サイト)

×