メイウェザーvs那須川のドタバタ劇は猪木vsアリに似ている

メイウェザーvs那須川のドタバタ劇は猪木vsアリに似ている

”ご破算”もシナリオ通り?(Reuters/AFLO)

〈主催者側から不意打ちを食わされた〉──11月9日、ボクシング元5階級制覇のフロイド・メイウェザー(41・米国)の更新したインスタグラムに、世界は騒然となった。

 メイウェザーと言えば同5日、大晦日に開催される格闘技イベント『RIZIN』への参戦と、32戦無敗の天才キックボクサー・那須川天心(20)との対戦が発表されたばかり。

 1試合の平均ファイトマネーが50億円を超え、2015年には僅か2試合で350億円を稼いだ伝説のチャンプの参戦に、「世紀の一戦」と国内外のメディアは大騒ぎになったが、同日のインスタでは、〈俺は那須川との公式対戦には一度も同意していない〉と一転、対戦自体を否定した。

 メイウェザーはインスタグラムで、〈3分3回のエキシビションマッチで、純粋にエンターテインメントで公式戦ではなく、世界への中継もないと聞いていた〉と綴っており、“ガチンコ対決”と世界中継を発表した『RIZIN』側との齟齬を明かしている。

 ビッグカードの消失にファンは意気消沈しているが、格闘技界では別の見方が浮上している。

「正直、まだ試合の可否は分からないと思います。メイウェザーの“やるやらない問答”はいつものこと。出場キャンセルをちらつかせて、興行主から好待遇を引き出すのは彼の常套手段です。昨年8月にアメリカの総合格闘家と対戦した時も、直前まですったもんだのやり取りが繰り広げられました。結果、イベント自体に注目が集まり、興業は大成功となった。『RIZIN』もメイウェザー参戦を発表して以降、世界中のメディアが取り上げており、今回の騒動でもまた報道が過熱している。宣伝効果としては最高の素材です」(格闘技関係者)

 この手の駆け引きは格闘技界の“伝統芸”でもある。

「1976年に行なわれたアントニオ猪木vsモハメド・アリも、条件面で直前まで双方がぶつかり、開催中止が何度も取り沙汰されました。ファンのやきもき感を極限まで高めて、最後にあの大舞台を用意した。結果は“世紀の凡戦”でしたが(笑い)」(同前)

 来月あたり、しれっと“再参戦”が発表されたりして。

※週刊ポスト2018年11月23日号

関連記事(外部サイト)