大谷翔平は回復スピードも超一流 開幕スタメンもあるぞ!

エンゼルス大谷翔平が打者で開幕スタメンか 今季のア・リーグ新人王に選出

記事まとめ

  • ア・リーグ新人王に選ばれたエンゼルス大谷翔平は、オフシーズンになっても話題の中心
  • トミー・ジョン手術からの大谷の復帰は、5〜6月が濃厚と見られている
  • 大谷は回復スピードも超一流で、3月28日の開幕試合出場もあり得るとの情報が浮上

大谷翔平は回復スピードも超一流 開幕スタメンもあるぞ!

大谷翔平は回復スピードも超一流 開幕スタメンもあるぞ!

まさか開幕スタメン?(Sipa USA/時事通信フォト)

 オフシーズンに入ってもエンゼルス大谷翔平(24)はメジャーリーグの話題の中心だ。13日には今季のア・リーグ最優秀新人(新人王)に選出されたが、ファンの注目を集めているのが、トミー・ジョン手術からの復帰のタイミングである。

 エンゼルスのブラッド・オースマス新監督は、大谷の打者としての復帰について「開幕からシーズンの3分の1の期間中に」と話している。そのため5~6月が濃厚と見られているが、ここに来て「3月28日の開幕試合出場もあり得る」との情報が浮上してきたのだ。地元のスポーツ担当記者がいう。

「ビリー・エプラーGMの説明によれば、術後5週間で大谷は右肘を完全に伸ばしきれるまでに回復している。これは同じ手術を受けた他の選手と比較しても、驚くほど順調です。

 大谷が左打者であることも早い復帰を後押しする。右打者と比較して右肘への負担が少ないからだ。球団は無理させるつもりはないだろうが、同じ地区の強敵・アストロズの開幕ダッシュを防ぐには、大谷の打棒に頼りたいのも本音だ」

 営業面でも、大谷が開幕に間に合うことは大きい。

「大谷が衝撃のデビューを果たした今年4月のエンゼルスの観客動員数はメジャー全球団でトップ。当初10種ほどだったチームストアの大谷グッズも、いまや70種に増えている。来季の開幕に間に合うかどうかは、集客やグッズ売り上げに大きく関わってくる」(同前)

 高まる期待の一方で、大谷は地元アナハイムで黙々とトレーニングを続けているという。

「ボールやバットを握れなくても、ジムで下半身を中心に体をいじめ抜いているようです。日本からはテレビ出演などのオファーが引きも切らないが、大谷は“こちらのほうが集中できる”とアメリカでリハビリを続け、来春のキャンプ参加を目指している」(メジャー担当日本人記者)

「回復力」でも全米を驚かせるか。

※週刊ポスト2018年11月23日号

関連記事(外部サイト)