今年は48人参加も… 興行化するプロ野球トライアウトの悲哀

今年は48人参加も… 興行化するプロ野球トライアウトの悲哀

参加選手の中で最高齢だった34歳の西岡剛

 NPB(日本プロ野球機構)の球団を戦力外となった選手たちが、球界への生き残りをかけて挑む12球団合同トライアウトが11月13日に行われた。球界の秋の風物詩には、“異変”が見て取れた──。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 開場前のタマホームスタジアム筑後(以下、タマスタ。福岡県筑後市)には、徹夜組を先頭にした長蛇の列ができあがっていた。8時半にゲートが開くと、有料席となるバックネット裏からいっぱいとなり、続いて無料席となる両サイドの内野席が埋まった。

 今年のトライアウトに参加したのは投手29人、野手19人の計48人。

 熱心な各球団の野球ファンにとっても、そして行き場を失った選手の悲哀を描くメディアにとっても晩秋の一大イベントとなっているが、今年はどうも様子が違った。

 選手の出入り口をファンが占拠し、選手が到着すれば叫声をあげ、激励の言葉と共にプレゼントを手渡す若い女性ファンの姿も目立った。

 さらに報道陣も、実に170人(そのうち半数がテレビ局スタッフ)。トライアウトの様子は生中継され、無数のカメラが選手を、その家族を、追った。さらに、NPB以外の国内独立リーグや、社会人野球のチームを持つ企業、メジャーを含む海外の球団まで40チーム以上の関係者がバックネット裏に陣取っていた(ベースボール・チャレンジ・リーグ「富山GRNサンダーバーズ」の監督に就任したばかりの二岡智宏らの姿もあった)。

 とにかくトライアウトに集まる人間の熱量が、例年以上なのだ。

 12球団が持ち回りで開催しているトライアウトは今年、福岡ソフトバンクの担当だった。2年前に完成したタマスタは3113人しか収容できず、福岡ソフトバンクは混乱を避けるために、1500席を初めて有料(一般800円、各球団のファンクラブの会員証を提示すれば300円)にし、残りを例年通り、無料開放した。その理由を広報担当者が話す。

「過去のトライアウトでは、1万人を超えた例もあるとお聞きしました。ご覧のとおり、ここは3000人ちょっとのキャパシティしかありません。トライアウトは、12球団の選手が参加し、応援するファンの方々も遠方からもいらっしゃいます。そういう方々に安心して応援していただくために、先行販売を実施したのです。決して営利目的ではございません。お客様の数は、4000から4500を想定していましたが……」

 球場に入れないファンも続出。有料席と無料席の間の通路には、警備員を立てて混乱を回避していたが、無料入場者が有料席に座るようなシーンもあった。

 しかしトライアウトを二部制にして、昼の休憩時には空いた席に入場を待っていたファンに開放したこともあり、大きなトラブルとはならず、入場者数はのべ5536人。野球のイベントとしては同球場の最多記録となった。

 そして、主役となる選手である。トライアウトは、カウント1-1から始まるシート打撃方式で進んで行く。投手は打者3人(昨年までは4人だった)と対峙し、野手は4打席ないし5打席に立つ。

 ここ数年は“大物”の名がリストに並ぶことは少なかったが、今年は阪神を戦力外となった西岡剛(34歳で、参加選手中最高齢)、東京ヤクルトから構想外を告げられた成瀬善久(33)らも参加。ハイライトは、共に千葉ロッテに在籍していた2010年に日本一の栄冠を勝ち取った両者が対決した場面である。右打席から左中間を抜く二塁打を放った1歳上の先輩に軍配は上がった。

 西岡のコメントには、行き場を失った野球選手の悲哀があふれていた。

「対戦前にロッカールームで成瀬と会ったんですけど、『お互いにやるべきことを必死で、どんな球でも思いきって来い。真剣にいく』という話はしました。やっぱり、成瀬がマウンドに立っているというのは、思うところはありましたね。身近な関係者には、最後はロッテのユニフォームを着て引退するとずっと伝えてきました。(2011年に挑戦した)メジャー(ミネソタ・ツインズ)で結果を残して、日本に帰る時にロッテに戻れるような野球人生を歩んでいたら、それは最高なことだったと思うんですけど、いかんせん、僕の力がなかったわけで……(2012年オフに自由契約となり、阪神に入団)。シナリオからしたら、かっこ悪い感じになりましたが、今はオファーを待つしかない」

 しかし、このトライアウトから新たな居場所を見つけることがいかに困難であるかは、西岡はもとより参加選手なら誰もが知っているはずだ。一昨年は65人が参加したうち、NPBの球団に“再就職”できた事例は3人だけで、51人参加の昨年も3人である。それゆえ、過熱する報道とは裏腹に、かつては2回にわたって開催されていたトライアウトも数年前から1度の開催に縮小され、参加選手の数も減少傾向にある。

 また、獲得を希望する球団は事前に選手にそのことを伝え、選手も状態を確認してもらうことを目的に参加するケースがある。今年はトライアウトの終了直後に、さっそく横浜DeNAが元巨人の中井大介(28)の獲得を検討しているとの報道があったが、おそらく横浜も中井のトライアウト結果(3打数1安打2四球)で判断しているわけではないだろう。既に12球団の編成が終了しているタイミングで行われるのがトライアウトなのだ。つまり、もう空席はない。トライアウトの結果によって新たな道が拓けていくことは、限りなくゼロに近い。

 西岡や成瀬のような実績のある選手はまだしも、名前と足跡を球界に残せなかった選手にとっては、むしろ野球にけじめをつける「引退式」の色合いも濃い。

 元中日ドラゴンズの選手で、在籍わずか3年で2013年に戦力外となったあと、同球団のマネジャーを務めていた関啓扶(25)は、5年のブランクを経て今回のトライアウトに参加した。

「記念受験みたいなことを言われましたけど、自分の中でそういう気持ちはない。野球をやりきりたかったんです。来年からは野球以外の道も考えている。その踏ん切りをつけるための目的もありました」

 結果は1奪三振2四球。「これが今の実力です」。もし声がかからなければ、専門学校に通い、歯科技工士を目指すという。

「選手にとって、歯は大事です。野球と歯は切っても切れない感じなので、そういう面から選手を応援、サポートしていけたら……」

 この一球、この一打席で野球人生が変わる──それは感動仕立ての物語を演出したいメディア側の論理だ。全国から駆けつけるファンも、わずかな可能性を信じて熱い声援を送るが、選手の立たされている現実はより残酷だ。

 誰がためのトライアウトなのか。

 選手にとって最終試練であるはずのトライアウトが、主にテレビメディアのための“見せ物”となり、座席の有料化と共に興行化が進んでいることには、違和感を拭いきれないのである。

関連記事(外部サイト)