「絶好調」稀勢の里の休場、完全ガチンコ場所であるがゆえ

「絶好調」稀勢の里の休場、完全ガチンコ場所であるがゆえ

絶好調のはずが…(共同通信社)

“完全ガチンコ場所”であるがゆえの展開となった。九州場所前、スポーツ各紙は白鵬、鶴竜のモンゴル2横綱が休場を決めるなか、一人横綱となる稀勢の里が“絶好調”だと伝えていた。

〈稀勢 もちろん優勝 寡黙な男が珍しく断言〉(スポーツ報知、11月7日付)、〈出稽古で手応え 稀勢もちろん優勝〉(日刊スポーツ、同)といった派手な見出しが躍ったが、いざ場所が幕を開けると初日から4連敗。5日目からは休場に追い込まれた。

 メディアの“ヨイショ報道”が先走ったわけではない。稀勢の里本人も自信を持って臨んだはずの本場所だった。

「秋巡業にもフルで参加し、力が戻ってきているという自信があったようだ。もともと稀勢の里は、先代の師匠である鳴戸親方(元横綱・隆の里、故人)の方針から、他の部屋への出稽古にはほとんど行っていなかったが、今回の場所前は、対戦が予想される力士のところに出稽古に行った。そこで調子よく勝っていたから、上位陣とも十分やれる感覚があったのだろう。だが、フタを開けたら全然違った」(協会関係者)

 稀勢の里は出稽古で“圧勝”していた相手に、本場所で相次いで金星を献上した。それこそが、全員が全力でぶつかり合う“ガチンコ場所”の証明だった。

 2日目に敗れた妙義龍(前頭1)とは、出稽古の三番稽古では13勝2敗、同じく3日目に黒星を喫した北勝富士(前頭1)とは9勝3敗だった。

「スポーツ紙はその数字だけを見て、“絶好調”と報じていたが、ガチンコ力士として知られる妙義龍も北勝富士も、本場所でどう崩すかを研究していたはず。実際、最も集中している三番稽古の“最初の一番”では、どちらの力士も稀勢の里に勝っている。それを踏まえて本場所の取組を振り返ると、妙義龍も北勝富士も“稀勢の里の武器である左を封じる”という戦略が徹底できていた。出稽古でのシミュレーションを本場所で生かした」(同前)

 3日目の西の支度部屋で、北勝富士の気合の入り方は半端ではなかった。出入り口前のスペースに付け人2人を立たせ、長時間にわたって本番さながらの立ち合いの練習を繰り返していた。右からの押っつけのあと、左のど輪──まさに結びの一番で稀勢の里を仕留めた攻め口だった。

「金星をあげた後の支度部屋で、北勝富士は場所前の三番稽古はあくまで稽古で、『(本場所でやろうとしていたことは)出さずにいた。企業秘密ですから』と、さらりとコメントしていた」(担当記者)

 相手が進退の懸かった横綱であろうと、ガチンコ力士たちは全力でぶつかる。それが初日から横綱が4連敗するという前代未聞のドラマを生んだ。

 ガチンコ横綱の稀勢の里が一人で綱を張っていたからこその“波乱劇”でもあった。

※週刊ポスト2018年11月30日号

関連記事(外部サイト)