松坂大輔 「右肩の故障回復」では語り尽くせない復活の秘密

松坂大輔 「右肩の故障回復」では語り尽くせない復活の秘密

来季は18番を背負う(時事通信フォト)

 誰がこの活躍を予想したか──。日本球界に復帰してから「給料泥棒」と批判され続けた末に、背番号は「99」、年俸は「1500万円」と、堕ちるところまで堕ちた。その男が来年は再び背番号「18」を纏う。平成の怪物はいかにして甦ったのか。

 今季6勝4敗、防御率3.74の成績を挙げた中日・松坂大輔(38)が11月12日にカムバック賞を受賞した。背番号も「18」に変更され、プロ入り以来、長年慣れ親しんだエースナンバーを2年ぶりに取り戻した。1500万円だった年俸は1億円の大台にアップする見通しだ。

 横浜高校時代は春夏甲子園を連覇、レッドソックス在籍時にはワールドチャンピオンリングを手にし、WBCでは2度もMVPに輝いた。球界の頂点を極めた男は、2015年の日本球界復帰以降、“地獄”で喘いだ。

 右肩の故障により、ソフトバンクに在籍した3年間で一軍登板はわずか一度。3年12億円の大型契約とあって、メディアのみならずファンからも給料泥棒と揶揄された。昨年11月5日に自由契約が報じられるや、誰しもが“これで終わりか”という感想を抱いたろう。

 それが中日に移籍した今年、見違えるほどの復活を遂げたのである。一体、なぜ──。「右肩の故障の回復」だけでは語り尽くせない秘密があった。

●投球の「意識的」な変化

「復活した」とはいっても、全盛期の投球スタイルは見る影もない。20代までの松坂は、150キロ台の伸びのあるストレートと、打者の手元で鋭く曲がる高速スライダーで押していく本格派タイプ。この2つの武器で、名だたるスラッガーを相手に、三振の山を築いていった。

 しかし今年の松坂の直球の平均球速は139キロ。最高でも144キロしか出ていない。「変化球中心の軟投派」へと変身したのだ。

 データスタジアム社によれば、今季の球種の割合はカットボールが41%で直球の18%を大幅に上回る。直球の少なさは球界屈指だ。

 松坂のカットボールの特徴は、直球との球速差が非常に小さいことだ。139キロ弱の直球に対し、カットボールの平均は136キロほど。ほとんど変わらないスピードで鋭く横に変化する。横浜高の先輩で、ソフトバンクなどに在籍した野球解説者の多村仁志氏がいう。

「今年対戦した打者に感想を聞くと“全部の球種が同じフォームだから遅い球でも差し込まれる”と口を揃える。手元で変化するボールを操るようになって、大輔は確実に進化している」

 投球スタイルの変化に葛藤はなかったのか。同じく横浜高で松坂と同級生だった小池正晃・DeNA二軍外野守備走塁コーチは「今のスタイルこそ松坂らしい」と証言する。

「剛速球のイメージが強いでしょうけど、それは松坂の一面でしかない。高校時代から球は速かったけど、“直球が走ってない”と思ったらすぐ変化球中心に切り替えた。松坂の一番の長所は、打者との駆け引きと、自分の状態を考えてベストの投球ができることです。150キロが出るわけじゃないからこそ、最善の選択肢を必死で考えている。

 この間、横浜の同級生の後藤武敏(現・楽天二軍打撃コーチ)の引退試合で一緒になって、メシを食いました。右肩の治療で日本中の病院を回っていたソフトバンク時代と比べ、見違えるほど明るい笑顔でした。やっぱりアイツは野球が大好きなんです」

●「高いマウンド」なら勝てる

 松坂は今季の6勝のうち、5勝をナゴヤドーム(9登板)で挙げている。ホームで“客寄せパンダ”をやらされていると陰口も叩かれたが、実は松坂と本拠地球場の相性はすこぶる良いのだという。

 その理由が「高くて傾斜がある」ナゴヤドームのマウンドだ。松坂の入団当時、西武で一軍投手コーチをしていた野球評論家の杉本正氏は、こう振り返る。

「プロ入りした頃から“大輔の投げ方は高さのあるマウンドのほうが向いている”と当時の東尾修監督と話していたんです。だからデビュー戦はホームの西武ドームではなく、東京ドームでの日ハム戦に決まった。6回途中までノーヒットノーランの快投でプロ初勝利をあげ、鮮烈なデビューを飾りました。

 彼がソフトバンクを自由契約になる頃、“頑張れ”というメールを送りました。すると“もう少し頑張ってみます”と野球への情熱を失っていない声が返ってきた。だからこそ今の活躍があると思います。今年は下半身が使えるようになり、大輔ならではの躍動的なフォームを取り戻している」

●中日は「ベテラン放任」

 前出・小池氏は「中日は松坂にとってベストの環境だった」とも付け加えた。

「西武入団当時の投手コーチだった森繁和さん(前監督、現シニアディレクター)や、デニー友利さん(国際渉外担当)がフロントにいて、松坂の長所や短所を把握しているのはプラスに働いたと思います。

 また、中日はベテランにとって調整しやすい環境がある。私も現役時代、中日にお世話になりましたが、全体練習をきっちりやれば、個別練習で口出しされることはほとんどない。松坂は自分で考えて練習するタイプだから合っていたと思う」

 松坂はメジャー時代に「投げ込み過多」を批判され、球数を制限されるなどコーチから徹底的に管理されることで調子を落とした。中日での「オレ流調整」が奏功したということか。

●高めに投げていい

 元中日の大エースで、今年2月の春季キャンプで臨時コーチを務めた杉下茂氏も、松坂復調の気配を感じ取っていた。

「彼の場合、低めに投げようとした時に、フォームや指先に力みが出ているように見えた。だから“大雑把なコントロールでいいから、肩の力を抜いて高めにゆったりと投げたほうがいい”とアドバイスしたんです。すると球そのものに勢いを感じました。今年はいける、と思いましたね。

 来年は全身の力を抜くことを覚えてほしい。そうすれば、シーズンを通して先発ローテーションを守れるし、もっと勝てるはずです」

※週刊ポスト2018年11月30日号

関連記事(外部サイト)