稀勢の里現役続行を願う声、「引退後」の相撲界を憂うため

稀勢の里現役続行を願う声、「引退後」の相撲界を憂うため

初日から4連敗を喫し休場(共同通信社)

 九州場所前、絶好調だと報道等で伝えられていた横綱・稀勢の里だが、いざ幕を開けると初日から4連敗。5日目から休場に追い込まれた。“完全ガチンコ場所”であるがゆえの展開となった。

 5日目からの途中休場を巡っても、稀勢の里は重圧のなかでの決断を迫られていた。関係者の間では早い段階から休場が囁かれていたが、4日目までの稀勢の里は敗れた後の支度部屋では口を開かず、田子ノ浦部屋の宿舎は報道陣シャットアウトの態勢が続いた。

「3連敗したあたりで部屋の関係者からは“もう休場したほうがいい”“初場所で再起を図れ”という声があがっていた。秋場所は10勝5敗の成績だったから、即引退にはならないと考えていたからです。ただ、稀勢の里本人は最後まで出場にこだわった。初めての一人横綱ということにも、責任を感じていたのでしょう。現役時代の最高位が平幕の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)は、横綱に強くはいえない」(後援会関係者)

 稀勢の里には、田子ノ浦部屋の関係者だけでなく、所属している二所ノ関一門からの期待と重圧ものしかかってくる。

 貴乃花親方が9月末に電撃引退を発表し、旧貴乃花部屋の力士たちや同一門の部屋などを二所ノ関一門が吸収。その結果、関取22人を抱える一大勢力へと伸張した。

「所属する関取には、阿炎(あび・前頭7)、阿武咲(おうのしょう・前頭13)ら伸び盛りの20代の人気力士が多く、このままの勢いなら一門から理事長を出すのも夢じゃないような大派閥になってきた。そうした流れができているからこそ、タニマチから祝儀を集める上で最大の目玉となる日本人横綱には、少しでも延命してほしい。

 また、一門を超えて考えても、日本人横綱の存在は宝です。白鵬が2020年の東京五輪まで現役を続けて開会式で土俵入りをしたいと公言しているが、協会側が本当に“五輪土俵入り”の大役を果たしてほしいのは、日本人横綱でしょう。それだけに、(横綱の)白鵬、鶴竜が休んだ場所で復活優勝を果たしてもらいたかったのですが……」(若手親方)

 角界関係者の様々な思惑が交錯している。ただ、それらを抜きにしても、稀勢の里に現役続行を願う声はやまない。それは“稀勢の里が引退した後の大相撲”に、明るいビジョンが全く持てないからだろう。

「日本人横綱がいなくなれば、今以上にモンゴル勢が土俵を席巻し、面白い相撲が見られなくなるのではないか」(同前)

 そんな懸念の声が数多く聞こえてくる──。

 右膝の手術をして休場した横綱・白鵬は、本場所が始まってからも福岡にとどまっていた。稀勢の里が3連敗を喫した翌朝、福岡市中心部から車で40分ほどの篠栗町にある宮城野部屋の稽古場を取材に訪れた。部屋の若い衆は「朝稽古に出るか出ないかは横綱次第です。今日ですか? わからないですね」とそっけない対応だった。

 ただ、1時間ほどすると白鵬が稽古場に姿を現わす。空気が一瞬にしてピンと張り詰め、白鵬の内弟子である十両力士の炎鵬(えんほう)と石浦の表情が一気に真剣になるのがわかった。

 白鵬はサポーターや包帯はつけていない。柔軟運動を終えると土俵の周りを歩き回り、力士たちに檄を飛ばす。いつの間にか、宮城野親方(元前頭・竹葉山)は姿を消していた。

 炎鵬、石浦が土俵に上がって立ち合いの稽古を始めると、そこでも白鵬が指示を出す。自身は四股やすり足、鉄砲などの軽い調整に終始した。

「宮城野部屋の関取は全員、白鵬の内弟子なので、稽古場は“白鵬部屋”のような雰囲気です。場所後の冬巡業には出ると宣言しており、稀勢の里の星勘定を見て、俄然やる気を出しているように見えます。

 また、白鵬は帰化申請の準備をしており、十分な実績を残して引退した後は宮城野部屋をそのまま白鵬部屋にする計画ではないか。さらには他の部屋を吸収合併し、複数のモンゴル人力士を抱える部屋にする構想もあるとされる。鶴竜も帰化して引退した後は井筒部屋を継ぐとみられ、そうした勢力が角界を取り仕切るようになっていくのではないか」(別の担当記者)

※週刊ポスト2018年11月30日号

関連記事(外部サイト)