FAは失敗が9割 行使後にキャリアハイ達成は86分の7

浅村栄斗、炭谷銀仁朗、西勇輝、丸佳浩が今オフFAに名乗り “FAの9割失敗”との声も

記事まとめ

  • 西武・浅村栄斗、炭谷銀仁朗、オリ・西勇輝、広島・丸佳浩が今オフFAに名乗りを上げた
  • プロ野球のデータに詳しいジャーナリストは「“FAの9割は失敗”と言っていい」と語る
  • 広澤克実氏は、長嶋茂雄さんの期待に応えようとの気持ちが強くなりすぎたと振り返る

FAは失敗が9割 行使後にキャリアハイ達成は86分の7

FAは失敗が9割 行使後にキャリアハイ達成は86分の7

FA移籍が決まった浅村栄斗(時事通信フォト)

「三顧の礼」で迎えられながら、期待された活躍ができない“FA組”は、これまで数多くいた──。メジャーリーグを参考に、日本球界にFA制度が導入されたのは1993年オフのことだ。以降、権利を行使して国内の球団に移籍した選手はのべ86人いる。プロ野球のデータに詳しいジャーナリストの広尾晃氏が解説する。

「大枚をはたいて獲得しても、主力として活躍する期間は平均して2年程度。移籍前後の成績を比べると、移籍後にキャリアハイを記録した選手はたった7人しかいません。ほとんどの選手が成績を落とし、中にはまったく試合に出なかった選手もいた。数字で見ると、“FAの9割は失敗”と言っていい」

 最多勝投手(1998年)を経験しながら、移籍後に1勝も挙げられずに引退した川崎憲次郎(2000年にヤクルト→中日)のような選手もいるだけに、広尾氏の分析は説得力を持つ。

 そんなFA戦線に、今オフは西武の浅村栄斗(28)、炭谷銀二朗(31)、オリックスの西勇輝(28)、広島の丸佳浩(29)の4人が名乗りを上げた。クリーンナップを打つキャプテンとして17度目のリーグ優勝を果たした「山賊打線」を牽引した浅村が、先陣を切って楽天への移籍を表明したが、これだけ“失敗例”が多いと、来季以降もこれまで通りの輝きを維持できるのか、不安を覚えるファンは少なくないはずだ。

 1994年オフにFA宣言し、ヤクルトから巨人に移籍した広澤克実氏は、1年目は全試合に出場し、107安打、20本塁打、72打点の成績を残したが、2年目はケガの影響で38試合の出場に留まった。広澤氏が振り返る。

「成績が残せなかった原因ですか……。やはり、いい格好をしようとする“よそ行きの野球”をやっちゃダメということですかね。(当時監督だった)長嶋茂雄さんに誘っていただいたこともあり、“なんとか期待に応えなくては”という気持ちが強くなりすぎた。それと、移籍の前にヤクルトの球団社長と(年俸などの待遇面で)揉めていましたからね……。

 なんとか巨人で活躍して見返してやろうという思いもあった。自分の力以上のものを出そうとして力んでしまっていたんだと思います。人間、120%の力を出そうとしても出るわけない。そうしようと意気込むほど凡打の山。あの頃の自分は、それがわからずに空回りばかりしていました」

※週刊ポスト2018年12月7日号

関連記事(外部サイト)