85歳の凄腕エージシューター ベストスコア66達成は78歳の時

85歳の凄腕エージシューター ベストスコア66達成は78歳の時

エージシュート1200回超の赤崎俊美氏(85歳)

 ゴルフのラウンドを自身の年齢以下のスコアで回る「エージシューター」は多数いるが、鹿児島県に住む赤崎俊美氏(85歳)は過去1238回ものエージシュートを達成した。スゴ腕シニアゴルファーのラウンド生活を聞いた。

 * * *
 営業マンだった現役時代も仕事の付き合いでゴルフをしていましたが、本当に楽しいと思えるようになったのは定年退職した60歳からです。

 私がベストスコア66を出したのは78歳の時でした。年齢に関係なくやる気次第で上達できる。それがゴルフの魅力だと思います。

 もちろんエージシュートは年齢との戦いでもあるので、誰にでも達成できるわけではありませんが、たとえば私がそうだったように、定年後に時間を持て余している方がゴルフを始めたとしても、達成するチャンスはあると思います。

 最近、ようやくシルバーティから打つようになりましたが、それでもコースの月例会や研修会ではレギュラーティで回っています。ラウンドすればほぼエージシュートですから、今はゴルフが楽しくてしようがありません(笑い)。

 目標は今年中にエージシュート1400回を達成すること。熊本の植杉乾蔵さん(95)の記録(1472回)に迫って、健康であればその翌年の87歳で1500回を成し遂げたいです。

●あかさき・としみ/昭和8年7月18日生まれ、鹿児島県出身。月間ラウンド数14回でアベレージは77.68。ドライバーの飛距離は190ヤード。ウッドはファイズで3・5・7番、UTはキャロウェイの6番と7番で、アイアンはミズノで7番から。ホールインワン5回。ベストスコアは66、ハンデキャップ2。

取材・文■田中周治 撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2019年2月8日号

関連記事(外部サイト)