金田正一氏「若乃花の稽古を取り入れてワシは400勝できた」

金田正一氏「若乃花の稽古を取り入れてワシは400勝できた」

相撲にも一家言持つ金田氏

 400勝投手の“カネやん”こと金田正一氏は、現役時代、相撲の稽古を練習に取り入れた経験がある。稀勢の里が引退し、次の日本人横綱誕生が望まれているが、次期横綱の条件に金田氏は「強靭な肉体」を挙げる。

「ワシは東富士や千代の山、『栃若』と呼ばれた栃錦と初代・若乃花、玉の海、輪島といった名横綱たちや、貴ノ花(元大関)などとの付き合いがあったが、彼らと今の力士たちは、体の作りがまったく違う。

 ワシには若乃花の記憶が鮮明に残っているが、とにかく時間をかけて股割をしていた。ワシはこれを参考にして、内転筋(内ももの筋肉)が腫れ上がるほど鍛えた。そのおかげで、400勝ができたと思っておるのよ。

 内転筋を鍛えれば柔軟性が出て、大きな体を自由に動かすことができる。下半身が柔らかいから、白鵬は土俵際で粘れる。最近の力士にケガが多いのも、内転筋を軽く見ているからじゃよ。稽古嫌いといわれた輪島ですら、下半身は常に鍛えていた」

 初場所も、上位陣に休場が相次いだ。好角家が“将来の横綱”と期待する6力士(高安、貴景勝、御嶽海、阿武咲、矢後、納谷)のなかでは御嶽海が途中休場したが、他の力士もおしなべて「ケガ耐性」の評価が低い。そこが日本人横綱誕生への最大の障壁かもしれない。

「今の力士たちを見ると、横綱になれそうな体つきをしていない。無理に太らせてパワーだけでやっているという印象だな。

 その中で、御嶽海は鍛えれば横綱として理想的な肉体になれる可能性はあるな。ただ、もっと稽古を積まないといけないというのも正直なところじゃ。錦木(前頭2)も期待できるが、あの大きな体が忍者のように変化できる機敏な体にならなければダメ。貴景勝(関脇)も面白い力士だとは思うが、やはり柔軟な筋肉とはいえないな。

 可能性があるのは、遠藤(前頭9)や阿炎(前頭10)のような四股で足が高く上がる力士だろうが、あとは、どれくらい稽古を重ねていけるかじゃろうな」

※週刊ポスト2019年2月8日号

関連記事(外部サイト)