悪童だった原口元気 教育係・槙野智章の褒めるスキルで更生

悪童だった原口元気 教育係・槙野智章の褒めるスキルで更生

準決勝のイラン戦後も並んでサポーターに挨拶する原口と槙野(時事通信フォト)

 アジアカップを2大会ぶりに制するためには、MF原口元気の攻守にわたる献身的な動きが鍵になるのは論を俟たないところだ。前線から積極的にプレスをかけながら球際で勝ち、決定力も見せるその底知れない運動量は驚異的ですらあるが、原口のプレースタイルはかねてからそうであったわけではない。Jリーグ発足時からレッズをウォッチするライターの麻野篤氏が指摘する。

 * * *
 後半アディショナルタイム、ドリブルでペナルティエリアに侵入した原口元気が左足を振り抜くと、ダメ押しの3点目がゴールネットを揺らした。眼前のスタンドに歩み寄り、歓喜の日本サポーターを煽るように両手を振り上げる。原口らしい闘志あふれるアクションだったが、その表情はどこか柔らかで、心の余裕のようなものさえ感じさせた。

 浦和所属時代には、チーム内で数々のトラブルを引き起こし、“悪童”ともささやかれた原口元気は、そこにはもういなかった。

 2009年に17歳で浦和レッズユースからトップチームに昇格した原口は、順調にキャリアを積んでいった。当時のフォルカー・フィンケ監督の若手育成路線もあって徐々に出場機会を増やしていくと、2011年にはJリーグで9得点を記録、ナビスコカップではニューヒーロー賞も受賞している。

 この年、監督がゼリコ・ペトロビッチに交代。サイドでの1対1の仕掛けを好む指揮官と原口のドリブル志向が好相性を示したともいえるものだった。

 ところが、シーズン最終盤に事件が起きる。リーグ戦終了直後の12月10日のトレーニング後に、ユース時代からのチームメイトである1つ下の岡本拓也(現・湘南ベルマーレ)に左肩関節脱臼というケガを負わせてしまったのだ。

〈岡本拓也の悪ふざけをきっかけに原口元気ともみ合いとなり、コーチが制止に入ったが、離れ際、倒れた岡本に対し原口が蹴り、左肩関節脱臼のケガをしました。クラブは事実を確認し、原口、岡本も十分に反省しておりますが、原口に対して譴責と本日より一週間の謹慎処分にいたしました。岡本に対しても厳重注意をいたしました〉(オフィシャルHPより)

 チーム関係者やサポーターにも動揺が広がった。原口の好調ぶりとは裏腹に、この年のチームは序盤戦から低迷。シーズン途中に堀孝史監督への交代も経ながら、最終節になんとか残留が決まるという体たらくだったこともある。

 加えて、最終節では優勝に王手のかかった柏レイソルに完敗。ホーム埼玉スタジアムのピッチ上でシャーレを掲げられるという屈辱も味わった。そんなタイミングでの下部組織出身の期待の若手同士が引き起こした、あまりにも幼稚な出来事だったのである。

 原口本人も事の重大性を認識して、1週間後に自らの言葉で反省を表明している。そこには、岡本への謝罪やサポーター・チーム関係者に対して多くの反省の弁を述べるとともに、

「もっと謙虚な人間にならなければいけない」
「これまでは、どこか調子にのっている所があった」

 といった心情の吐露もなされていた。

 年が明けて2012年1月。一人の男がチームに加入した。槙野智章だ。槙野はすでに日本代表のキャリアも持ち、広島からドイツブンデスリーガの名門1.FCケルンを経ての移籍だった。その経験が見込まれたのか、槙野は浦和のスカウトから原口の教育係を頼まれたという。

 槙野いわく「サッカー選手としては最高の選手」の一方で、「礼儀やあいさつなどはビックリするくらいできなかった」という原口を辛抱強く指導。原口の言動には、徐々に変化がみられていったという。

 この時期、日本代表経験もあるベテラン選手が「元気は変わりましたね。“おはようございます”が言えるようになった。昔は首を振りながら“ちぃーっす”でしたから(笑)」と明かしていたから、確かに原口は変わり始めたのだろう。

 ただ、人間そんなに急に変わるものでもない。その後も原口は小さなトラブルをたびたび起こしている。

 2012年9月、国立での柏戦では交代直後に感情を露わにしてベンチでひと悶着。2013年の6月には練習中に不満を表し、クーラーボックスを蹴り上げるなどして練習が中断。メディアを騒がせた。

 この時期の監督だったミハイロ・ペトロヴィッチは、組織的なコンビネーションを重視する指揮官であり、ドリブル突破が得意な原口にとって、適正ポジションが少ないシステムということも相まって、ストレスがたまる時だったのかも知れない。

 だが、ペトロヴィッチは原口をかばった。

「試合後に原口とは話をしましたし、なぜ交代させたということ、あるいは私は監督であるとともに彼に人間性というものも学んでほしいと思っている人間として、選手として、人として、自分のふるまいがどうであったかということを彼と話しました。彼はそれを十分に理解し、行なった行為について後悔し、反省しています」(2012年10月7日の試合後会見=オフィシャルHPより)

「元気という選手は決して悪い人間ではありません。彼は非常に純粋であり素直な人間です。時として感情の高ぶりを自分で抑えられないことは事実ですが、どんな人間にもいい部分とそうでない部分があると思います。彼はそういった自分の情熱的な部分を抑えられるように、できるだけそれをコントロールできるようになっていってほしいと思いますし、これから努力するべきだと思います」
「どんな人間にも間違いはあると思います。その間違いから学んでくれれば私はいいと思います。我々も家族として彼をサポートできれば」
「若い選手に間違いがあったとしても、我々はその間違いを正してあげたいと思います」(2013年6月22日の試合後会見=オフィシャルHPより)

 心の内面までを見透かされたような数々の言葉は、原口の胸に突き刺さったのだろう。いずれのケースでも原口は即座に謝罪し、チームメイトもそれを受け入れた。

 2014年、原口はドイツブンデスリーガのヘルタベルリンへの移籍が決まった。壮行試合となった6月1日のナビスコカップ名古屋戦。後半15分、原口のフリーキックのこぼれ球をゴールに押し込んだ槙野は、すかさずユニフォームを脱ぎ捨てた。あらわれた赤いアンダーシャツの背中には原口の背番号9。前面には「浦和→ドイツ=ロシアW杯 バイバイ泣き虫ゲンキ!!元気!!」の文字が。教育係からのちょっと辛口な激励メッセージだった。

 海を渡った原口は格段に成長した。いつしか素行について物議を醸すようなことはなくなっていった。

 2016年10月、13年ぶりにレッズがナビスコカップを獲った。数日後、クラブハウスには祝福の赤い花束が贈られた。原口が手配したものだった。

 槙野は花の写真を添えて、インスタグラムで嬉しそうに報告した。

〈ここまで出来るようになったとは、教育係として本当に嬉しいよ!!! 俺が2012年に浦和に来て原口元気というヤンチャな選手の教育係になった。そんな男が時間を重ねるとたくましく、強く変わっていった。

 人前でスピーチをし、結婚もし、人にありがとうも言えるようになり、エレベーターの開くボタンも押せるようになり、先輩のご飯にも「ご馳走様になりました」まで言えるようになった。本当に嬉しかった。今は日本を代表する選手までになった。泣き虫元気が、ここまで大きくなった〉

 最大限の賛辞だった。

 その後の活躍はいうまでもない。日本代表に定着するばかりか、代表史上初となるW杯最終予選4試合連続得点も記録した。ハリルホジッチ体制下では、慣れないボランチで起用されても、「日本が勝つために仕事がしたい」と不満は一切口にせずに必死にプレーし続けた。ポジションや処遇に一喜一憂していたかつての姿は垣間見えなくなった。

 ロシアワールドカップのベルギー戦、ゴールを決めた原口が真っ先に飛びついたのはベンチにいた槙野だった。

 そして今回のアジアカップ。日本代表チームの8番は、若き日の過ちを乗り越え、成熟したサッカー選手そのものである。それは、数々の間違いから何かを学んだ若者の姿ともいえるだろう。

 失敗は乗り越えられる。多くの人に見守られながら、原口元気は決勝のピッチに立つ。

関連記事(外部サイト)