元木大介コーチ “曲者ノック”で岡本和真を右往左往させる

元木大介コーチ “曲者ノック”で岡本和真を右往左往させる

V奪還を目指す巨人

 栄光の巨人軍復活を目指して、“第3次政権”をスタートさせた原辰徳監督。その原監督が「キャンプのMVP」として名前を挙げたのが元木大介・内野守備兼打撃コーチ(47)だ。宮本和知・投手総合コーチ(55)とともに“タレント出身コンビ”として話題を集めているが、キャンプ、オープン戦と一貫して若き4番・岡本和真(22)のお目付役を務めている。

 元木コーチは、引退後、“おバカキャラ”でバラエティに進出し、俳優業、飲食店経営など球場外での活動が世間をにぎわせた。過去には週刊誌の対談で、巨人OBからそうした活動について苦言を呈されていることを明かしたが、〈僕は正直、ひがみだろうと思ってるんです。「あんた、(テレビに)出られないんでしょ」って〉と、気にする様子も見せなかった。

 そんな元木コーチは、現役時代の自身のプレースタイルをコーチになってからも踏襲しているという。

「現役時代は曲者として鳴らしましたが、ノックの打球も“曲者”なんです。強烈な打球を打ったかと思えば、鈍い回転の球を左右に振ったりと、実戦的で嫌らしいノックをする。岡本のユニフォームは見る見る真っ黒になっていく。現役時代を彷彿させる予測不能のバットコントロールです。

 ただ、当の元木コーチはキツそうな岡本の顔を見てすごく嬉しそうな顔をしているので、ただ意地悪なだけかもしれません(笑い)」(巨人担当記者)

 タレントとしてテレビに出演していたときは、おバカキャラだったこともある元木コーチ。巧みなプレーから、かつて長嶋茂雄氏に「曲者」と評されたときの達人ぶりを発揮しているようだ。

※週刊ポスト2019年3月29日号

関連記事(外部サイト)