阿武咲と大栄翔の危うい写真流出騒動、親方「これはだめ」

貴景勝のライバルに名が挙がる阿武咲と大栄翔に女性との密着写真流出騒動で物議醸す

記事まとめ

  • 貴景勝のライバルに名が挙がる阿武咲と大栄翔の写真が流出し、問題視されているという
  • スナックで撮影されたと見られ、阿武咲と大栄翔はラフな格好で若い女性と密着している
  • 一昨年末、貴景勝らが銀座をジャージ姿で歩いていたところを報じられ協会から厳重注意

阿武咲と大栄翔の危うい写真流出騒動、親方「これはだめ」

阿武咲と大栄翔の危うい写真流出騒動、親方「これはだめ」

流出した写真(左が大栄翔。右が阿武咲)

 貴景勝(22、関脇)の大関昇進がかかったことで、春場所は久々に若手力士の奮起が注目を集めた。だが、その裏では同世代の力士の「危うい写真」をめぐって相撲協会に不穏な空気が忍び寄っていた──。

 貴景勝がリードする世代交代の流れが起きる中、ライバルとして名前が挙がるのが、阿武咲(22、前頭5)と大栄翔(25、前頭2)だ。

「2人とも貴景勝と同じ突き相撲スタイルで頭角を現わしました。阿武咲は貴景勝よりバランスが良く、“将来の横綱候補”と推す関係者は多い。大栄翔は春場所で2大関に完勝し成長を印象づけた」(ベテラン記者)

 2人とも、貴景勝と仲がいいことで知られる。

「大栄翔は埼玉栄高校で貴景勝の3学年先輩にあたり、親友として有名。〈巡業では同じタオルにくるまって寝ころぶほどで、はたから見れば恋人だ〉(日刊スポーツ)と書かれるほど。阿武咲と貴景勝は同い年で中学時代からライバルとしてしのぎを削ってきたが、土俵の外では大の仲良し。巡業でもこの3人で行動を共にする姿がよく目撃されています」(同前)

 そんな阿武咲と大栄翔の“プライベート写真”が流出し、一部で問題視されているという。

 本誌が入手した写真は、昨夏に埼玉県内のスナックで撮影されたと見られるもの。店内で若い女性と密着する2人の姿が写っている。テーブルの上には酒やたばこ、トランプなどが乱雑に置かれている。写真は複数あり、阿武咲が満面の笑みで女性の腰に手を回しているものもある。

 もっとも成人の2人が酒を飲むのも、プライベートの時間をどう過ごそうとも、問題はないだろう。ややハメを外し気味とはいえ、なぜこの写真が物議を醸すのだろうか。相撲協会関係者がいう。

「まず、ラフすぎる2人の格好です。力士規定では、外出時には着物か浴衣を着ることを義務づけています。貴ノ岩への暴行事件が問題になっていた一昨年末、貴景勝らが銀座をジャージ姿で歩いていたところを写真週刊誌で報じられ、協会から厳重注意を受けています。暴行事件以降、協会は規律を厳しくしており、春場所の前には力士規定の改定で長い爪やヒゲまでが禁止されたばかり。そんななかでこんな写真が出回っているとなれば、協会としても何らかの対応をせざるを得ない」

◆「これをエサに脅されたら……」

 加えて角界関係者が懸念したのは写真の流出経路だった。件のスナック関係者が明かす。

「昨年の夏頃から阿武咲と大栄翔がよく訪れると噂になっていた。店にはいろいろなお客が出入りしていたが、最近になって地元の暴力団関係者の間で2人の写真が出回るようになった。期待の若手力士が私服姿で、女性と親しげに酒席で騒いでいる……これは何かに使えるんじゃないかって話も出ていた」

 角界にとって、暴力団絡みのスキャンダルは大きなトラウマである。2010〜2011年にかけて、親方の仲介で暴力団幹部が本場所を観戦していたことや、親方が暴力団の関係企業から場所中の宿舎を借りていたことなど、暴力団がらみの不祥事が次々に発覚。その後も現役力士による暴力団の資金源となっている野球賭博への関与が発覚し、八百長メール問題に波及するなど角界を揺るがす一大スキャンダルに発展。協会は2010年8月に「暴力団等排除宣言」を出し、出直しを図るため全力士を集めた講習会を開くなど、対応に追われた経緯がある。

「現在でも協会の一番の懸念が暴力団との交際であることは間違いない。もしこれをエサに暴力団に脅されていたらどうなっていたか、やはり脇が甘かったと言わざるを得ないのではないか」(前出・ベテラン記者)

 この2人が貴景勝と親しいことも心配の種だという。

「写真が撮られた当時、貴景勝はまだ貴乃花部屋に暮らしていた頃だったが、今は一人暮らしを始めている。今や協会の看板力士となった貴景勝が万が一、暴力団がらみのトラブルに巻き込まれたりしたら、角界を揺るがす事態になりかねない」(同前)

 写真が撮られた埼玉のスナックは、大栄翔の所属する追手風部屋から車で20分ほどの距離にある。記者が訪ねると、従業員の女性はこう話した。

「2人で来てたよ。場所前は絶対に来ないけど、場所が終わってから何回か来てくれた。阿武咲が(店員の)〇〇ちゃんの家族と親しいみたい。阿武咲の部屋(阿武松部屋)は千葉の幕張でしょ。タクシーでここまで来てくれたの。ただ部屋の決まりが厳しくて外で飲むのはいま御法度らしいから、親方に怒られないように内緒でね」

 阿武松親方は現在、協会理事として審判部長の要職に就いている。親方を直撃し、私服姿の写真を確認してもらうと、「これはだめです、心から注意しておきます。(記事になれば)協会から注意とか処分を受けると思いますが、師匠の私ともども反省して、謝罪させていただく。もちろん暴力を振るうわけではないが、現時点では私から大目玉を与えます」と頭を下げた。

 新世代を担う力士たちが、相撲協会の“悪しき伝統”に再び翻弄されるようなことだけは、避けなければならない。

※週刊ポスト2019年4月5日号

関連記事(外部サイト)