ウオッカ、エアグルーヴ…牡馬に伍して活躍した平成の名牝馬

ウオッカ、エアグルーヴ…牡馬に伍して活躍した平成の名牝馬

平成の牝馬を振り返る

 ダービーをはじめ7つのGIを勝ったウオッカが、平成最後の月に繋養先のアイルランドで死亡した。彼女に代表されるように、平成は多くの名牝が牡馬に伍して活躍した時代でもあった。競馬歴40年のライター・東田和美氏が、競馬の歴史を彩った牝馬についてお届けする。

 * * *
 平成16年(2004年)、JRAは創立50周年を記念して52頭の「時代を駆け抜けた名馬たち」をレース名に刻んだが、牝馬はたった2頭。昭和61(1986)年の三冠馬メジロラモーヌと平成9年(1997年)の天皇賞(秋)などを勝ったエアグルーヴだけだった。

 いまファン投票などで「平成の名馬たち」を50頭選ぶとすると、10頭を超える牝馬がランクインするだろう。ウオッカとエアグルーヴはもちろん、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ダイワスカーレット、スイープトウショウなど牡馬を破ってGIタイトルを獲得した馬も数多い。三冠牝馬もスティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、そして、3歳にしてジャパンカップを驚異のレコードで勝つアーモンドアイという怪物も現われた。年度代表馬も牝馬が7回受賞している。

 かつてクラシック戦線である程度の結果を出した牝馬は、早めに繁殖に上がるケースが多かったが、平成に入って古馬牝馬の活躍が目立ってきた。3年の安田記念とスプリンターズSを勝ったダイイチルビーをはじめ、ニシノフラワー、シンコウラブリイ、ノースフライトなど、「切れ味」を生かすだけでなく、牡馬に競り勝つ強さも兼ね備えていたが、それでも主戦場はマイルまでだった。

 平成8年、新たに3歳馬(当時は4歳)限定のGI秋華賞が新設、これまで3歳馬に限定されていたエリザベス女王杯が古馬にも開放され、牝馬路線の充実も図られるようになった。この年JRA初の女性騎手が3人誕生したのも、この流れと無縁ではないのだろう。

 しかし牝馬限定路線に反発するかのように、翌9年にエアグルーヴが天皇賞(秋)を牝馬として17年ぶりに勝つ。ジャパンカップでも日本馬最先着の2着に入り、この年牝馬として26年ぶりの年度代表馬に選出された。

 この後、平成中期(10年代)は、サンデーサイレンス牡馬や外国産馬に押され、男勝り牝馬の活躍は数えるほどだったが、平成後期になってからはウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナが入れ替わりで古馬戦線の主役に君臨、平成後期10年のジャパンカップでは牝馬が6勝と牡馬を上回り、年度代表馬も5回受賞した。

 さて、そんな未来の女傑になろうかという3歳牝馬による今週のフローラS(平成12年までは4歳牝馬特別)だが、残念ながらこのレースで出走権を得てオークスを制したのはレディパステルとサンテミリオンの2頭だけ。平成では1番人気が10勝2着7回と堅実そうに見えるレースだが、一筋縄ではいかない。

 ダービーのトライアル青葉賞は2着まで、プリンシパルSにいたっては1着だけしか権利を得ることができないが、オークストライアルのフローラSではかつて3着までに出走権が与えられていた(昨年から2着までに優先出走権)。1、2着をめざすためには勝つための乗り方を考えなければならないが、3着狙いでよいのなら、また別の乗り方があり、そのために紐が荒れてきたのかもしれない。

 昨年は1番人気のサトノワルキューレが強い競馬で勝ったが、2着には13番人気パイオニアバイオが入って、馬連は万馬券となった。三連単の発売が始まった平成17年以降、1万円以下は1回だけ。100万馬券が2回、ここ3年はいずれも二桁人気馬が絡んで22万、39万、11万と荒れている。

 GIIでありながら1勝馬が10勝。未勝利を勝った次のレースで馬券に絡んで高配当をもたらしたケースも目立つ。1つミッションをクリアして肩の荷が降りたところで、思い切った乗り方を目論むことができるとも考えられる。

 人気はOP勝ちのあるウインゼノビアやヴィクトーリアなど500万条件を勝っている馬に集まりそうだが、重賞4着があるシャドウディーバやパッシングスルー、もしかしたらとんでもない大物かもしれないセラビアといったところも穴人気になりそう。

 高配当を出しているのは、むしろ前走条件戦で敗れているキャリア豊富な馬。とくに愛馬会(クラブ)所属馬はこの先新規募集を控えて「オークス出走」という実績を作りたいところ。フォークテイルやレオンドーロあたりがパドックで気持ちよさそうに歩いていたら、連下につけておくというのもいいかもしれない。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター

※週刊ポスト2019年4月26日号

関連記事(外部サイト)