広島の不安は「守り」の綻び 菊池・田中の二遊間の失策増加

広島の不安は「守り」の綻び 菊池・田中の二遊間の失策増加

二遊間コンビが心配?(時事通信フォト)

 早くもシーズンの約3分の1が経過し、6月4日から、前半戦の山場である「交流戦」が始まる。近年、交流戦の結果が、ペナントの行方を大きく左右している。交流戦で勝ち星を伸ばせなかったチームは“終戦”になりかねない。

 セの首位争いは交流戦直前に景色が大きく変わった。巨人が1か月間守ってきた首位の座から陥落、変わって浮上したのは、4月には最大で借金8を背負い最下位に沈んでいた広島。5月中旬の11連勝で、ここ3年の指定席を奪い返している。

 ゴールデンウィークの12連戦を終え、選手の疲労もピークの中で、6月4日からは交流戦が始まる。中盤以降のペナントレースを左右する重要な戦いだ。

 リーグ4連覇と悲願の日本一を目指す広島は、丹念に見ていくとチーム状態は決して芳しくない。ともに「交流戦で大連敗」という悪夢を招きかねない懸念が見え隠れする。

◆依然として投手陣が心許ない

 広島は、首位に初めて立った翌22日もエース・大瀬良大地(27)の完投で接戦を制した。その後、チームは連勝を11まで伸ばした(5月26日現在)。

 2年連続MVPの主軸・丸佳浩(30)がFAで巨人に移籍し攻撃力が大幅ダウンしたのに加え、序盤は鈴木誠也(24)やジョンソン(34)、野村祐輔(29)ら投打の柱が絶不調。

「それでも、5月に入ると3人とも本来の力を取り戻し、鈴木は中旬に3試合連続タイムリーにサヨナラ弾と今や絶好調。心配されていた丸の穴を野間峻祥(26)や西川龍馬(24)が埋め、チームがうまく回り始めた」(スポーツ紙記者)

 だが、不調から立ち直ったかに感じられる広島にも解消できない悩みがある。チームのウリだったはずの「守り」の綻びだ。

「今季は開幕からエラーが多く、エラーが出た試合は勝ち星を逃すケースが多い。しかも、名手・菊池涼介(29)と田中広輔(29)の最強の二遊間コンビ“タナキク”が失策を重ねている。

 特に田中の不振は深刻。打撃でも打率1割台で不動の1番からも外れた。ケガを抱えながらプレーしていたとも言われ、交流戦には不安が残る。普段プレーしていない慣れない球場という環境の違いもありますからね」(スポーツ紙デスク)

 田中は5月から下位打線に回り、代わりに野間が切り込み隊長役に。今のところ代役を十分に果たしているが、普段対戦しない投手と当たる交流戦で調子を維持できるかは未知数だ。辛口評論で知られる江本孟紀氏は投手目線でこう話す。

「アドゥワ(誠、20)が先発ローテーションに食い込んできましたが、広島は依然として投手陣が心許ない。投手陣さえ揃えば、交流戦をなんとか乗り切って、その先に4連覇も見えてくるが……」

 万年Bクラスだった広島をリーグ3連覇にまで引き上げた名将・緒方孝市監督(50)は就任5年目の難局を乗り切れるか。

※週刊ポスト2019年6月7日号

関連記事(外部サイト)