羽生結弦 Toshlとのコラボを熱望、アイスショーで実現

羽生結弦 Toshlとのコラボを熱望、アイスショーで実現

芸術的な演技で観客を魅了した(写真/アフロ)

 5月24日午後6時。千葉・幕張イベントホールの特設アイスリンクにスケーターたちが次々と現れた。最後に登場したのは、羽生結弦(24才)。彼がいきなり4回転トウループを完璧に着氷すると、会場からは悲鳴にも似た歓声があがる。

 そして午後8時54分、羽生は赤と黒の衣装に身を包み、大トリとして再びリンクに登場。Toshlが歌う『マスカレイド』に合わせて華麗に舞う。トリプルアクセルを美しく着氷すると、4回転ルッツにも2回挑戦。残念ながら成功とはいかなかったが、その後も芸術的な演技で観客を魅了した。演技終了後、大歓声に包まれた羽生は、背後で熱唱していたToshlに満面の笑みを投げかけていた。

 この日、行われていたのは「ファンタジー・オン・アイス2019」(以下FaOI)の初日公演。2001年から開催されている国内外のトップスケーターが一堂に会する華やかなアイスショーだ。今回も紀平梨花(16才)、宮原知子(21才)ら日本のトップ選手に加え、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17才)や、“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ(36才)ら世界の舞台で活躍する面々がそろった。その豪華な顔ぶれの中でひときわ熱い声援を浴びていたのは、やはり羽生だった。

「羽生は、3月の世界選手権では足首のけがの影響もあり、アメリカのネイサン・チェン(20才)に敗れて2位に終わりました。4月の国別対抗戦を回避したため、今回のショーの出演も危ぶまれていましたが、本人の強い希望で、10回目となる出演を果たしたのです」(スポーツ紙記者)

 FaOIは、千葉・幕張公演を皮切りに、全国4都市で開催。どの会場もチケットは即完売の人気ぶりだが、事前情報の公開が制限されるなど、情報管理は徹底されていた。

 このショーの最大の見どころはアーティストの生演奏とスケーターとのコラボレーション。今回、Toshlと羽生のコラボは当日まで公表されず、トップシークレット扱いだった。

◆2人の接点は?

 ボーカリストとして国内外で活動するToshlは、最近「龍玄とし」に改名。バラエティー番組やCMへの出演を増やし、活躍の場を広げている。羽生との“夢のコラボ”は、羽生の熱い思いから生まれた。

「これまでも羽生選手のコラボ相手には彼の意見が反映されていました。昨年は羽生選手が幼い頃から聴いていたCHEMISTRYとのコラボが実現。今回のToshlさんとのコラボも羽生選手サイドからのオファーによるものだったそうです」(フィギュア関係者)

 羽生とToshl。ともに世界中のファンを魅了し続けてきた2人だが、どのような接点があるのだろうか。

「Toshlさんは、2011年に『星空のネプチューン』というソロ曲を発表しています。これは、東日本大震災からの復興の思いを歌った曲。被災地である宮城県出身の羽生選手は、この曲に心を打たれ、Toshlさんとのコラボを熱望したそうです。『星空のネプチューン』は、ファンには有名な曲ですが、インディーズで出された曲なので、それを羽生選手が知っていたことにToshlさんは驚いていたのだとか(笑い)」(前出・フィギュア関係者)

 Toshlに依頼するにあたり、羽生は彼がソロで出したすべての楽曲を何度も聴き込んだという。そして、候補を『星空のネプチューン』『マスカレイド』『クリスタル・メモリーズ』の3曲に絞り込んだ。

『マスカレイド』は『オペラ座の怪人』をイメージして作られた曲。『オペラ座の怪人』は、羽生が中学生の頃から好きだったという思い入れの強い曲で2014〜2015年シーズンのフリープログラムにも採用している。一方『クリスタル・メモリーズ』は、壮大なスケール感ときらめくような華やかさを兼ね備え、羽生のイメージにピッタリの曲だ。

「本来、コラボ曲は1曲なのですが、羽生選手は悩み抜いた挙句『すみません! 1曲に絞り切れません』とギブアップ宣言。結局、メジャー曲である『マスカレイド』と『クリスタル・メモリーズ』の2曲を日替わりで演じることになりました。当然、振り付けも2通り覚えなくてはならないので負担も増えますが、それが気にならないほど、大好きな曲で演じたいという気持ちが強かったんでしょう」(前出・フィギュア関係者)

※女性セブン2019年6月13日号

 

関連記事(外部サイト)