羽生結弦と共演のToshl、アイスショー当日曲変更の裏側

羽生結弦と共演のToshl、アイスショー当日曲変更の裏側

赤と黒の衣装で大トリとして再びリンクに登場した(写真アフロ)

 5月24日、千葉・幕張イベントホールの特設アイスリンクにて「ファンタジー・オン・アイス2019」(以下FaOI)の初日公演が開催された。FaOIは、2001年から開催されている国内外のトップスケーターが一堂に会する華やかなアイスショーだ。

 今回も紀平梨花(16才)、宮原知子(21才)ら日本のトップ選手に加え、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17才)や、“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ(36才)ら世界の舞台で活躍する面々がそろった。その豪華な顔ぶれの中でひときわ熱い声援を浴びていたのは、羽生結弦(24才)だった。

 FaOIの最大の見どころはアーティストの生演奏とスケーターとのコラボレーション。今回はToshlがサプライズ登場し、羽生とコラボを見せたが、舞台裏ではアクシデントが起きていた。

 実は、初日はToshlが歌う『クリスタル・メモリーズ』でという楽曲で羽生選手が踊る予定だったのだが、急遽『マスカレイド』という楽曲に変更されたというのだ。

「前日のニュース番組がリハーサルの様子を報じた際、練習する羽生選手のバックで『マスカレイド』が流れていたんです。その後のインタビューで羽生選手が『オペラ座の怪人の続編』と発言したこともあり、『コラボ相手はToshl? しかもマスカレイドで踊るの!? 見たい』という声がファンの間を駆け巡りました。

 それを知った羽生選手は、当日になって『ファンの皆さんがToshlさんのマスカレイドで踊るのを期待して見に来る。その期待に応えたいんです』と曲の変更を依頼したところ、Toshlさんは二つ返事でOK。それで、初日と2日目の曲を入れ替えたんです」(フィギュア関係者)

◆羽生が打ち明けた なぜマスカレイドか

 高い歌唱力を誇るToshlといえども、当日になって曲目を変更するのは容易なことではない。それでも、彼が羽生の依頼を快諾した裏には、こんな思いがあったようだ。

「初日のリハの時、Toshlさんが握手を求めると、真っ赤に腫れ上がった右手を羽生選手が差し出してきた。練習で何度も転び、冷たい氷に手をついていたからでしょうか。でも、彼は一切弱音を吐かない。Toshlさんが『体調は大丈夫?』と聞いても、『一生懸命やることしか能がないので』と笑顔で答えていたそうです。

 満身創痍でも常にベストを尽くそうとする羽生選手の真摯な姿を見て、彼のファンへの思いやプログラムへのこだわりも知り、言葉を失ったそうです。その熱い気持ちに応えたかったんでしょう。当初、長期にわたるツアーでの体調を考慮し、キーを下げて歌う予定だったのに原曲のキーに合わせて歌う、と言い出したのは、羽生選手へのリスペクトの表れです」(前出・フィギュア関係者)

 その話を聞いた羽生は、Toshlに「原キーで歌ってるんですね! ありがとうございます! 原キーをずっと聴いていて、それが体に染みついているから、うれしかったです」と汗だくの羽生が屈託のない笑みを浮かべると、Toshlも「羽生くんが頑張ってるから、ぼくも頑張っちゃった」と優しく笑い返した。

 翌日のリハ、羽生はToshlと真剣な表情で話し込んでいた。Toshlが描く楽曲の世界観が、自分の人生と重なるとして、こんな話をしていたのである。

「『マスカレイド』も『クリスタル・メモリーズ』も歌の内容、それを超えて生き様というものが、ぼくの人生と重なるものがある。言葉の一つひとつに同じ思いになるというより、Toshlさんの中に入って踊っています。

『マスカレイド』の最後、ぼくは仮面を脱いで氷に叩きつける演技をしていますが、それは『仮面を脱ぎ捨て、新たに生きていく覚悟』を表しているんです」

 2日目の公演直後に放送されたToshlのニコニコ生放送の番組で、Toshlがそう語っていた。

 一方のToshlは羽生に対してあるサプライズを用意していた。くまのプーさんが好きな羽生を驚かせようと、幕張公演の最終日、衣装の下に、プーさんTシャツを着込んでいたのである。

「前日の夜、Toshlさんは普通のプーさんTシャツじゃ寂しいからと、スワロフスキーを付けてキラッキラに自らデコレーションしたのです。その作業は朝方まで続いたそうです。公演前、羽生選手にそのTシャツを見せると、彼は大喜び。『キラキラしててかわいい』とスワロフスキーに触れたところ、接着剤の付きが甘かったのか、ポロポロとアイスリンクにこぼれてしまい、2人とも慌てていました(笑い)」(ショースタッフ)

 年齢も歩んできた道も異なる、2人の“表現者”の熱い思いが結実した夢のステージは、まだ始まったばかりだ。

※女性セブン2019年6月13日号

関連記事(外部サイト)