フィギュア、ジャンプ測定に新技術 採点で導入は可能か?

フィギュア、ジャンプ測定に新技術 採点で導入は可能か?

4Kカメラで計測されたジャンプの軌跡は約30秒後に中継用で撮った映像と組み合わせて画面に表示される。※写真は世界チャンピオンのネイサン・チェン選手(画像提供/Qoncept )

 いま、スポーツにとってテクノロジーは切っても切れない存在だ。体操競技では2020年までに採点においてAI(人工知能)の実用化が進められており、また、テニスでも電子審判テクノロジー『ホークアイ』が使われ、ボールがインかアウトかをさまざまな角度から撮った映像で判断する。ほかにもあらゆるスポーツでテクノロジー技術が使われているが、最近の注目はなんといってもフィギュアスケートだろう。23年以上、フィギュアスケートを追い続けてきた記者が、競技をとりまくテクノロジーの現状をレポートする。

 * * *
 昨年の全日本フィギュアスケート選手権(以下・全日本)、今年の四大陸フィギュアスケート選手権、そして日本で開催された世界フィギュアスケート選手権(以下・世界フィギュア)で選手が飛んだジャンプの軌跡とともに飛距離、高さ、着氷速度がテレビ画面に表示された。テレビで試合を見ていた人なら、「あれか」と思い出すはずだ。

 フジテレビが独自に開発した『アイスコープ』と呼ばれるその技術が最初に使われたのは昨年11月に行われた全日本フィギュアスケートジュニア選手権(以下・全日本ジュニア)のテレビ放送だった。共同開発に携わったQonceptの南部俊輔さんはその経緯を次のように説明する。

「昨年の9月半ばにフジテレビからジャンプの測定で何かできないかと相談を受け、2か月のテスト運用を経て、11月の全日本ジュニアで実施。そこから12月の全日本に向けて微調整していきました。そもそもアイスコープはQoncept 4D Trackerという人やボールなどをビデオカメラで撮影して、画像解析技術を用いて動きを数値化・可視化するシステムを使っています。これまでも野球、サッカー、バレーボール、陸上、相撲などで、その選手の身体能力、技術的な特徴を把握するためにこのシステムが使われてきました。これをフィギュアスケートにも採用しています」(南部さん・以下同)
 
 今まで可視化することができなかった選手のジャンプの飛距離、高さを把握することができるとあって初めてそれを見たファンは、「すごい!」と驚きの声をSNSで続々と投稿した。そしてファンの多くが知りたがったのが、羽生結弦選手(24才)のジャンプだった。
 
 ちなみに世界フィギュアの男子ショートプログラムの主な選手のトリプルアクセルを比べると次のようになる。               

・羽生結弦 3.62m(飛距離)0.70m(高さ)15.3km(着氷速度)
・宇野昌磨 3.44m(飛距離)0.51m(高さ)18.3km(着氷速度)
・ネイサン・チェン(アメリカ) 2.66m(飛距離)0.58m(高さ)17.1km(着氷速度)
・ヴィンセント・ジョウ(アメリカ) 2.69m(飛距離)0.58m(高さ)16.7km(着氷速度)

 羽生選手のジャンプは実際に見るとどれも大きな放物線を描き、高さも目を見張るものがあるが、数値化することでそのすごさが実証された。彼の場合はトリプルアクセルを飛ぶとき、助走はほとんどつけず、他の選手が真似できないような複雑なターンやステップからはいり、着氷後も難しい動作を入れるので、着氷速度は上記にあげた選手の中でやや低くなる。しかしそれは逆に彼の技術力の高さを示すものであり、助走をつけて踏み切った場合などは、速度はもちろん、飛距離、高さも今以上に大きく伸ばしていくことが考えられる。そういった選手の身体能力を把握できる上でもアイスコープは画期的な技術であった。

「今回のフジテレビの方針としてはいろんな選手のジャンプを比較してみたいということで、それであればアクセル系はみんな飛ぶので、今回は基本的にダブルかトリプルのアクセルを計測することになりました。ただし、アクセルがコンビネーションにしかはいっていない場合はほかのジャンプを測ることにしました」

 アイスコープは2台の4Kカメラをリンク全体が映せるような位置に固定でつけ、選手がジャンプを踏み切った場所、一番高く飛んだ場所、着氷した場所を記録し、解析。それを中継用カメラで撮った映像と組み合わせて、飛距離、高さ、着氷速度、ジャンプの軌跡を表示する。

「世界フィギュアでは計測対象のジャンプを撮影する際には中継用の複数台のカメラのうち半数をアイスコープ専用にしました。選手の動きをカメラで追ってしまうと踏み切る位置や着氷する位置がずれてしまい、映像中の軌跡と実際の軌跡が一致しないからです。そのため、選手がジャンプを飛ぶ直前でカメラの動きを止めてもらいました。それでもジャンプのタイミングの予測は難しく前半はどうしても動いてしまうので、最終的にはカメラがどれだけ動いたかを自動で計測し、誤差を調整することで正しい軌跡を表示しました」

 今回の世界フィギュアは国際映像として世界中で放送されたため、ISU(国際スケート連盟)もアイスコープに興味を持ったという。

「ISUの関係者からは面白いから何かほかの大会でも使ってみたい、ジャッジで使えるレベルなのかといった相談を現場のスタッフが受けたと聞いています。ただ、現状のシステムはジャンプの位置によっては3cm程度の誤差が発生するため、ジャッジで使うとなると、もっとリンクに寄った映像を撮影して解像度を上げ、解析するデータの精度を高めなければ難しいとスタッフには説明しました」

 やはりファンが気になるのは、採点にかかわってくることだ。ジャンプの回転が足りているか足りていないのかが明確化できるのか、GOE(加点)にかかわってくる離氷、着氷の美しさをアイスコープで測ることはできるのだろうか。

「映像さえ撮れれば、離氷、着氷時の角度の計測やそこから正確な回転数を計算することは可能だと思います。ただ、元選手や長くフィギュアスケートに携わっているスタッフからは回転を計測するとなると、どのタイミングを離氷、着氷とみなすかが難しいと聞いているため、直接、採点にかかわるものに関してはさらに精度を上げ、情報を集めていく必要がありそうです」

 さらに採点にかかわってくると、設置の大変さもあるという。

「テニスのホークアイは、画像解析用に高性能のカメラを10台ほど会場に設置して、細かく見ているそうです。そうなると毎回、設置するのも大変で、一回、一回の運用にかなりの費用がかかることになります。大規模なものになると大きな大会で、運営側がしっかりと予算をつけることが必要になってくるのです。もちろん今後、精度をあげていきますが、採点にかかわるものとなると、現状ではまだといった状況ですね」

 とはいえ、ジャンプの高さや飛距離を数値化できる技術が採用されただけでもフィギュアスケートにとっては大きい。ジャンプを可視化することによって、ファンも選手のすごさがわかり、選手自らもモチベーションが上がる可能性があるからだ。

 昨年、全日本で優勝した女子の坂本花織選手(19才)は選手が採点を待つキスアンドクライで自らのダブルアクセルの飛距離、高さ、着氷速度を見て、「う〜わ! 怖い! 怖い! うわ! 面白いコレ!」と驚きの声をあげていた。

「坂本選手はいい反応してくれていましたね。今回は始まったばかりなので、テレビの映像だけでは伝わらないところをデータで見せて、実はこんなにすごいというのがより具体的に伝わればいいと思います。野球でいえば、ピッチャーの球の速度は直接成績にかかわるわけではないけれど、選手のすごさを示す指標になるのと同じ。

 来シーズン以降もアイスコープは続ける予定ですが、次は各選手の得意なジャンプを解析するかもしれませんし、昨シーズンと比べるために次もアクセル系ジャンプになるかもしれません。世界フィギュアでも“ネイサン・チェン選手(20才)の4回転ルッツを計測してほしかった”という声もありましたし。もし選手や協会から、“こういうのを測って欲しい、こんなのが見たい”というのがあれば、ぜひ現場の意見も取り入れたいと思います」
 
 アクセルジャンプといえば、やはり羽生選手。現在、4回転アクセルの成功に意欲を見せているが、成功したあかつきには、どんな数値が出るのか、今から楽しみだ。

関連記事(外部サイト)