天覧試合60年の証言、長嶋のHRに隠れた広岡&藤田の重要局面

天覧試合60年の証言、長嶋のHRに隠れた広岡&藤田の重要局面

天覧試合から60年、秘話を明かす

 令和元年はプロ野球界にとっても節目の年となる。歴史上唯一、天皇が球場でプロ野球公式戦を観戦し、プロ野球が国民的娯楽となった1959年6月25日の「天覧試合」から、ちょうど60年となるからだ。

 昭和天皇が皇居から水道橋方向を見て「あの灯りは何か」と侍従に問うたことから実現したとされる天覧試合は、天皇が退席する直前に巨人・長嶋茂雄が劇的なサヨナラホームランを放ったことで知られる。

 当時実際にグラウンドに立っていたメンバーたちに取材。貴重な「60年目の証言」をお届けする。

 試合開始は19時。巨人・阪神の両軍が一列に並んで、貴賓室の昭和天皇・香淳皇后に一礼するところから始まる。後楽園球場は、試合前からただならぬ緊張感に包まれていた。球審を務めた島秀之助審判部長は「試合中、陛下に尻を向けてしまう。横を向いて立つべきか」と真剣に悩んでいたという。

 先発は巨人・藤田元司、阪神・小山正明の両エース。小山氏はこう述懐する。

「選手全員が両陛下に野球を楽しんでいただきたい気持ちが強かった。だから守備交代はもちろん、内野ゴロでも全力で走るなど、とにかく一生懸命のプレーを心掛けました。鳴り物の応援も禁止されていたこともありますが、球場全体がいつもと違う雰囲気でしたね」

 エース同士の投手戦となるはずの試合は二転三転の打撃戦となる。7回に王貞治がホームランを放ち同点とするが、そのまま9回に入って時刻は21時を回った。

 当時のプロ野球は19時開始、20時45分頃ゲームセットの約1時間45分が一般的だった。ところが天覧試合は約2時間10分と、当時としてはかなり長い試合となる。実は天皇、皇后が観戦できるのは21時15分までと決められていたため、延長突入なら途中退席となる可能性があった。しかし前述の通り、試合は長嶋のサヨナラホームランで劇的フィナーレ。タイムリミット3分前、21時12分のことだった。

「乱打戦となり、かえって両陛下には野球の醍醐味を味わっていただくのに相応しい試合内容になったのかもしれません。長嶋の劇的なサヨナラホームランも、乱打戦で試合時間が延びたことで起こった想定外の出来事でした。両陛下の退席時間はグラウンドには伝えられていません。もちろん長嶋も知らなかったはずです。あそこで打てたのは、スーパースター・長嶋ならではの演出でした」(小山氏)

 一方、この試合にはあまり語られていない重要なポイントがあると語るのは、巨人のショートを守っていた広岡達朗氏だ。

「マスコミは長嶋のホームランのことばかり書くが、あの試合のポイントは8回、絶体絶命のピンチでランナーを刺した私と藤田のプレー。あれがなければ長嶋のサヨナラホームランもなかったし、試合にも負けていましたよ」

 8回表、4対4の場面で三宅秀史と藤本勝巳が連続四球。大津淳の送りバントで1死二塁、三塁となった。

「次打者の横山光次がスクイズするのはわかっていた。阪神ファンが興奮して禁止されていた鳴り物の応援を再開するほど押せ押せムードでしたが、そんな中でも私は二塁走者の藤本に一瞬のスキがあったのを見逃さなかった。私は藤田にアイコンタクトでピックオフプレーのサインを送りながらベースに入り、藤田が素早く牽制してアウトにした。そして横山をショートライナーに打ち取りピンチを切り抜けた。あの試合の勝利は、すべてこのプレーがあったからこそなのです」(広岡氏)

 試合後には、ベンチ入りした全員に菊の御紋入りの恩賜たばこが配られた。

「僕はタバコを吸わないので親父に持って帰りましたが、感激して吸わずに見入っていたのを覚えています。天皇陛下がどんな存在であるか、皆わかっている時代でしたからね」(小山氏)

 天覧試合を機にプロ野球は国民的娯楽となったが、その後公式戦では一度も行なわれていない(※1966年11月8日に後楽園球場で開催された日米野球、ドジャース対巨人戦で2度目の天覧試合が実現しているが、あまり知られていない。この試合でも巨人・長嶋茂雄は本塁打を放っている)。

 上皇も天皇在位中、球場で野球を観ることはなかった。小学生の頃は巨人ファンだと伝えられ、甲子園で始球式を行なうなど野球にも造詣が深いといわれる今上天皇。60年の時代を超えて、再び天覧試合が実現される日は来るだろうか。

■取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2019年6月21日号

関連記事(外部サイト)