人気力士の「闇営業」 現役横綱がもらう祝儀の相場は?

人気力士の「闇営業」 現役横綱がもらう祝儀の相場は?

研修会を開いてもムダなのか(時事通信フォト)

 雨上がり決死隊の宮迫博之、カラテカの入江慎也ら複数の芸人の「闇営業」騒動で、芸能界と反社会的勢力との接点がクローズアップされているが、相撲界でも闇営業は、「力士が“男芸者”と呼ばれるように、当たり前のものと思われている」(ある親方)とさえ言われる。

 若手親方が語る。

「角界の場合、祝儀を包んでくれる人はみなタニマチで、どんな人間かは関係ない。あとで知ってヤバイと思うことも少なくないが、昔から地方巡業は裏社会の人間が仕切ってきたこともあり、角界とヤクザは距離が近い。

 そんなタニマチの飲み会に顔を出し、祝儀を貰う。これが最もポピュラーな副収入です。もちろん領収書の要らない現金とっぱらい。昔は現役の横綱ならコンニャク1枚(100万円)が相場だったが、今は30万円くらい。それでも、タダで飯が食えて、カネまで貰えるんだから、行かない理由はない。人気力士が参加すれば向こうの顔も立つし、ウィンウィンの関係です」

 手形もカネになる。この場合、国技館で販売されている印刷物ではなく、直筆サイン入りの生手形だ。

「落款印(らっかんいん)が押された限定の手形を渡したり、1枚の和紙に人気力士4〜5人の手形を押して額縁に入れた特製手形で祝儀を貰うケースもある」(ある力士)。

 他にも懸賞金袋や協会から配られる大入り袋も額縁に入れてカネにするという。近年、相撲協会は反社会的勢力排除のための講習会を開催し、宴会に誘われた時の断わり方などを指導している。2010年には「暴力団排除宣言」を打ち出し、罰則規定も盛り込んだ。

 だが、ある角界関係者は「角界と反社会的勢力の関係はまったく変わっていない」と話す。

「角界に長く残れるのは入門者の2〜3割で、辞めていく人間のなかにはヤミ金や反社会的勢力のフロント企業に就職したり、用心棒になる者もいる。そうした元兄弟子からの誘いがあれば足を運ぶし、祝儀がもらえるなら何でもする。角界から闇営業がなくなることはない」

※週刊ポスト2019年6月28日号

関連記事(外部サイト)