大船渡・佐々木朗希 中学時代恩師たちが明かす「怪物前夜」

大船渡・佐々木朗希 中学時代恩師たちが明かす「怪物前夜」

163キロ右腕に集まる期待(時事通信フォト)

 高校3年にして163キロを投げ、メディアとファンの注目を一身に受ける岩手・大船渡の佐々木朗希(17)。その注目度に比して、来歴や素顔はあまり知られていない。『永遠のPL学園』(小学館文庫)などの著書があるノンフィクションライター・柳川悠二氏が、関係者の証言を集めた。

 * * *
 岩手・大船渡の佐々木朗希の視察に、一目でそれと分かるスーツ姿の大男たちが何十人とやってくるのは、もはや見慣れた光景だ。そして、令和の怪物が降板するや、ゾロゾロと引き上げていく。6月に会った、あるプロ野球のスカウトは言った。

「これ以上、彼のピッチングを見る必要はない。163キロを投げた素材としての魅力は十分に把握している。球数や登板間隔に配慮するあの(國保陽平)監督さんなら、故障の心配もない。ドラフト1位? 当然、そうなります」

 この夏の高校野球の主役は、4月のU-18高校日本代表一次候補合宿で163キロをマークした佐々木だろう。190センチの長身から投げ下ろす剛速球だけでなく、スライダーやチェンジアップなど、変化球も器用に操る。甲子園出場経験こそないものの、岩手が生んだ菊池雄星(現・ドジャース)、大谷翔平(現・エンゼルス)に続く怪物として、16日に初戦を迎える岩手大会には大きな注目が集まっている。

 しかし、学校側がグラウンドへの立ち入りを禁止し、試合後の取材も厳しく規制しているため、佐々木の素顔や育った環境に関しては、いまだベールに包まれたままである。分かっていることといえば、2011年の東日本大震災の津波で父と祖父母を亡くし、生まれ育った陸前高田市から大船渡市に移り住まざるを得なかったという悲しい過去である。

「お父さんのことは、誰も詳しくは知りません。同じ被災者として、家族に起こった出来事を軽々しく聞くことはできません」

 そう話したのは、佐々木が大船渡第一中学の2年生だった1年間、野球部の部長を務めた志田一茂氏だ。当時(2015年)の大船渡第一中学のグラウンドにはまだ仮設住宅が建ち並び、野球部の練習はその脇にある空き地のような場所で行うことしかできなかった。

「とにかく活発な子で、スポーツテストではハンドボール投げや50メートル走など、すべての項目でずば抜けていた。負けず嫌いでしたね。私は仙台大学時代に野球部に入っていて、1学年後輩にプロ野球に進んだ熊原健人(現・東北楽天)、3学年後輩に馬場皐輔(現・阪神)がいた。そういう選手を間近で見る経験をした上で、卒業後すぐ大船渡第一中学に勤務することになったんですが、朗希は球速こそ120キロ台でも、素材という点では見劣りしなかった。

 ふと思うんです。投手としての球の速さは、瞬発力と大きく関わりがあるんじゃないかな、って。朗希は中学時代、クラス対抗リレーなんかに必ず選ばれていました。高校進学後も、150キロを出した頃には、『50メートルを5秒台で走った』という噂が聞こえてきました。さすがに163キロには驚きましたが、それに至ったのは彼の瞬発力が大きく影響しているのではないでしょうか」

 中学時代から佐々木は研究熱心だったという。理想のフォームを探し、情報を集めてグラウンドで実践していた。

「野球脳が賢いとでもいうのかな。たとえば、野球の技術書を読んで、自分もこう投げたいというフォームが見つかったら、マウンドで再現する。その能力が高かった」

 現在も大船渡第一中学で、軟式野球部のコーチを務めているのは、地元の消防署で救命士として働く鈴木賢太氏だ。彼は佐々木の3歳上の兄も同校で指導した経緯がある。

「入学した時点では朗希の身長はまだ160センチ台で、中学3年間で20センチ以上伸びました。成長痛とうまく付き合わなければならず、腰も疲労骨折して投げられなかった時期が本当に長かったんです」

 佐々木が中学時代にエースナンバーを背負ったのは、中学2年生の秋だけだ。そして3年生になる直前の2016年初春に腰の疲労骨折が判明した。

 腰の痛みを訴えた当初、大船渡市内の病院に行くと、「身体が硬いだけ」と言われたが、鈴木氏は釈然としなかった。入学前から、投手として成長していく上での柔軟性の大切さを、兄を通じてアドバイスし、中学入学後も佐々木はストレッチなどを怠らなかったからだ。それゆえ、鈴木氏はこれまでも教え子が進学していた花巻東の佐々木洋監督に相談する。同じく成長痛に苦しんだ大谷翔平が高校時代に通った青森県八戸市の病院を紹介してもらい、そこで疲労骨折と診断されたのである。

 医師からは「このまま、だましだまし投げることは可能で、夏の大会(中総体)に出たらチームも勝てるかもしれない。しかし、この選手は、ものすごい選手になる可能性を秘めている。これから身長もまだまだ伸びていくだろう。だから、この時期を棒に振ってでも、完治を優先させるべきかもしれない」と説明された。最終判断は鈴木氏ら指導者に託されたのである。

 鈴木氏たちが迷うことはなかった。

「朗希は投げたかったと思います。最大の目標を最後の大会に置いていましたから、夢を奪われたような気分だったかもしれない。朗希は悔しくて、ボロボロ泣いていました。でも、その病院のトレーナーさんが、『頑張れば、もしかしたら間に合うかもしれないから』と声をかけてくれて……」

 以来、大谷も取り組んだリハビリに励む。岩手では、軟式野球部を引退した中学3年生がその秋に、高校から扱う硬式球までの準備段階として、素材はゴムながら硬式球と同じ大きさ、重さの「Kボール」の地域代表を結成する。腰がようやく癒えた佐々木も地元の「オール気仙」の一員に加わり、Kボールの岩手大会を制し、全国大会に出場。試合を締めくくるクローザーとして、ある試合で自己最速となる141キロをマークした。

「オール気仙」の代表を務める布田貢氏(末崎中教諭)は、2011年の震災の直後、一家が大船渡に移住してきた時、佐々木と出会っている。小学6年生の息子が所属していた猪川野球クラブに当時、4年生の佐々木が入団してきたのだ。

「あの年は震災によって、新学期が始まるのが遅れたんです。私は試合の球審をやることがあって、5年生の試合に、転校してきたばかりの朗希が下級生ながら先発した。身長も飛び抜けて大きいわけではなく、球速も4年生にしては速いかなと思うぐらい。ただ、ストイックな性格は伝わってきました。練習に集中しない仲間にきちんと注意できる子でした」

 ケガと戦いながらも、大きく成長してきた佐々木と布田氏が再会したのは、「オール気仙」だ。ある時、オール気仙と、普段、布田氏が指導している末崎中学が練習試合を行ったことがあった。佐々木と対戦するにあたって、布田氏は「真っ直ぐだけを待って、1、2、3のタイミングで打て」と末崎中の選手たちに指示した。すると佐々木から5連続安打を記録。試合後、布田氏は佐々木を呼び寄せてこう告げた。

「なぜ打たれたのか、分かるか? 真っ直ぐしか投げてこないじゃないか。速いボールを活かすためにも、変化球は必要なんだぞ」

 スピードにこだわりを持つ佐々木も、「高校に進学して、投球に広がりができた」と布田氏は話す。

 高校の進学先に関して、佐々木は大きな決断を下す必要があった。中学時代の佐々木は、全国的には無名だったとはいえ、花巻東や盛岡大附属など、岩手県内の強豪私立からも声がかかっていた。とりわけ病院を紹介してもらった花巻東からは「受験日まで待つ」という最大限の評価を受けていた。鈴木氏が振り返る。

「朗希も迷っていました。最終的になぜ大船渡を選んだのか。その理由は私も聞いていません」

 プロ野球選手になる夢をかなえるのなら、佐々木の成長し続ける身体に理解があり、何より大谷という成功例を保持する花巻東が近道だったかもしれない。

 だが、佐々木は兄も通った大船渡を選んだ。「大船渡の仲間と甲子園を目指したかった」としか佐々木は話さないが、同校は志田氏、鈴木氏、布田氏ら、中学までの指導者の母校でもあった。

 35年前に甲子園で大旋風を巻き起こした同校を再び聖地に導くことで、恩に報いようとしているのだろう。

 大船渡は7月7日、最後の練習試合に臨んだ。同じ岩手の盛岡第一を相手に、先発した佐々木は9回を完投。直球だけでなく、縦と横のスライダーに、右打者にはフォーク、左打者にはチェンジアップを巧みに使い、相手打線を力で、そして技でねじ伏せた。7回には一発を浴びたものの、その直後の1球がこの日の最速156キロを記録。わずか一球の失投が命取りになるという戒めとして、腕を強く振ったのだろう。

 そして140球を投げたのは、昨秋以降、私が取材してきた限り、最多である。しかも、前日にも佐々木は70球を投げていた。

「まだ球速に耐えられる体じゃない」として、これまで球数や連投に関して、慎重に慎重を期してきた國保監督からしたら意外な起用だった。本人の意思か、監督の指示かはわからないが、間もなく開幕する岩手大会で強いられる連投を見据えての登板だろう。

 令和の怪物にとって最後の夏の準備は整った。

◆取材・文/柳川悠二(ノンフィクションライター)

関連記事(外部サイト)