貴景勝の父「祝儀2700万円強奪」の真相と角界ごっつぁん体質

貴景勝の父「祝儀2700万円強奪」の真相と角界ごっつぁん体質

晴れの舞台で騒動が…

 カド番で迎えた名古屋場所で「無念の休場」を選択し、秋場所で10勝をあげての大関復帰を目指す貴景勝。しかし、不在の場所中に思わぬ騒動が起きた。場所前の昇進パーティで父・佐藤一哉氏が“祝儀2700万円を強奪した”と報じられたのだ。騒動の裏側を追っていくと、税務当局も重大な関心を寄せる「角界とカネ」の実態が浮かび上がってきた。

 22歳にして“次の日本人横綱”と期待され、来場所で怪我からの再起を期す貴景勝。その相撲界への道を後押ししてきたのが、父・一哉氏だった。兵庫・芦屋で生まれ育った貴景勝は、保育園経営などに携わる一哉氏の“スパルタ教育”のもと、小学校の頃からわんぱく相撲の全国大会で上位入賞し、中学・高校は相撲強豪校に進学。角界入りを果たした。

 騒動の舞台となったのは、親子にとって晴れの舞台となるはずの大関昇進披露宴だった。名古屋場所前の6月16日に東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開かれた披露宴には、八角理事長(元横綱・北勝海)ら協会幹部、親方衆、後援者ら2000人以上が祝福に駆けつけた。

 だが、場所中になって、この披露宴の「カネ勘定」を巡る騒動が発覚する──。

『週刊新潮』(7月18日号)が〈「貴景勝」ご祝儀2700万円の“強奪者”〉と題した記事で、披露宴で集まった祝儀を一哉氏が持ち帰ったことに、所属する千賀ノ浦部屋の親方や関係者が不審の念を抱いていると報じたのだ。

 記事では、昇進披露宴は〈あくまで相撲部屋が主催〉〈収入は力士個人のものではない〉(前掲記事より、以下同)といった“角界の常識”が紹介されている。力士を育てるために投資してきた部屋の恩義に報いる趣旨から、祝儀の取り分は〈親方6対力士4が相場〉であるにもかかわらず、一哉氏が会場にALSOKの警備員を引き連れてやってきて、〈ホテルからお金を勘定する紙幣計算機を借り、その場で現金を数え、ホテルの使用料だけ払って後は持っていってしまった〉という顛末が報じられている。

 

 同誌によれば当日、警備会社のチェックのなか集計された祝儀は計約4200万円で、ホテルの会場代約1443万円がその場で支払われ、残りの「約2700万円」を一哉氏が持ち帰り、パーティの諸経費を支払った。千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)には300万円の謝礼が支払われたという。協会関係者はこういう。

「この騒動は、お金を巡る角界の慣習と一般社会の常識が大きく食い違っていることが、表面化したものだといえるのではないか」

◆親方の取り分はノータックス?

 昇進パーティや結婚式などイベントごとは部屋にとって臨時収入で、親方夫妻が親代わり、実の両親はゲスト扱いになり、祝儀の約6割を親方が持っていくことが多いと言われる。さらに、それら祝儀を“どんぶり勘定”にして「どれだけカネが集まったか」「そのうちのいくらを誰が持って行ったのか」といったことを不透明にする──それは即ち、税逃れにもつながっていく。元力士はこういう。

「引退相撲はケースバイケースで、“あがり”は第二の人生のスタート資金としてすべて引退力士に渡す親方もいるが、ひどい親方はそれも6割を持っていく。引退相撲は公にチケットを売るから税務署もその収入がきちんと申告されるかに目を光らせているが、親方が抜いた分はノータックスにして税金はすべて引退力士が納めるというケースもあった」(同前)

 こうした角界のカネを巡る旧態依然とした慣習は、税務当局から何度も摘発の対象となってきた。

 2004年、祝儀の取り分を巡って高砂親方(元大関・朝潮)との騒動が起きた朝青龍の結婚披露宴はテレビ中継されたが、2007年にその際の番組出演料など1億円を税務申告していなかったことが発覚。約3000万円を追徴課税されている。他にも、週刊ポストのスクープがきっかけで陸奥親方(元大関・霧島)が年寄株取得のために後援会から提供された資金や引退相撲の祝儀など、5年間で2億2000万円の申告漏れを指摘されたこともある(1999年)。

「角界には“ごっつぁん”という感謝を表わす言葉があるが、一般的な社会常識とはかけ離れた経理のずさんさを象徴する言葉になってしまっている」

 そう語るのは、『大相撲の経済学』の著者で、相撲協会の公益財団法人化に向けた改革策をまとめる「ガバナンスの整備に関する独立委員会」の副座長を務めた慶応大学商学部の中島隆信教授だ。

「国税や管轄の税務署は、今回の貴景勝の昇進パーティのような例もきちんと注視しています。親方であれ力士であれ、祝儀を受け取ったことがわかれば、それが収入として申告されているか調べることになる。だからこそ、収支はガラス張りにすべきだが、なかなかそうならない。

 親方の権限が非常に強い世界なので、親方が“角界の慣習だ”といえばそれが通ってしまう。協会の幹部が部屋の親方を兼ねているから、力士より親方の都合を優先する組織になっている。そうした旧態依然の体質を変えるため、『ガバナンスの整備に関する独立委員会』として様々な提言をしたが、力不足で変革に至らなかった」

◆「親代わり」か「実の親」か

 結局、角界の慣習を知らない貴景勝の父・一哉氏が一般社会の常識で集めた祝儀を管理・カウントし、分け方を決めた結果、期せずして角界の暗部に踏み込んでしまったということなのか。一哉氏は週刊ポストの直撃に対しこう答える。

「私が祝儀を“強奪”したという記事は読みましたが、全くのデマです。そもそも会場のホテルと契約したのは私で、それを祝儀から支払っただけ。私は親方と打ち合わせした約束通りにやっただけです。詳しいことは親方に聞いてください。私からそれ以上のことは答えるつもりはありません」

 一方、名古屋市内にある場所中の宿舎で千賀ノ浦親方は直撃すると、「今回のことは何もコメントするつもりはないので。どこにもお答えしていません。お金が絡むことだし……」とするのみ。“角界の慣例”が世間の常識からかけ離れているのではないかとも聞いたが、無言のままだった。

 今回の騒動は、角界で長く温存されてきた“慣習”がいよいよ曲がり角に差し掛かったことを示しているようにも見える。前出の協会関係者がいう。

「中学を卒業する前から弟子入りして部屋から学校に通い、大横綱に育ててもらった北の湖・元理事長のような時代なら、部屋の親方夫妻はまさに“親代わり”ですが、今はそんな例はない。貴景勝に限らず、親が小さい頃から英才教育に熱心で相撲取りにするというケースも増えるでしょう。いつまでも閉ざされた世界の“慣習”が通用する時代ではなくなるだろう」

 ファンの期待を背負う貴景勝が、古き慣習が生んだ騒動に惑わされず、大関復帰を果たすことを願いたい。

※週刊ポスト2019年8月2日号

関連記事(外部サイト)