日テレ・巨人戦中継「ゴールデン帯で視聴率5.1%」の落胆

日テレ・巨人戦中継「ゴールデン帯で視聴率5.1%」の落胆

原辰徳監督の通算1000勝達成で注目されるかと思いきや…(写真:時事通信フォト)

「20年前、巨人戦中継は毎試合のように地上波で放送され、視聴率20%を取っていた」──。そう言っても、今の20代以下には信じられないかもしれない。7月31日、日本テレビ系で放送された巨人対広島戦は視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)。昨年限りで監督を退任した高橋由伸氏、二岡智宏氏という巨人OBを解説に迎えたが、同時間帯のテレビ東京系『一茂&良純の自由すぎるTV』の6.1%にも敗れ、ゴールデン帯の中で最も視聴率の低い番組となった。テレビ局関係者が話す。

「現在、セ・リーグ首位の巨人にとって、3位広島、2位DeNAと続く今週の6連戦は5年ぶりの優勝を実現できるかどうかの注目カード。しかも、中継前日の30日には原辰徳監督が通算1000勝を達成し、翌日のスポーツ紙でも大々的に特集が組まれた。ファンにとっては大きな話題でしたが、巨人ファン以外には興味のない出来事だったのかもしれません」(以下同)

 試合展開も、序盤に広島が3点をリードしたが、7回に巨人・ゲレーロが2ランを放ち、1点差に。その後、2死満塁で坂本勇人に回り、球場は盛り上がりを見せた。結局、坂本は打ち取られ、そのまま広島が3対2で勝利したが、見所の多い接戦だった。

「この日は試合開始の6時からはBS日テレ、7時からは地上波の日本テレビ、8時54分からBS日テレというリレーナイターであり、『BSでも放送していたから数字が良くなかった』という言い訳は通用しない。もう何年も前から分かっていることですが、プロ野球のレギュラーシーズンで視聴率を獲ることは厳しい」

 日本テレビは、なぜ「この日」に巨人戦を地上波中継したのか。

「日テレは巨人との関係もあるので、年に数試合は放送しないといけない義務感を持っている。かといって、なるべく高視聴率番組の放送を取りやめることはしたくない。水曜19時台の『衝撃のアノ人に会ってみた!』はスポーツ局制作ですし、4月のスタートから今まで1度も2ケタを獲っていない。そうしたことも考慮して、巨人戦中継を水曜のこの日に設定したのだと思います。ただ、『衝撃のアノ人』も前週24日の2時間スペシャルは9.1%で、過去2番目に良い数字だった。せっかく上昇気流に乗った翌週、巨人戦のため放送できなかったのは痛いですね」

 巨人戦視聴率が5.1%となった影響もあってか、後続番組の視聴率が低迷したことも、関係者を落胆させている。

「21時からの『今夜くらべてみました』は前週9.7%、前々週12.3%、3週間前10.3%、4週間前10.9%(2時間スペシャル)だったのに、31日は6.6%まで下がった。前番組が悪ければ、必然的に数字は落ちます。今年も視聴率三冠王を手中に収めたい日テレとしては、できるだけ巨人戦のナイター中継は避けたいというのが本音ではないでしょうか」

 日本テレビは今後、読売ジャイアンツとどう付き合っていくか。岐路に立たされているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)