ディープインパクトの後継種牡馬 どれも決め手に欠ける実情

ディープインパクトの後継種牡馬 どれも決め手に欠ける実情

種牡馬としても抜群の実績を残したディープインパクト

 訃報は突然だった。日本競馬の歴史にその名を刻んだディープインパクトの「血」について、ライターの東田和美氏が考察する。

 * * *
 7月30日に急逝したディープインパクトは、競走成績もさることながら、種牡馬としての実績も抜群だった。初産駒が2010年にデビューすると、2011年には3歳世代だけでリーディングサイアーの2位につけ、2012年には難なく1位になり、その後はずっとリーディングトップに君臨している。

 2018年は英2000ギニーをサクソンウォリアー、仏ダービーをスタディオブマンが制して日本のみならず欧州でもクラシックホースを輩出。内外で41頭の産駒が60以上のGIを勝っている。日本では5頭がダービー馬となるなど、16頭のクラシックホースを世に送り出している。GII、GIII勝ち馬は70頭近くになり、産駒の獲得賞金はゆうに500億円を超え、種付け料は4000万円だった。

 今年はキングカメハメハも種牡馬を引退したが、こちらはすでにロードカナロア、ルーラーシップというサイアーランキングでベスト10に入るような後継種牡馬がいる。とくにロードカナロアの今年の産駒は母親名を列挙するだけでため息が出てくる。ノーザンファーム(NF)産ではブエナビスタ、ジェンティルドンナ、メジャーエンブレム、マリアライト、ハーブスター、さらにジンジャーパンチとルージュバックの母子。社台ファーム産でもダイワスカーレット、サンテミリオン、追分ファームのレジネッタなど、そうそうたる面々だ。種付け料も1500万円となり、数年のうちにリーディングサイアーの座に就くのは間違いなさそうだ。

 ドゥラメンテはキングカメハメハ産駒というより、社台グループの力が結集したような種牡馬だが、当歳市場でも人気だったし、来年産まれてくる産駒も多い。志半ばで引退した良血リオンディーズもマイル中心に活躍馬が出てきそうだ。その他、ホッコータルマエ、ラブリーデイなどさまざまなタイプの後継種牡馬がいる。地方ではトゥザワールドやペルシャザール産駒が頑張っている。

 一方、ディープインパクトの代表産駒はと聞かれて出てくるのは、まずジェンティルドンナ。牝馬三冠、JC連覇などGIを7勝、獲得賞金ランキングで歴代3位にあたる17億円は、父ディープを凌ぐ。しかし、それ以外の産駒はGI2勝まで。牡馬はJCの勝ち馬がなく、ダービー馬は5頭いるが、他のGI勝利がない。ステイゴールド産駒のオルフェーヴルやゴールドシップの活躍に比べれば物足りないといわざるを得ない。

 ジェンティルドンナをはじめ、JC勝ちのショウナンパンドラや、宝塚記念勝ちのマリアライト、ドバイでも勝っているヴィブロスなど牝馬の活躍が印象深い。彼女らは引退後繁殖牝馬として、サンデー系以外の種牡馬の名声を高めていく。

 ディープインパクト自身の種牡馬としての能力は疑うべくもない。産駒はコンスタントに勝ち上がるし、底知れぬパフォーマンスを見せることはある。ただ、それも「やっぱりディープの子だなあ」ということで納得できるもので、ディープ自身に感じた衝撃以上のものを持った牡馬は、いまのところ出ていないし、種牡馬として衝撃的な実績も出せていない。以下、順に見ていこう。

 2012年のダービー馬ディープブリランテの2018年のサイアーランキングは26位。重賞2勝のセダブリランテスがいるものの、フジキセキ産駒のキンシャサノキセキ(12位)や、ステイゴールド産駒のオルフェーヴル(13位)、ネオユニヴァース産駒のヴィクトワールピサ(18位)の後塵を拝している。今年のNF産にはシンハディーバとの子がいるものの社台G産全体の頭数は少なく、頭打ち感は否めない。

 競走成績としては京都新聞杯を勝っただけのトーセンホマレボシだが、初年度産駒のミッキースワローがセントライト記念を勝った。近親には活躍馬が多いが、2018年の種牡馬ランクは51位。出走頭数が多い(94頭)わりに勝ち星は多くない。

 初年度産駒が重賞を勝って順調なスタートを切ったのが2013年のダービー馬キズナ。セレクトセールでは1歳馬のアドマイヤキラメキが2500万円からはじまって1億3000万円まで値を上げたが、セレクトセール当歳の上場馬はNFからの3頭だけで落札価格もあまり伸びなかった。社台Gで今年産まれたのは20頭ほどだが日高では80頭以上。ビアンフェのようにさまざまタイプの産駒が出てくるかもしれない。

 セレクトセールの落札価格でキズナを上回った感があったミッキーアイルはスプリント部門で旋風を巻き起こす可能性を秘めている。クラシック向きではないということで価格は控えめだが、種付け料も150万円。サンデーサイレンス系の新たな潮流になるかもしれない。

 スピルバーグ産駒はいまのところまるで目立っていないが、ディープ産駒でただ1頭、天皇賞(秋)を勝っている。クラブ募集時では人気だった藤沢和雄厩舎の管理馬コースタルチャートなど、社台サラブレッドクラブ所属3頭の2歳馬の活躍しだいだ。

“長男”ともいうべきリアルインパクトは、やっと今年初年度産駒デビューしたばかり。すでに5勝を挙げているが、セレクトセール当歳には上場がなかった。3歳で安田記念を勝った後は13戦勝利なし、7歳まで走って30戦5勝、二桁着順だったことも多かったことで、信頼性に欠けるのだろうか。今年の産駒も20頭ほどだ。

 今年初産駒が80頭近く誕生したサトノアラジンは種付け料の100万円は魅力的で、スピードに特化した馬が出てくるかもしれない。しかし、競走成績にムラがあったことが印象を悪くしているのか、セレクトセールでの落札価格も思ったほど伸びず、オーナーたちの期待が感じられなかった。

 シルバーステートは、レコード2回を含む5戦4勝ながら重賞未勝利なので種付け料は80万円。今年は日高地方を中心に100頭以上が産まれており、NFで12頭、追分Fで4頭が生まれ、うち3頭がセレクトセールに上場され、ローエキスキーズは1000万円からのスタートながら、7400万円までせり上がった。こういう馬が種牡馬として成功すると、ディープインパクト系の枝葉がぐっと広がっていくのだが。

 ということで、ディープ直子の面々が後継種牡馬として名乗りを上げるには、どれも現時点で決め手に欠けるのが実情だ。

 ディープインパクトの父サンデーサイレンス(SS)は1995年にリーディングサイアーとなり、5年後の2000年には産駒フジキセキがリーディング6位にランク。2002年に9位に入ったのがダンスインザダーク。SS自身は2002年に死亡するが、その後2007年までリーディングサイアーとして君臨した。

 その偉大さを実感させたのは、むしろ死亡後。ダンスインザダークが2004年には2位になって親子ワンツーを達成。2005年にはスペシャルウィーク、2007年、つまり死後5年目にはアグネスタキオンとアドマイヤベガも台頭、1位SSで2位以下10位までに産駒5頭がランクインした。その後も、マンハッタンカフェやネオユニヴァース、ダイワメジャーやステイゴールド、ハーツクライなどが好成績を収め、ベスト10のうち8頭をSS産駒が占めるまでになったのは、死して13年後の2015年だ。

 そう考えれば、ディープ産駒が後継種牡馬として名乗りを上げるのもまだまだこれからなのかもしれない。なにより、ディープ自身がSS晩年の産駒にして最高傑作といわれている。しばらくは、ハーツクライやダイワメジャーといった、SS直子につないでもらって、強力な後継者の出現を待てばいいのだ。しばらくはそういう視点でディープ産駒の新馬戦を見ていきたいと思う。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

関連記事(外部サイト)