平成の競走馬取引 48億円から200億円まで栄枯盛衰

平成の競走馬取引 48億円から200億円まで栄枯盛衰

ホエールキャプチャとオルフェーヴルの間に生まれた牝馬は4600万円で落札

 平成元(1989)年に北海道の静内町で行なわれた日本軽種馬協会北海道市場のサラブレッド2歳(当時)8月市場で、トウショウボーイ産駒「リキサンサンの63」が、史上最高額の3億5000万円という値をつけた。競馬歴40年のライター・東田和美氏が、競走馬のセレクトセールの栄枯盛衰を振り返る。

 * * *
 昭和最後の年にオグリキャップが笠松から中央に移籍、タマモクロスとの対決もあって、空前の競馬ブーム到来かといわれていた。このセリも1億5000万円からスタートし、1000万円単位でせりあがっていったというから、近年のセレクトセールと変わらないように思えるが、4日間にわたって行なわれたセリで、1億円を超えたのはこの馬だけ。落札額が1000万円を超えたのも数えるほどしかなかった。売却率はこの年こそ50%程度だったが、一時は25%まで落ち込んでいる。

 競走馬の取引は、それまで売買実績のある生産者と馬主(あるいはその代理人)による直取引(庭先取引)が大半を占めていた。馬を持ちたければ牧場に伝手のある調教師などを介して馬を購入していた。好況期を迎えても、人脈がない新興馬主は、なかなか思うような馬を買うことができない。市場取引馬奨励賞があったり、限定のレースが組まれていたりしたが、従来の慣行はなかなか変わることがなかった。

 それでも平成元(1989)年9月号の雑誌「優駿」のグラビアページでは、3億5000万円馬の誕生を、デビュー後の活躍への期待を込めて報じている。その「優駿」のグラビアの隣のページには、「馬と遊べる自然公園」として、ノーザンホースパークがオープンしたことを伝えている。そこで10年後に始まったのがセレクトセールだ。今年のセレクトセールは売却率が90%を超え、落札総額は416頭で200億円を超えたが、第1回は230頭の上場で売却率64.78%。落札総額は48億円だった。

 当時はサンデーサイレンスの全盛時代。庭先取引では手に入らなくても、セリ落とせば自分のものになる。良質な馬が上場されるセレクトセールはイベントとしても成功した。生まれて2、3か月という仔馬が、海千山千のバイヤーの目にさらされ、品定めされていく。セリ開始前の下見では、かつて活躍した牝馬が母親になってわが子をいとし気に眺める姿も見られて心がなごむ。

 これはと思って手に入れたいがために、落札価格は1000万円単位で上がっていく。1億を超え、2億を超えると、会場内が緊迫感に包まれ、ハンマーが下りた瞬間は、安堵感と大きな拍手に包まれる。競馬に勝るとも劣らないスリリングなギャンブル感に浸ることができるのだ。

 落札額がずっと右肩上がりだったわけではない。1歳セールが復活した平成18(2006)年に100億円を突破したが、リーマンショックなどの影響もあり、19(2007)年から4年間は連続して前年を下回り、22(2010)年には64億円にまで落ち込むことに。この年は1億円を超えたディープインパクト産駒が1頭もいなかった。しかしリーズナブルな価格で落札された馬が認知されたこともあり、23(2011)年からは再び上昇気流に乗る。

 セリの模様はグリーンチャンネルで生中継しているし、近年では旅行会社が見学ツアーを実施している。競馬新聞には、市場での落札価格が出ているのもある。セリの結果は馬券検討にとっても、重要なファクターとなったのだ。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)