甲子園「エースと心中」はありえない 名将たちの継投論

甲子園「エースと心中」はありえない 名将たちの継投論

高校野球も「継投策」が勝負を分ける時代になった

 大船渡高(岩手)・佐々木朗希投手の“登板回避”問題が賛否両論を呼んでいる高校野球。今後は「球数制限」の導入も本格的に議論されていくだろうが、「もう“エースと心中”では戦えない時代」と指摘するのは、近著に『高校野球継投論』があるスポーツライターの大利実氏だ。では、甲子園常連校の名将監督たちは、どんな継投策を駆使してトーナメントを勝ち上がっているのか。大利氏がレポートする。

 * * *
 8月6日に開幕する第101回全国高等学校野球選手権大会。大正4年に全国中等学校野球選手権大会として始まった大会は、大正、昭和、平成、令和と、4つ目の元号を迎えることになった。

 古くは金属バットの導入、ベンチ入り人数の拡大、最近ではタイブレークの実施と、時代の流れとともに高校野球も少しずつ変化を見せている。

 そして、近年でもっとも旬なテーマとなるのがピッチャーの“投げすぎ問題”だろう。連戦が当たり前の夏の高校野球の場合、「エースの3試合連続完投」「200球を超える粘投」など、プロ野球では考えられないことが普通に起こり得る。

 2018年12月には、新潟高野連が故障予防や選手の出場機会増などを目的に、「球数制限(1日100球まで)」の導入を発表して、大きな話題を呼んだ。のちに、日本高野連から「勝敗に影響を及ぼす規則は全国で足並みを揃えて検討すべき」と要請を受け、導入は見送りとなった。それでも、日本高野連が「投手の障害予防に関する有識者会議」を発足させるなど、新たな一歩を踏み出すきっかけとなった。

 さらに、今夏の岩手大会では大船渡の怪腕・佐々木朗希の起用法が社会問題にも発展。甲子園がかかった岩手大会決勝で、国保陽平監督が「故障を防ぐため」との理由で佐々木の登板を見送った。

 連戦での登板が続くと「酷使」と言われ、登板させないと「何で投げさせないんだ?」と言われてしまう。それだけ、投手の起用方法はデリケートで難しい問題だといえる。

◆年々減少する「先発完投割合」

 投手の肩やヒジを守るためにどうすればいいのか。近い将来、「投球数制限」や「イニング数制限」が導入される可能性もあり得る。こうなると、エースひとりだけでは戦うことができなくなる。そこで、絶対的に必要になってくるのが複数投手による継投策である。

 現代の高校野球は、“継投巧者”でなければトーナメントを勝ち抜くのが難しい。もし、投球数制限が導入されたとしても、継投を重視するチームであれば、スムーズに対応できるはずだ。

 近年の夏の甲子園を振り返ってみても、エースひとりが投げ抜いて頂点を極めた例は、1994年の佐賀商・峯謙介が最後になる。

「夏の甲子園における先発投手の完投割合」を調べてみると、時代を経て、割合が減ってきていることがわかる。

・1978年夏=77.1%(93.6%)
・1988年夏=71.9%(91.5%)
・1998年夏=49.1%(79.9%)
・2008年夏=37.0%(74.3%)
・2018年夏=42.7%(74.5%)

 カッコ内は大会全体での「先発投手のイニング割合」で、こちらも割合が下がっているのがわかるだろう。1978年、1988年は全イニングの9割以上を、先発投手が担っていたことになる。

 こうした流れを踏まえて、筆者は今年6月に『高校野球継投論─継投を制するものが甲子園を制す―』(竹書房)を出版した。

 継投で結果を残してきた6校7人の指導者に加えて、トミー・ジョン手術の権威でもある古島弘三先生(慶友整形外科病院)、データ分析のプロでありセイバーメトリクスに詳しい岡田友輔氏(株式会社DELTA)、甲子園常連校の健大高崎や花咲徳栄のトレーニングを担当する塚原謙太郎トレーナーにも取材をお願いし、さまざまな角度から継投を成功するための策を聞いた。

 本書に登場した監督の中では、山梨学院・吉田洸二監督、仙台育英・須江航監督、近江・多賀章仁監督、東海大相模・門馬敬治監督が各地方大会を勝ち抜き、今年の甲子園の切符をつかみとった。

◆カウント途中で投手を代える“妙味”

 夏の山梨大会4連覇を成し遂げた山梨学院・吉田監督は、前任の長崎県立清峰で2009年センバツを制した実績を持つ。清峰時代は今村猛(広島)を筆頭に、絶対的なエースがいたため、「先発完投」による戦いが主流だった。それが、山梨学院に移ってからは「継投」に転換した。

 時折、必殺技として見せるのがカウント途中による継投だ。1ボール2ストライクなど、打者を追い込んだところで、スパッと交代する。2016年夏の長崎商戦で、この継投を見事に成功させた。左腕の吉松塁から、右腕の栗尾勇摩にスイッチし、栗尾がスライダーで空振り三振を奪った。

「先発投手の代え時がきているのが前提になりますが、追い込んでからの絶対的な決め球を持っていないピッチャーの場合は、こういう継投を使います」(吉田監督)

 この夏は5回コールド勝ちで終わった初戦を除くと、3回戦以降の4試合はすべて継投。決勝戦は左上の相澤利俊(3回2/3)、右横の佐藤裕士(5回1/3)のつなぎで、ライバル東海大甲府を1点差で下した。

「継投のいいところは、山梨の暑さに対応できることです。今年は例年よりも暑くなる時期が遅かったですが、それでもエースひとりでは厳しい。継投であれば、ピッチャーにかかる負担を軽減できる。それに複数のピッチャーがいることで、相手の打線に合わせた使い方をすることができます」(同前)

 例年、左上、右上、右横の3タイプを必ず揃えている。特に左上は必須で、今年はエースの相澤が左上だ。

「間違いなく、高校野球は左ピッチャーが有利。これには理由がふたつあって、ひとつは一塁ランナーの足を止めることができるから。もうひとつは、ポイントとなる打順に右投左打が多く、特に外のボールを当てにいくタイプが多い。左腕と対決している絶対数も少ないはずです」(同前)

「左対左は左投手が有利」という野球界のセオリーがあるが、これはデータにも表れている。2018年夏の甲子園におけるOPS(出塁率+長打率)を調べると、以下のような数字となった。プロ野球でも同じような傾向が出ているのだが、左投対左打はOPSがもっとも低くなる。

・左投対左打 .657
・左投対右打 .829
・右投対左打 .755
・右投対右打 .669

 吉田監督は右打者に対しては、右のサイドを効果的に使う。高校入学後にサイドに転向することが多く、「サイドの角度が出るかどうかが成功のカギ」と語る。具体的にいえば、右バッターの外に逃げていき、左バッターの内に食い込む球筋を持っているかどうかだ。佐藤も高校からサイドに転向して、生きる道を見つけた。

◆「継投+継捕」の仙台育英

 宮城大会2連覇を果たした仙台育英の須江航監督は、練習のときから「球数管理表」を使って、毎日の球数をチェックしている。中遠投(60mほど)、シャドウピッチングやネットスローなどの回数も書き入れ、“投げすぎ”に気を配る。だいたいの目安は、1週間で300球以内だ。

「球数を投げれば投げるほど、間違いなくボールは来なくなります。ピッチャーのヒジや肩は消耗品です。このシートを見れば、誰が疲れているのかが一目でわかる。当たり前の話ですが、球数を投げていないピッチャーのほうがいい球がいきます」(須江監督)

 須江監督は前任の仙台育英秀光中で、日本一1度を含む8年連続全国大会出場という輝かしい実績を残した。特徴的だったのは、投手陣全体の球速が伸びていくことだった。フォームの指導やトレーニングももちろん関係しているが、監督自身が理由のひとつとして挙げていたのが「うちは投げ込みをしていないから」ということだった。

 また、須江監督は継投に加えて、「継捕」も採用している。2018年夏は3人の捕手でつないでいた。

「良いか悪いかは別にして、キャッチャーが代われば、野球が変わります。特に配球面は、人によって感性が違う。誰と組むかによっても、まったく変わってきます」(同前)

 この夏も守備型の木村航、攻撃型の猪股将大で1試合を戦っている。基本的には猪股がスタメンマスクで、1年生の木村が抑えのキャッチャーとなるが、準々決勝だけは木村がスタメンだった。

「守り合いになると思ったので、守備型の木村を最初に使いました。ワンバウンドを止める技術は素晴らしいものがあります」(同前)

 投手の特徴を出したければ、捕手を代えてみるのもひとつの有効な策となる。

 この夏の甲子園も、継投が勝敗のカギを握る試合がいくつも出てくるだろう。それぞれの監督がどんな根拠と信念を持って、投手を使うのか──。こんな視点で見てみると、夏の甲子園をより一層楽しめるはずだ。

●おおとし・みのる/1977年生まれ。横浜市港南区出身。港南台高(現・横浜栄高)〜成蹊大学卒。スポーツライターの事務所を経て2003年に独立。高校野球のほか中学軟式野球の取材・執筆活動を行っている。著書は『高校野球 神奈川を戦う監督たち』、『101年目の高校野球「いまどき世代」と向き合う大人力〜』、『激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち』、『名将たちが語る「これから」の高校野球』など多数。

関連記事(外部サイト)