清原和博氏11年ぶりフルスイング撮、男児が「音、スゲー!」

清原和博氏の豪快なスイングに男児驚き 清原氏は『マスターズ甲子園』を目指す?

記事まとめ

  • 清原和博氏が都心のジムの一室で、豪快なスイングをしているのを目撃された
  • 2008年の引退から実に11年ぶりのフルスイングで、男児は「音、スゲー!」と驚いた
  • 桑田真澄氏らPL学園元高校球児が『マスターズ甲子園』に参加、清原氏も参加希望か

清原和博氏11年ぶりフルスイング撮、男児が「音、スゲー!」

清原和博氏11年ぶりフルスイング撮、男児が「音、スゲー!」

轟音に皆が振り返った

 一気に猛暑となった7月下旬のある昼下がり、都心のジムの一室で、一心不乱にバットを振る巨漢がいた。ガラス張りの部屋は、ティーバッティングもできる練習スペースで、ボールが破裂するかのような打撃音に、周りも思わず振り返る。一般の利用客とはモノが違う豪快なスイングをしていたのは、清原和博氏(51)だった。

 2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕された清原氏。保釈後には有力スポンサーのバックアップで「焼肉店を経営する」「ラーメン店を開く」などと報じられたこともあったが、現在まで新たなビジネスを始めたという話はない。

 まだ再起の道は見えないが、この日の清原氏は休むことなく30分以上も一心不乱にバットを振り続けた。

 1週間後、清原氏は再び同じジムに姿を見せた。傍らにいた練習パートナーにスイングを動画撮影してもらい、2人でチェックしながら話し合う様子もあった。この日は150球以上の打ち込みを見せた清原氏。2008年の引退から実に11年ぶりのフルスイングだった。

 近くを通りかかった5歳くらいの男児が「音、スゲー!」と言って思わず立ち止まると、母親が「巨人で4番だったんだよ〜」と説明する場面もあった。

 その後、清原氏はストレッチやマシンを使ったトレーニングに移り、およそ2時間半にわたって汗を流した。

 清原氏といえば甲子園で通算13本塁打の記録を持ち、いまだ破られていない。8月6日から始まる夏の甲子園に触発されてのバッティングだったのだろうか。清原氏に近い野球関係者が語る。

「実は彼、元高校球児が再び甲子園を目指す『マスターズ甲子園』を目指しているという話もあるんです。出身校であるPL学園は今年から参加し、桑田真澄氏を中心に大阪府予選の決勝まで勝ち進んでいる。そこに参加したい思いが強いのではないか」

 練習を終えた清原氏を直撃し、練習の目的を聞いたが、終始無言のまま。しかし、ファンに向けてメッセージを求めると、小さな声で、「ありがとうございます」とつぶやいた。

 夢の「KKコンビ」の復活が見られるかもしれない。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事(外部サイト)