「ビッグ4」で唯一人甲子園へ 星稜の「奥川劇場」開幕へ

「ビッグ4」で唯一人甲子園へ 星稜の「奥川劇場」開幕へ

大船渡の佐々木は予選で消えた

 8月6日開幕の「令和最初の甲子園」は、新時代に相応しい激動の大会となる。高校四天王と呼ばれたドラフト候補の投手のうち、甲子園出場を果たしたのは星稜高校3年の奥川恭伸(やすのぶ)だけだった。ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、ビッグ4と呼ばれる豪腕4投手についてレポートする。

 * * *
 波瀾の地方大会を象徴するように、高校四天王ともビッグ4とも呼ばれたドラフト候補の敗退が相次いだ。

 最初に姿を消したのは横浜の153キロ左腕・及川雅貴。準々決勝で旋風を起こした県立相模原に3番手で登板するもリードを守り切れず、1回で3失点。

 U-15侍ジャパンのエースだった中学時代から注目を集めた逸材だが、「高校1年生の頃が一番良かった」というスカウトの声もあり、ドラフトの評価は分かれるところだ。

 岩手では令和の怪物こと、最速163キロの190センチ右腕・佐々木朗希(大船渡)が、決勝の花巻東戦で登板することなく、最後の夏を終えた。その起用法は、全国的な話題にもなった。

 そして岡山・創志学園の西純矢。昨夏、相手を威圧するようにマウンドで咆哮し、高野連にお灸を据えられた西だが、今年は優等生に変貌。敗れた準決勝・倉敷商戦の9回に打席に入ると、球場から温かい拍手が送られた。

「これまで良く思われていなかったこともあると思うんですけど……拍手は嬉しかったです。(昨年の甲子園で受けた)批判があったからこそ、今の自分がある。甲子園は、考え方や努力が一番じゃないと出られない場所。自分に足りないものがあったんだと思います」

 晴れやかに潔く。敗戦を冷静に受け止め前を向いた。

 四天王最後の砦となったのが石川・星稜の奥川恭伸(やすのぶ)だ。リリーフとしてマウンドに上がった準決勝は、逆転打を許すも、自身の場外に消える本塁打で同点に追いつき、延長10回には勝負を決める2点本塁打を放った。決勝では2失点完投し、投打に層の厚い星稜にあって、林和成監督の言葉を借りるまでもなく、「奥川劇場」を演じてみせた。

 優勝候補と目されていた今春のセンバツで奥川は、初戦で履正社(大阪)の強力打線を翻弄する圧巻のピッチング。だが、続く習志野(千葉)戦では、相手のサイン盗み疑惑の動揺もあってか、制球を乱して敗退した。

 最後の夏、最速は158キロに達し、先輩の松井秀喜氏も達成できなかった同校初の甲子園制覇を狙う。

「友人たちの思いを背負いながら、戦います」

 友人たちには、敗れ去った四天王も含まれるはずだ。4人はいずれもU-18侍ジャパンに選出されることが濃厚。8月30日から韓国で開催されるU-18ワールドカップで、日本にとって悲願の世界一に挑む。

 星稜のエースから日本のエースへ。その時、奥川は「甲子園優勝投手」の勲章を手にしているかもしれない。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事(外部サイト)